So-net無料ブログ作成

安倍政権を批判するのに小池新党も否定する人たち? 結果、安倍政権を支えてしまう? [2017]

C89u_mOUAAAjinx.jpg

 安倍内閣の解散総選挙。その騒動を見ていて感じることがいろいろある。特に興味深いのはTwitter。小池百合子東京知事が新党立ち上げを発表すると、多くの人が批判を始めた。それが安倍支持者であれば分かるが、ほとんどが反安倍の人たち。なぜに小池知事を批判するのか?

 先の都議選では小池グループが圧勝。自民が歴史的敗退をした。衆議院でもそうなれば安倍総理は辞任。安倍恐怖政治を止めることができるではないか? そして小池新党に代わり自民を押さえられる党はない。野党連合を進めている党もあるがまだまとまっていない。それならば小池新党を応援!と、なぜならないのか?

 批判する人たちの声を聞いてみよう。「安倍もダメだけど、小池もダメ」「どちらも日本会議。同じ穴のムジナ」「突然に原発ゼロを言い出した。小泉を引き込むための餌」「小池は原爆保有を容認している」「小池は自民の保管勢力。あとで合流する」「与党になったら改憲。結局、安倍と同じ」

 こんな感じだ。では、誰に、どの党に投票するのか? 「安倍も、小池もダメ。小沢も、民進もダメ。共産は特にダメ」そういって「だから投票に行かない」「投票したい党がない」と言う人がたくさんいたから、自民が毎回圧勝してきたのだ。小池批判をする人は結局それを選択するのと同じ。

 ということをツイートしてみたら「俺は共産党に投票する!」と反論が来た。投票先は自由だが、共産が圧勝して与党になることはない。結果、議席数を増やすことは出来ても、自民が圧勝して安倍政権が続投になれば、止める力はない。つまり、共産に投票しても安倍は止められないのだ。唯一の方法は安倍に勝てそうな勢いのある候補。党に投票し、自民を押さえ込むことだけ。投票拒否をしたり、勝てない党に投票しても、組織票のある自民には勝てない。

 民主党が圧勝したとき。あのときは無党派層が動いた。つまり、民主党に投票。もともと自民は組織票があるとは言え、圧倒的な数の支持者がいる訳ではない。だから、政権交代が可能になった。その後、逆転されたのは民主党への不信。無党派がまた投票しなくなった。反自民の人たちがそれぞれに支持する党に投票するので勝てないのである。

 その民主党。今の民進党がダメで自民の独裁を続けている。それが逆転のチャンスが回ってきたのだ。小池新党なら自民に勝てるかもしれない。いろいろ問題はあるが、安倍より遥かにマシ。無党派層も動くだろう。にも関わらず「小池は信用できない」「小池新党が勝手も安倍と同じことをする」などといい、批判している。

 つまり本人たちはそもそも「安倍は許さない」といっているのに、結果、自民を応援するのと同じなのだ。そんな人たちの言葉をあれこれ読んで、分析してみた。彼らは何を求めているのか? 要は100%の信頼、思想、政策を持つ政治家を求めているのだ。それって誰? 過去でいうと? 現代でもいい。いないでしょう? そんな人。政治家なんて汚い仕事もしなきゃいけないし、誤摩化しや嘘がないと生き残れない。清廉潔白な議員なんていないし、いても政治力ないでしょう? そんなありえない政治家をイメージして「小池はダメだ」「小沢もダメだ」などと言っているのがその種の人たち。

 彼らがこれまで主張して来た通り、今一番の問題は安倍政権を止めること。にも関わらず、止める可能性がある党が出て来たのに「信用できない」「同じ穴のムジナ」と批判。彼らが求めるのは、100%潔白。100%の正義なのだろう。現実が見えていない。分かりやすく言うと、今、安倍という怪獣が大暴れして、日本を破壊しているのに、ウルトラマン以外のヒーローは支持しないと言うのだ。

アベゴンを倒せる怪獣。ユリゴンが現れたのに「あれはダメだ。あれも怪獣だ。危険だ」と批判。なぜ、ユリゴンをアベゴンにぶつけて退治することを考えないのか? そのあとユリゴンが暴走したら、またそのときに止めればいい。少なくてもアベゴンの危険性は緊急を要するもの。将来の危険より、今、そこにある大きな危機を止めることが重要だ。

にも関わらず、その危険人物を降ろすことができる党が出て来たのに批判を始める。実はその種の人たちが安倍内閣を支えて来たのではないか? 自分たちは反安倍と思っているのだが、安倍を脅かす存在を否定し批判し、信頼を落とすことにエネルギーを費やしているのだ。

同時にいえることは、安倍によって日本がどれだけ酷い状況になり、大変なことになっているか?を把握していないのではないか? 日本はすでに戦争が出来る国。中国や北朝鮮と戦争しようとしている総理がいる。安倍内閣はー屁理屈をつけてでも自衛隊を海外に出し、戦闘行為をさせたいと思っている。その準備はすでに完了。もう、誰でもいい。とにかく安倍を止めなければという事態だ。

なのに「小池はダメ」「信用できない」と批判。狂人に刃物でさされそうになっているときに、ヤクザが来た。助けてくれるという。なのに「おまえはヤクザだからダメだ」というだろうか? 彼らの発言を聞いているとそんなふうに思えてしまう。これは地方で仕事をしても感じることと同じ。

僕はよく地方で映画を製作する。町のアピールのための映画を作る。観光客に来てほしい。町の知名度を上げたい。でないと不況で町が大変だ。映画を使ってアピールしよう!と若い人たちが立ち上がる。でも、必ず文句を言う年寄りが出て来る。「映画を作ったから観光客が来るとは限らない」「映画で知名度が上がるかどうか分からない」「製作費が集らなければどうするんだ?」「誰が責任を取るんだ?」と何もしない人たちが、がんばる若い人たちを批判する。そうしてやる気を奪い、映画制作自体を潰してしまうことがよくある。で、何か代わりのイベントをするかというと何もしない。

その手のお年寄りも同じ。100%確実なPRが出来るものを望む。不況により町がどんどん過疎化しているのに100%を望む。とりあえず、どうにかしよう!と声を上げても、あれこれ問題点を指摘して潰してしまい、結局何もしない。そんな地方はとても多い。映画だけでなく、何かを変えよう。新しいことを始めようとすると、その手の人たちが100%を求め否定を始める。

この構図と小池批判はとても似ている。田舎で批判する人たちも決して今のままでいいと思っていない。観光客の誘致や町の知名度を上げることは大切と思っているのに、若い人たちが何かを始めると不備や問題点をあら探しして止めようとする。小池新党批判をする人たちと同じ。安倍政権を支持していない。むしろ反対しているのに、それを止める勢力が「怪しい。信用できない」と100%を求めて否定する。

そんな人たちに限って自分は慎重であり、正しいと思い込んでいる。そして旧体制に大きな問題があることを知りながら、新しい展開を止めようとする。愚かとしかいえない。しかし、これは日本人の特性かもしれない。それを利用して組織票のある政党が毎回勝利し、都合のいい政治を続ける。批判する人たちは敵対勢力が出て来ても批判し結果、自民らを支える。

今、本当に大切なのは何か? 一番大切なのは安倍政権を終わらすこと。そこではないか? では、どうすればいいのか? そのために何をすべきか? 考えることだと思える。



朝日のあたる家DVD_edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

つるたまさひで

自分の右翼性を隠すことにたけた右翼(小池)と、友人に便宜供与し右翼性を隠さない右翼(安倍)、どちらを選択するかという選挙になりつつあるが、とにかく安倍にはうんざりだから、クソでも何でもいいから安倍を変えたいという心情は理解できます。

とはいうものの、ぼくは、この絶望的な状況の中でも 原則的に何が出来るか考えたいと思っています。
by つるたまさひで (2017-09-29 18:20) 

うつくしまふくしまMN

兎に角一回は狂信的な安倍しんぞう氏を自民党総裁から降ろさないといけない。
ここではそれが一番大事です。
by うつくしまふくしまMN (2017-10-01 16:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。