So-net無料ブログ作成
検索選択

アッキード事件を見つめると、大国の思惑が見えて来る? [アッキード事件]

C2MkbJTUAAAJsPN.jpg

【アッキード事件について気になること?】

テレビ各局が「森友学園」事件を連日報道。この間まで総理批判はタブーだったのにどういう風の吹き回しか?ただ、よく見ると番組には総理を弁護するコメンテーターが出ている(寿司友達)。キャスター自ら擁護する番組もある(M屋)。とはいえ番組構成は「黒幕は総理か?」という感じ。それが出来るようになった背景は何だろう?

●ロッキード事件は表向き、首相を巻き込んだ賄賂事件だったが、その裏ではアメリカが邪魔になった田中角栄を追い落とす陰謀だとも言われる。では、アッキード事件はどうか?総理批判をしなかったマスコミが一斉に疑惑を報道。追い込みを続ける。似たような構図を感じる。だとしたら同じ結末を期待したい。

●もともと集団的自衛権を閣議決定して、自衛隊を海外に出せるようにしたのはアメリカから指示があったからだ。それに便乗、C国と戦争したい日本の勢力が推進した。ところがヒラリーが失脚。「他国のために戦争しない」というトランプが大統領になった。当然、戦争をしたい日本の勢力は危険な存在。C国とは揉めたくない。それを止めるために森友事件を発覚させたのではないか? ロッキード事件と同じ方法論だ。

●アッキード事件報道。いくつもの番組を比較しながら見る。共通するのは必ず総理擁護のコメンテーターを呼んでいること。或はキャスター自ら「総理は利用された被害者」的な主張。だが、番組の構成ーVTRは「総理の関与あり」を意識させるもの。政府の圧力を避けつつ追い込みをかけている感じがする。

IMG_3438.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。