So-net無料ブログ作成
検索選択

トランプをめぐる疑惑????....を書き出す① [トランプ問題]

P6MTmqBm.jpeg

トランプってとんでもない野郎だぜ〜と思っていた。ほとんどのアメリカ人が批判するのに大統領になり、えーーーと思ったが、2人だけ彼を支持する著名人がいた俳優のクリント・イーストウッドとオリバーストーン監督だ。ということはトランプは単なる嫌な野郎ではないのかも?そこから興味を持った。


トランプ考察ーシリアに爆弾を落としたとき。あれ?!と思った。アメリカファーストのトランプがなぜ、ブッシュと同じことをするのか? 敵対勢力に巻き込まれたのか?と考えた。アフガニスタンに爆弾を落としたことで答えが出た。その場所こそ、イスラム国のアジトであり彼の抵抗勢力が作った場所だ。


トランプ=安倍総理と同一視している人をときどき見かけるが、まるで違う。むしろ、あの政治家に近い存在だろう。少し前、日本のマスコミによるトランプ・バッシングがあった。森本問題以前で自国の総理を批判しないテレビ局が他国の大統領を批判。そこから背景が見えて来たが、気付かぬ人がまだ多数?


トランプ考察ーライバルだったヒラリー候補を応援したのはABC、NBC、CBS、CNN。つまり、テレビ局のほとんどがヒラリー支持。その後、米マスコミはトランプ・バッシング。さらに日本まで。軍需複合体もヒラリー支持。トランプは「イスラム国を作ったのはヒラリー」と発言。構図が見えてくる


FBIのコミー長官がクビにされたニュース。日本の報道では「トランプが大統領選をロシアの協力で戦った件を捜査しているのを阻止するためとの疑いがある」となっているが、ネットで調べると、長官はヒラリー派でメール事件を勝手に打ち切った前科があり、新長官で彼女を追いつめるためとのこと。

トランプ情報。いろいろ聞くが、非常に面白い。これほどテレビ報道と現実が違う人もめずらしいかも?いや、報道が中傷合戦しているだけ?かつての菅直人。小沢一郎。鳩山由紀夫がダブる? だが、まだ分からないところも多い。注目を続ける。

大統領選前。トランプって本当にとんでもない奴!と思っていた。日本でいうと「閣下」のような存在だと感じた。ある事情通から話を聞き、実はそうではないことを知る。ん〜〜〜、でもなあ。まさか〜。と思えたが、その後の流れを見ていると納得できる展開。まだ疑問もあるが、実に面白い!

「アメリカのマスコミは凄い。平然と大統領批判をする。それに比べて我が国のマスコミは...」という人がいる。そうだろうか?アメリカのマスコミは本当に真実の為に報道しているのか?では、なぜ、3大ネットとCNNはヒラリーを支持したのか?実は、日米共に同じ構図に思える。




朝日のあたる家DVD_edited-1.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。