So-net無料ブログ作成
検索選択
四季の風景撮り ブログトップ

低予算映画でも豪華な文芸作品になる?方法 [四季の風景撮り]

 IMG_0219.JPG

 映画の中で使われる春夏秋冬の風景。

 昨年、夏から私(監督の太田)が撮影を続けている。

 (写真下は秋の紅葉を撮影したとき)

 P1010783.jpg

 この元旦には神社での初詣を撮影。

 IMG_0225.JPG

 湖西市の正月を描くシーンとして使われる。

 映画で美しい季節の風景が映し出されると、作品自体のランクが上がるもの。

 ドラマ「北の国から」が名作なのは

 物語が感動的というだけでなく、富良野の町の美しい四季が映し出されることが大きい。

 雪の草原、春のラベンダー畑、夏の入道雲・・。

 その中を純や蛍が成長していく・・。

 それが一因となり本来はホームドラマなのに

 文芸作品の域に達したのだ。

 IMG_1139.jpg

 だが、それには高額の経費と月日が必要。

 四季を全て撮影をするならば、1年がかり

 そのたびにカメラマンを雇い、機材をレンタル

 交通費や宿泊費。人件費や食費などもかかる。

 膨大な時間が必要で、経費も高額。

 よほどの大作映画でないと、そんな贅沢な撮影はできない。

 が、「北の国から」のように四季を描くことで、ランクアツプする方法は

 低予算映画でも実践できる。問題は予算だけだ。

 で、今回は私が1人で季節ごとにロケ地に行き撮影。
 
 できる限り新幹線を使わずに、高速バス等で移動し

  281783_395503637190613_1774552309_n.jpg

 食費は自腹。

 (或いは地元の方にごちそうになる・・この方が多く感謝!)

 会議やロケハンを併用したスケジュールにして、

 残りの時間で風景撮影をする。

 とにかく、経費やスタッフを使わないようにしている。

 それによって企業映画でも描くことが難しい、

 季節の移り変わる美しい映像

 映画の中で見せることができる。

 紅葉5.jpg

お寺2.jpg

IMG_9783.jpg

鳥と柿.jpg

 「朝日のあたる家」の見所のひとつとなる。

 夏、秋、冬の風景は公式HPのギャラリーでスチール写真として紹介している。


 ここ=> http://asahinoataruie.jp/wp/?page_id=44



 (つづく)

 
nice!(1)  コメント(1) 

ロケ地湖西市の美しい秋風景 [四季の風景撮り]

 お寺1.jpg

 ”朝日のあたる家”ロケ地

 静岡県湖西市

 先日、秋の風景撮りに行って来た。

 素敵な場所がたくさんあり

 秋から冬への景色を撮影することができた。

 ご紹介する。

 しかし、この町も原発からの距離。

 福島第一原発と飯館村の距離とほぼ同じである。

 

 
 お寺2.jpg

 鳥と柿.jpg

 (つづく)

 

nice!(0)  コメント(1) 

ロケ地湖西市 秋ー冬の風景撮り [四季の風景撮り]

 P1010800.jpg

 ドキュメンタリー映画撮影で日本中を旅していて

 そのあとにチェルノブイリまで行ったので

 忘れそうになっていたが、”朝日のあたる家”のロケ地

 湖西市での風景撮りをしてきた。

 P1010782.jpg

 今回は秋から冬

 紅葉やイチョウは12月上旬が見頃

 美しい秋ー冬の風景をたっぷりと撮影して来た。

 これを映画の中でも使用する。

 低予算映画だが、湖西市の四季が画面に登場する。

 IMG_9724.jpg

 (つづく)

 







nice!(0)  コメント(0) 
四季の風景撮り ブログトップ