So-net無料ブログ作成

オウム真理教とA政権の共通点? [アッキード事件]

1069260_486775998063376_1461260582_n.jpg


オウム事件のとき「なぜ、信者は見るからに怪しい麻原彰晃のような人を支持し、その命令に従ったのか?他の信者も異議を唱えなかったのか?」と思った。が、安倍政権支持者を見ていて全く同じことを感じてしまう。オウム信者は特別な人ではなく、ごく普通の市民であったことを痛感する。

オウム事件のとき。友人は「何で麻原彰晃みたいな、どう見ても怪しい奴を尊敬。言われたままにサリン撒いたりするんだ?理解できない」と言っていたが、今、彼に「現政権の危険性」や「森友問題」を話しても「あり得ないよ〜。それに安倍さん。がんばってるし〜」彼が批判したオウム信者と同じ反応。


オウム信者当時「尊師を尊敬しています」
僕の友人「安倍総理はよくやっていると思います」

信者「地下鉄サリン事件はオウムではありません」
友人「集団的自衛権は戦争法案ではありません」

信者「オウムは平和的な団体です」
友人「安倍さんは平和主義者です」

信者はもういないが友人のような奴はまだ多い...。



オウム事件のとき。報道番組での信者インタビューを見ていると「考える力がないのか?」と思えるほど、あの麻原彰晃を尊敬し、筋の通らぬ発言。どうすればあそこまで陶酔できるのか?と思えた。今、報道番組で「安倍政権支持」という人の発言を聞いていると、それをまざまざと思い出してしまう。



朝日のあたる家DVD_edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0)