So-net無料ブログ作成

サラリーマンは森友学園問題が分からない?! [アッキード事件]

C8udw9UVoAEREJH.jpg


●多くのサラリーマン「毎日、仕事仕事。家族食わせるのも大変。子供の学費も高額。毎晩、残業。日曜はテレビでプロ野球だ。巨人、今年は調子いいなあ〜」という感じ。Twitterで共謀罪調べず「日本会議の研究」読まない。朝のワイドショーも見れない。当然、森友問題のことも分からない....。

●サラリーマンは忙しい。朝から晩まで仕事。休日は寝ている。或は趣味。たまにニュースは見るが、N局やFチャンネル。Y新聞やS新聞だと「そうだよな。時代に合わせた新しい憲法は必要だよなあ」「アメリカとより強固な同盟。大事だなあ〜。え、森友問題。まだやっての?」となる。情報操作は完了する


●僕が学生の頃。友人のほとんどが政治に無関心。ダサいとさえ感じていた。が、それは経済大国となりバブルに向かっていたから。国に対して大きな不満はなく、恋や就職の方が大事だった。その後、時代は大きく変わったのに僕らはあの頃と大差はないと錯覚、戦争に突き進んでいる現実に気付いていない。

●現政権は危険!と説明しても友人たちは理解しなかった。北朝鮮のように「金正恩将軍、万歳!」という状況にならないと分からないのか?と思っていたら、幼稚園児が「安倍首相、がんばれ!」と言ったことで政権がおかしいと気付く人が出て来た。大人たちが「首相、万歳!」という前に何とかしたい。


●政治の話をするとウザがられる。特に若い人は興味を持たない。が、そんな環境は作られたものではないか?と思えて来た。それは政権批判をさせない。興味を他に向ける。疑問を持たせない環境である。その隙に都合のいい法案を通し国を作り変えようとしている。と考えると見事に誘導されている気がする




朝日のあたる家DVD_edited-1.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

ナチスに学ぶ?本当に学んでいる! [アッキード事件]

C2MkbJTUAAAJsPN.jpg

ヒットラー「強いドイツを取り戻す」
A政権「日本を取り戻す」

H「この道以外にない」
A「この道しかない」

H「自分たちが攻撃されていると説明するだけでいい」
A「北朝鮮の脅威、中国が尖閣列島を狙う!」

H「決断できる政治」
A「決められる政治」

H「平和と安全の確保」
A「安保法案」ナチスの道?





朝日のあたる家DVD_edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0)