So-net無料ブログ作成

原発事故の悲劇を描いた「朝日のあたる家」DVDー全国のTSUTAYAでレンタル中! [DVDレンタル情報]

家族写真_edited-1.jpg

(文/永田よしのり)

「ストロベリー・フィールズ」「青い青い空」と、青春群像劇を描くことで評価が高い太田隆文監督が最新劇場用映画第3作目として選んだ題材は、メディア業界では“タブー”とされる原発問題を扱ったもの。  
  本作「朝日のあたる家」は、自然が美しいある町に突然降りかかる原発事故による悲劇と、否応無く事故に巻き込まれていくひとつの家族の姿を描いていく。  

  映画というものは、資金がなければ製作は出来ない。その資金集めに困難が予想された本作品は、企画の立ち上げから約1年半、ロケ地ともなった静岡県湖西市の人々の熱い支援により完成した。  

 朝日ーレンタル中.jpg

  太田監督の描くものには、常に“連綿と繋がっていく思い”が詰まっている。それは前2作を観た観客が心を震わせ太田作品を“大事なもの”として胸に留め続けることからも明らかだ。

 今作も原発事故というシビアな題材を扱いつつ、ひとつの家族の姿を、ロケ地となった自然の美しい湖西市を舞台にして浮かび上がらせていく。  

  そこにあるのは原発事故という悲劇だけではなく、家族、親子、次世代へと繋がる“絆”。その絆が何よりも大切なものであることを映画は見事に伝えていく。  

  すでに2013年5月のジャパン・フィルム・フェスティバル・ロサンゼルス 2013でも高評価を受けた本作。それは“想い”の詰まった映画ゆえに、言葉の壁を越えて人々の心に届いたからに他ならない。  

  的確な演出、効果的な音楽、ドキュメンタリーであるかのような俳優たちの演技、それを支えるスタッフ、湖西市の支援、それら全てが一体となって製作された「朝日のあたる家」。 
 
  “現在の日本”を生きる我々が真に必要とするべき映画がここに誕生した。

(取材/永田よしのり)


nice!(5)  コメント(0) 

森友学園問題ーこれまでと今? これだけ印象が変わった! [アッキード事件]

C2MkbJTUAAAJsPN.jpg


森友問題ーこれまでは

「理事長はワイロを使い政治家を利用し格安で土地を手に入れ、酷い教育をする許せない悪党!」

だったが、菅野氏の登場から

「大阪のおっちゃんが政治家に利用され、とんでもない教育をしろと勧められ、政治力で安い土地を提供されたが、その政治家に見捨てられた人」

と分かってきた





朝日のあたる家DVD_edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0)