So-net無料ブログ作成
ロサンゼルスの映画祭 ブログトップ
前の10件 | -

朝日のあたる家ーLAでの反響をもう一度! [ロサンゼルスの映画祭]


 1488076_569158469825128_869788792_n.jpg

朝日のあたる家ー海外上映の記事。

 多くの反響を頂いた。

 外国の人はあの映画をどう見るのかな?という意見も届く。

 ご存知の方も多いが実は、”朝日”完成後の最初の上映はロサンゼルスの映画祭だった。

 ジャパン フィルム フェスティバル LA。

 そこからご招待頂き上映した。

 DSCN3931.jpg

 LAは僕が大学時代を過ごした想い出の町。

 感動ではあったが、心配もあった。
 
 というのは、この町はハリウッドを抱える地区。映画に関しては娯楽映画志向。

 ニューヨークのように社会派映画はあまり受けない。

 なのに”朝日”は原発事故に巻き込まれた家族の悲劇を見つめる物語。

 ヒーローが悪い奴をやっつけるというエンタテイメントではない。

 DSCN3925.jpg

 観客はどう感じるのか?

 会場にはアメリカ人。といっても様々な人たち。

 白人。黒人。日系人。そして在住の日本人。

 そんな観客を前に上映がスタート。

 m_DSCN3928.jpg

 不安が渦巻きながら、僕は壁際に立ち、客の反応を観ていた。

 上映後半。何人かが涙を拭い始める。
 
 クライマックス。観客のほとんどが号泣。

 エンディング クレジットが流れ、俳優名が終わるあたりで拍手が起こる。

 それも15秒ほど続く長い拍手。

 さらに、クレジットが完全に終わった段階でまた拍手。

 この映画祭でもかつてない反応だった。

 終了後の舞台挨拶。ステージに立つと観客から、もの凄く暖い目で見つめられた。

 そして誰もが”分かる。その通りだい”という表情だった。

 あとでこう言ってくれた人がいた。

 ”この映画を観て911を思い出した。

 何の罪もない市民がいっぱい犠牲になった。

 でも、政府は何もしてくれない。だから家族は自分で守るしかない。

 福島も同じだ。涙が止まらなかった”

 そう、彼等の多くは911を重ねていたのだ。

 だから他人事ではない。

 娯楽映画ではなく、自分たちの問題として観てくれたのだ。

 だから、2度も拍手が起こった。

 m_936766_458778437529799_172465606_n-388d2.jpg

 ”面白かったぜ!”

 という意味ではなく。”本当にその通りだ。私もそう思う!”

 という賛同の拍手だったのである。

 ある人が言った。

 ”ロスでこれだけ絶賛なら、社会派映画を好むニューヨークやヨーロッパで上映すれば、もっと高い評価を受けるだろう!”

 果たしてどうか? 

 その日を楽しみにしている。

 1466254_545104348897207_1749712118_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

成田に到着・・・。 [ロサンゼルスの映画祭]

 DSCN4398.jpg

 成田に到着・・・。

 LAでの映画祭は大盛況。

 次は6月29日30日。

 ロケ地湖西市での完成披露上映会に向けて

 「朝日のあたる家」日本版を完成させねば!

 戦いはつづく!

 (つづく)

  扉写真E_edited-3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

間もなく日本・・・。 [ロサンゼルスの映画祭]

310045_460083974065912_1057262944_n.jpg

 目が覚めると、成田まであと2時間というアナウンス

 機内の電灯がつき、朝食が配られる。

 DSCN4396.jpg

 写真上。簡単にいうとすき焼き丼。

 なぜ、朝からすき焼きなのか?

 それはとにかく、ウイスキーを飲みながら

 想い出の歌を聴いている内に眠ってしまったが、

 まだまだ、聴きたい歌。そして、見つめてみたい想い出ある。

 なのに、あと2時間で成田だ・・。

 (つづく)

 
 扉写真E_edited-3.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

LAからの飛行機の中で(4)深夜ドラマの監督をするが、 [ロサンゼルスの映画祭]

 IMG_0079.jpg

 ようやく、テレビの深夜ドラマの監督依頼!

 1997年。これが僕の監督デビュー作になる。

 「風の娘たち」。

 帰国して7年目のことだった・・。

 だが、それも1クールで終わり。

 その後は業界最低と言われている製作会社で、c級ホラービデオ。

 信じられない製作費でドラマを撮った。

  IMG_0187.jpg

 ごまかし、ウソ、搾取、欺瞞、

ありとあらゆる汚さで溢れるその製作会社。

 そこから抜け出さないと、このまま終わってしまう、、、、、、

 嫌な作品を我慢して監督するくらいなら、本当にしたい仕事をしよう。

 本当に撮りたいものを撮ろう。

 同じ辛いのなら、その方がいい。

 そう考えてスタートしたのが「ストロベリーフィールズ」。

 5年かかって製作費を集め、映画化した。

 その作品が今回、LAで上映された。

942300_458288004245509_295333053_n.jpg

 感慨深いものがあった。

 ストロベリーフィールズについては=>http://t-ota.blog.so-net.ne.jp/archive/c45401758-1

 前回の、2年前の映画祭でも、もの凄く感じるものがあって、

 ひとつの時代が終わったこと。感じたけど。

 LAから帰国して、バイトして、シナリオライターになって、、、、

 という長い長い物語が完結したけど。

 今回もまた、何かの終わりと始まるを感じる。

 多分、新しい物語の第1章が終わり、第2章がスタートするのだろう。

 DSCN3625.jpg

 まだ、「朝日のあたる家」の公開はこれからだが

 第2章では何を作るのか?

 何を作るべきなのか?

 そんなこと。LAからの機内で考えていた・・・。

 968915_459911214083188_1510517106_n.jpg

 m_SAI_4711E381AEE382B3E38394E383BC.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

LAからの飛行機の中で(3)帰国して映画監督を目指すが、 [ロサンゼルスの映画祭]

 DSCN4189.jpg

 23歳で渡米。6年間のLA生活。

 29歳まで。

 P1030311.JPG

 そう、日本に帰る前はまだ30歳になってなかった。

 今は50歳と思うと、信じられないけど、

 なんか、気持ちはあの頃と全然変ってない、、、、、、

 あれから22年、、。

 45368_423891357685174_681423864_n.jpg

 日本に帰ったら、映画監督になれるのかな? 

 いや、どうやればなれるのだろう? 

 帰国時の飛行機の中、そんな不安でいっぱいだった。

 映画会社に行き「USCで勉強してきました」といっても、

 「だから何?」と言われるだけ。

 USC4.jpg

 USC3.jpg

 帰国して居酒屋とレンタルビデオでアルバイトをしながら、

 シナリオを書き始めた。

 30歳になった頃だ。

 それから何年もバイトしながら、シナリオを書き続け。

 映画会社やプロデュサーに読んでもらった。

 でも、ことごとく駄目。

 5年目にしてチャンスを掴み、シナリオライターデビュー。

 もう、35歳だった。

 でも、2本書いたらストップ。依頼がなくなる。

 IMG_5930.jpg

 今度はメイキングを頼まれて、メイキング監督デビュー。

 モーニング娘。とかを撮っていた。

 これが好評でメイキングの仕事が続く。

 が、ドラマの依頼はない。

 「太田はメイキング専門の監督だしな・・」

 気づかぬ間に、そんなレッテルを貼られていた。

 (つづく)

 扉写真E_edited-3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

LAからの飛行機の中で(2)ルーカスに憧れてUSCの映画科に [ロサンゼルスの映画祭]

 P1030311.JPG

 26年前。

 ジョージルーカスに憧れてUSCの映画科に入学。

 USC4.jpg

 USC3.jpg

 しかし、LAの生活は過酷。

 英語で苦しみ、授業で苦しみ、経済で苦しみ、人間関係で苦しみ。

 本当に辛いことばかりだった。

 とはいえ、それらの日々が今の僕を作っている。

 帰国してさらに7年かけて映画監督となり。

 今回もLAの映画祭に招待され、

 「朝日のあたる家」が上映された。

 DSCN3925.jpg

 歳月の流れと、

 これから僕がどこに行くべきなのか?

 帰国の途。機内で考えていた・・・。

  DSCN4391.jpg

 (つづく)

  扉写真E_edited-3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

LAからの飛行機の中で(1) [ロサンゼルスの映画祭]

 968915_459911214083188_1510517106_n.jpg

 ロサンゼルス国際空港を出発。

 日本に向かうシンガポールエアの機内。

 1人。思いにふける。

 今回も、LAの映画祭は印象的だった。

 182840_460084227399220_649411972_n.jpg

 いろんなことを感じた。その辺を綴ってみたい。

 6年間のLA生活。人生で最も苦しかった時代かも

 いや、高校時代の方が暗黒の時代だったよなあ~

 LAは大変だったけど、楽しいこともあったから。

 それでも英語で苦労し、生活で苦労し、日本人で苦労し

 悪戦苦闘の連続だった。
 
 そんな日々を送ったときに住んでいたアパート。

 今回も車で前を通ったけど、あの頃と全く同じ形で残っていた。

 DSCN4265.jpg

 DSCN4266.jpg

 22年前か....

 表の扉を開けて建物に入り、自分の部屋のドアを開けると

 今もあの頃のまま、のような気さえする。

 テレビが置かれ、脇に映画のビデオ。VHS。壁には映画のポスター。

 日本の歌が当時は手に入りくくて、

 もちろん、リトル東京に行けばCDは買えたけど、

 高いし、レンタルCDが出来たのもかなりあと。

 DSCN4186.jpg

 友人が送ってくれたカセットテープ(!)を繰り返し聴いていた。

 小比類巻かほる、渡辺美里、矢沢永吉、本田美奈子、中森明菜、

 小泉今日子、尾崎豊、斉藤由貴。

 そんな歌を帰りの飛行機で聴いていた。

 DSCN4384.jpg

 もう、25年前の歌。

 でも、それらを聴くと懐かしさを超えた複雑な思いがこみ上げ、涙が溢れる。

 当時の空気に取り巻かれ、あのLAの日々が鮮明に蘇る。

 DSCN4290.jpg

 辛かったこと。悲しかったこと。嬉しかったこと。

 まるで映画の1シーンのように交差。

 声を上げて泣きそうになった・・・。

 (つづく)

 m_SAI_4711E381AEE382B3E38394E383BC.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

25年前の歌。 [ロサンゼルスの映画祭]

 DSCN4384.jpg

 LA留学当時。

 日本の歌がなかなか手に入らず。

 友達がカセットに録音して送ってくれた。
 
 小比類巻かほる、渡辺美里、矢沢永吉、

 本田美奈子、中森明菜、小泉今日子、斉藤由貴。

 968915_459911214083188_1510517106_n.jpg


 今回の飛行機で聴いていた。

 もう、それらを聴くと懐かしさを超えた複雑な思いがこみ上げ、

 涙が溢れる。

 当時の空気に取り巻かれ、あのLAの日々が鮮明に蘇る。

 辛かったこと。悲しかったこと。嬉しかったこと。

 まるで映画の1シーンのように交差する。

 DSCN4353.jpg

 (つづく)

 扉写真E_edited-3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

シンガポール航空の夕食 [ロサンゼルスの映画祭]

 941181_459912274083082_1394435384_n.jpg

 シンガポール航空。

 機内食の夕食

 かつカレーと、そば。

 最近の航空会社。アルコール類は有料のところがほとんど

 でも、ここは無料。

 食前にビールをもらう!

 DSCN4382_2.jpg

 それもあって、最近は毎回、シンガポールエア。

 おまけに、デザートはこれ!

 306786_459912540749722_999941271_n.jpg

 採算取れるのか? 心配だが、ありがたい。

 (つづく)

 
 扉写真E_edited-3.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

LA<=>東京を往復した日々。 [ロサンゼルスの映画祭]

 13495_459910557416587_1167456876_n.jpg

 前回の映画祭参加に続き、

 今回もシンガポールエア。ここは食事、サービス、値段共にgood!

 友人で「フツーじゃないの?」という奴がいるが

 他のエアラインを知らないから言える。

 アメリカ系の航空会社はほんと、酷い。

 比べるとシンガポールエアが凄いこと分かるんだが、

 とにかく、ようやく搭乗。機内へ

 968915_459911214083188_1510517106_n.jpg

 大学時代を含め何度、LA<=>東京を往復しただろう。

 この機内で足跡を思い返してみる。

 22年前の僕が何を考え、何を感じていたか? 

 思い出してみたい。

 東京までは10時間の旅だ・・。

 (つづく)

 扉写真E_edited-3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ロサンゼルスの映画祭 ブログトップ