So-net無料ブログ作成

「朝日のあたる家」映画館上映拒否だった頃① 大手映画館は上映拒否! [DVD発売ー再掲載]

 IMG_1584.jpg

 2013年の記事から

 映画館への上映交渉の話。以前にシリーズでお届けした。

 その後、読者の皆さんから***劇場はどうか?

 ***シアターはどうか? あそこなら確実です!

 というコメントを頂く。が、それぞれについてお答えできない。
 
 「A劇場は断られました」と書くと、その映画館へクレームの電話が行く可能性もあるからだ。

 でも、応援してくれている方

 どういうやり取りだったか? 気になるはず。

 そこで以前に連載した、映画館アプローチの記事を再びお届けする。

 まだ、この記事を掲載した段階では、まだ愛知も、大阪も、東京も決まっていないが、

 映画館側の姿勢が見えると思う。

 よろしく!

 ************************************

 さて、映画館公開。

 むずかしい問題がいろいろある。

 その前に日本の映画館状況を説明しよう。

 大きく2つに分けられる。

 大手映画館チェーンと、単館系(ミニシアター)。

 大手の場合。上映映画の決定は本社で行われる。

 そこで各地の映画館にブッキング。上映される。

 今回の「朝日のあたる家」そんな大手チェーンでは上映されない。

 理由は題材が「原発事故」だから、

 製作のときもそうだったが、大手の映画会社からは全て出資拒否

 映画会社だけでなく、テレビ局、ビデオメーカー、映像産業に関わる全てから拒否。

 当然、上映もされない。

 今こそ、国民的問題である原発問題を考えるべき時期。

 なのに、どの映画会社もその種の映画を作らない!

 当然、大手映画会社が経営する映画館でも上映してくれない....。

 (つづく)





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。