So-net無料ブログ作成
映画感想 ブログトップ
前の10件 | -

「メアリと魔女の花」感動した。でも、裏テーマは「原子力問題」!? [映画感想]

20017582_1545541785520120_8688836951210773471_o.jpg

ジブリ?と思いつつ見た。前半は少々、心配だった。クロネコ、魔法のほうき、魔女となると、どうしても「宅急便」がダブってしまう。おまけに魔法学校だと「ハリーポッター」が交差した。

しかし、この映画の神髄はそこではなかった。後半のおばさんとの対話(鏡のあれ)は訳もなく涙が零れる。動物の脱走は心が踊る。その後の展開。ここにメッセージがある。

(ここからネタバレ。これから映画を見る方はあとで読んでね!)

クライマックス。本来なら主人公は魔法を取り戻し、大いなる力で彼らを倒すのが王道だろう。「ハリーポッター」のような魔法合戦だ。だが、メアリーはそうではなく、魔法を拒否することを貫く。なぜか? その答えはピーターを実験台にした研究室で分かる。暴走するパワー。それを止められないドクター。こう呟く。

「これは想定内だ」

どこかで聞いた言葉。そう、この映画で描く「魔法」とは「原子力」を意味するのだ。本来、心優しかったドクターやマダムがなぜ、あんなふうになったか? それは原子力が金を生むことを知り、危険を隠して推進した原子力ムラの学者たちをダブらせているのだ。そうやって、魔法は多くの動物や子供たちを犠牲にした。つまり放射能である。

そしてピーターの実験はメルトダウンする。暴走するパワーはドクターたちをも飲み込み犠牲にする。「魔法は制御できない」=「原子力は制御できない」そして動物や子供。自然を犠牲にする。止めないといけない。だから、メアリーは魔法=原子力を拒否して戦った。そこに作者の、物語のメッセージが込められている。

通常の物語なら最後に残った花を使って戦うはずなのに、それを捨ててしまうメアリー。そう、この映画は原発に魅入られて狂った学者たちと、その犠牲になった子供たちの物語。そして、もう原子力研究は止めようというストーリーだと思える。さらに、微笑ましいのは、この映画のスポンサーであるテレビ局こそ、原発推進の権化。そこでこの物語を作ってしまったことだ。

かつて、宮崎駿も同じことをしている。「風立ちぬ」で主人公に自分の悲しみを重ねた。その精神は「メアリー」の監督に引き継がれ、より強いメッセージを発信している。ぜひ、多くの人に見て頂きたい。


「風立ちぬ」解説はこちらで=>http://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2015-02-21




C1cohiNUQAADk8M.jpg
nice!(4)  コメント(0) 

「スノーデン」やっと観る事ができた。 [映画感想]

C4MFLKxUEAA3WA5.jpg

「スノーデン」やっと観る事ができた。

東京・有楽町のみゆき座。土日に2回行ったが、満員で入れず。平日に行きようやく!

それでも午後4時の回で、8割の入り。

なのに地方では惨敗との話を聞く。

これは平和ボケの日本人が観るべき映画。

オリバーストーン監督。本当に凄い!


E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

昨年度−2016年映画ベストテン [映画感想]

FullSizeRender-2.jpg

 昨年ー2016年映画ベストテン(順不同)


 ●この世界の片隅で

 ●君の名は

 ●聲の形

 ●ローグワン

 ●ハドソン川の奇跡

 ●無伴奏

 ●シン・ゴジラ

 ●太陽の蓋

 ●バットマンVSスーパーマン

 ●ブリッジ・オブ・スパイ


 

E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「スターウォーズ ローグワン」感想ーファンなら最後に泣ける! [映画感想]

15591313_1260592254015076_7078427458204562386_o.jpg

「スターウォーズ ローグワン」観た。

前半は「これはスターウォーズじゃないなあ...」という感じの単なる戦争映画 。

だが、クライマックスになると世界観が戻って来て

「エピソード4」から観ている世代はあの場面で涙!

ダースベーダー。モフターキン総督。

そしてあの人。

出て来るだけで感激。





E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

「君の名は」の背景にあるのは福島の原発事故?! [映画感想]

IMG_3647.JPG

【「君の名は」の背景にあるのは福島の原発事故?】

(ネタバレあり。これから観る人は注意)「君の名は」素晴らしかった。後半はもう涙の連続。あまりに感動で映画館で2度観た。そんなことは10年振りだ。しばらくは感想を言葉に出来なかったが、次第に物語から見えてくるものがあった。実はこの映画。311を背景にしているということ。

誰もが予期しなかった彗星激突。そのために大切な人を失ってしまう。美しい田や畑。自然も壊滅してしまう。そこに311=東日本大震災。もっというと福島の原発事故を重ねているのだ。どうすればよかったのか? 物語ではタイムスリップすることで過去に戻り、皆が必死に危険性を訴える。信じ合うことで人々を救う。現実的に過去に戻ることはできないが、それを未来の教訓として、次は事故も被害を押さえられるはず!という作者のメッセージを感じる。

その意味で男女の高校生が入れ替わる設定も、重要だ。福島=三葉(ヒロイン)の住む田舎。東京=東京(都会)。つまり、電気は福島で作られて東京に送られていた。そのために原発が作られ、危険は福島に押しつけ。電気で謳歌するのは東京という構図。しかし、原発事故が起こるまで、それを知る東京の人は少なかった。

自分たちの使う電気を送ってくれた福島の一部がもう住めない町になっても、東京の人は「大変だねー」と人ごとに感じる。だから「君」では主人公2人を入れ替え、どちらも家族や友達の住む大切な町であることを観客に感じさせたのだ。だから、それを体験した主人公は必死に三葉の古里を救おうとする。他人事ではない。村の人たちは自分の家族であり自分の友達。それこそが悲劇を避ける原動力となる。それが原発事故前の東京(日本人)にはなかったと伝えているのだ。

それゆえ、ファンタジーという枠には嵌らない、感動が込み上げる。単なる青春映画ではない。物語の背景に人々への熱いメッセージがあるのだ。





E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(0)  コメント(2) 

「君の名は」素晴らしかった! [映画感想]

IMG_3647.JPG

「君の名は」素晴らしかった!

当初、大林宣彦監督の「転校生」のアニメ版?

或は戦後の名作「君の名は」のアニメ化?

くらいに思っており、予告篇を観ても感じるところがなく、

絶対に観ることはないと思っていた。

が、それはオジさん化して感じる力をなくしていたことを痛感。

素晴らしかった。後半、ずっと涙。

映画館で2回観た。

ぜひ!


「君の名は」と「シンゴジラ」の意外な共通点は?
こちらで解説=>http://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2016-12-05



E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「聲の形」素晴らしかった。 [映画感想]

IMG_9384.jpg

「聲の形」素晴らしかった。

一つ間違うと文科省推薦のお説教映画になってしまう、

むずかしい題材を青春ものとして、万人に伝わる感動作にしている。

これは快挙。

そしてバッテンの表現。本当に凄い。

ぜひ!



E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「君の名は」「シンゴジラ」の意外な共通点とは?ー背景に原発事故がある! [映画感想]

FullSizeRender-2.jpg


【「君の名は」「シンゴジラ」の意外な共通点とは?】

どちらも物語の背景に福島の原発事故を感じる。ゴジラは「歩く原発事故」であり「君」は「彗星激突」がそれにあたる。いずれも多くの犠牲を出す。つまり、作者は原発事故のあと「あのときどうするべきだったのか?」を顧みて、原発事故を「ゴジラ」「彗星激突」に例えて、それぞれの作品で思い描いているのだ。

「シン」ではゴジラに対応するために政府が縦割りではない、思いあるエキスパートを集め、力を合わせることでゴジラを止める(収束させる)これは原発事故当時に役所が縦割りで、情報が官邸に上がらず。スピーディの分析結果さえ文科省で止まっていたり、東電が情報を隠したり伝えなかったりということで、対応が後手後手にまわったことで爆発。日本中に放射能をまき散らす事になったこと(この辺は映画「太陽の蓋」で詳しく描いている)をふまえて、「では、どうするべきだったか?」をゴジラ相手に考えたのが「シン」という物語だろう。

「君」で言えば、原発事故は彗星の落下に当たる。誰もが予期しなかった事故。そのために大切な人を失ってしまう。美しい田や畑。自然も壊滅してしまう。そこにやはり原発事故を重ねているのだ。どうすればよかったのか? こちらはタイムスリップすることで過去に戻り、皆が必死に危険性を訴える。信じ合うことで人々を救う。現実的に過去に戻ることはできないが、それを未来の教訓として、次はこんなふうにすれば事故も被害を押さえられるはず!という作者のメッセージを感じる。



また、男女の高校生が入れ替わる設定も、重要だ。福島=三葉(ヒロイン)の住む田舎。東京=東京(都会)。つまり、電気は福島で作られて東京に送られていた。そのために原発が作られ、危険は福島に押しつけ。電気で謳歌するのは東京という構図。しかし、原発事故が起こるまで、それを知る東京の人は少なかった。主人公2人が入れ替わることで、相手の立場に立つことを体験させてくれる。

自分たちの使う電気を送ってくれた福島の一部がもう住めない町になっても、東京に人は「大変だねー」と人ごとに感じる。だから「君」では主人公2人を入れ替え、どちらも家族や友達の住む大切な町であることを観客に感じさせたのだ。それを体験した主人公は必死に三葉の古里を救おうとする。その思いこそが、悲劇を避ける原動力となる。それが原発事故前の東京(日本人)にはなかったと伝えているのだ。

まったく違うタイプの映画。怪獣ものと、青春アニメだが、テーマも背景も全く同じ。どちらも福島の原発事故への思いが底辺にあると感じる。それゆえ、SFやファンタジーという枠には嵌らない、感動が込み上げる。単なる娯楽映画ではない。物語の背景に人々への熱いメッセージがあるのだ。


E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「この世界の片隅に」凄かった!】 [映画感想]

IMG_3859.JPG

【「この世界の片隅に」凄かった!】

涙が止まらなかった。全日本人、必見!これが戦争。美しさなど欠片もない。

「永遠の0」のような映画に騙されてはいけない。

戦争はーただただ、悲しみが残るだけであることをこの映画は伝えている。

今、政府が進めているのは、この時代の再現。

集団的自衛権と言う名で同じ事をやろうとしている。

過ちを繰り返してはいけない。観てほしい!


CtNeBZcUEAARgUV.jpg

nice!(2)  コメント(1) 

今借りているDVD [映画感想]

IMG_3348.jpg

 今、借りているDVD。


 ①海街

 ②ビリギャル

 ③岸辺の旅(黒沢清)

 ④ゴーストライダー

 ⑤ボーダーライン

 ⑥?

 ⑦図書館戦争


 本日観たDVD


 ①ナイト・クローラー

 ②ゴーストライダー

 ③スコーピオンズ②


 「ナイトクローラー」なかなか面白かった。観ていてイライラするというのはうまいのだ。



朝日ーレンタル中.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 映画感想 ブログトップ