So-net無料ブログ作成
2015 ブログトップ
前の10件 | -

三島の応援団の方からおせち料理を頂きました! [2015]

IMG_9414.JPG

三島の応援団の方からおせち料理を頂きました!

さくらこ亭さん。

「朝日のあたる家」も「向日葵の丘」も何度も観てくれて

今も応援してくれています。

本当にありがたい。

お節料理まで頂き、感謝。

これ食べて今年もがんばります!

さくらこ亭さんHP=>http://sakurakote.exblog.jp



IMG_9424.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

あけましておめでとうございます。  2016年元旦 [2015]

IMG_9424.jpg

 
 あけましておめでとうございます。

 2016年元旦


25E3258225B925E3258225AF25E3258325AA25E3258325BC25E3258325B325E3258225B725E3258325A725E32583258325E32583258825202014-10-16252021.31.17-4768e.png
nice!(0)  コメント(0) 

年越しそば食べた! [2015]

IMG_9427.JPG

年越しそば食べた!



nice!(0)  コメント(0) 

年越しそばを準備。 [2015]

IMG_9426.JPG

年越しそばを準備。



nice!(0)  コメント(0) 

2015年も本日で終わる。 [2015]

IMG_2175.JPG

 2015年も本日で終わる。

 今年も戦いの連続だった。出来る限りのことをやったつもりだが、

 満足いくものではない。

 後悔ばかり。

 いろいろと感じるところがある。

 1人でいくらがんばっても大きな成果は上げられないこと

 多くの人が力を発揮する環境を作ることの大切さ。

 反省ばかり。

 しかし、全てがダメな訳ではない。ひとつ上のステージに上がった。

 そこには別の価値観があり、別の方法論を持たなければならない

 悲しいこともあるけど、新たな可能性もある。

 そこで何をどう戦うことが大事なのか? 

 それを見極めながら、さらに上のステージを目指すこと。

 大切なのだと思える。

 大した力はないけど、ひとつだけ武器になること。

 僕には失うものはなにもない。

 だから、前に進める。

 2016年はかなり厳しい年となるだろう。でも、2017年へのステップになるように

 戦って行きたい。

 

12391969_948022585272046_7366284155943787923_n.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

今年最後のランチ [2015]

IMG_9409.JPG

今年最後のランチ


1465106_944704235603881_4481561928443667340_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

僕のベストテン2015ー読んだ漫画、観た演劇、DVD [2015]

11295937_833273530080286_8582814937310938367_n.jpg

今年のベストテンー読んだ漫画、観た演劇、DVD

* 「ウォーキング・デッド」シーズン4&5

* 「24 リブ・アナザー・デイ」

* 漫画「漂流教室」

* 漫画「わたしは真吾」

* 漫画「14歳」

* ジャクソン・ブラウン公演

* ポール・マッカートニー公演

* キャラメルボックス「クロノス・ジョンターの伝説」公演

* 小説「原発ホワイトアウト」

* DVDで「ひめゆりの塔」を見る

10341626_949176361823335_6617823836614572177_n-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

【2015年ー僕の10大ニュース】 [2015]

10604479_948474275226877_3509980351316603592_o.jpg

【2015年ー僕の10大ニュース】

んーーー、ベスト10中、9個が「向日葵」関係。今年は「向日葵」で始まり「向日葵」で終わった。

1、「向日葵の丘」全国公開
2、「向日葵の丘」東京初日、舞台挨拶で女優陣が大集合!
3、「向日葵の丘」舞台挨拶ツアーで全国を駆け巡る。
4、「向日葵の丘」JF FLAの招待作になりLAへ
5、「向日葵の丘」舞台挨拶。金沢で田中美里さんと、

6、「向日葵の丘」舞台挨拶。大阪、名古屋で藤田朋子さんと、
7、「向日葵の丘」舞台挨拶。大阪十三で仲代奈緒さんと
8、「向日葵の丘」宣伝活動で1年終了。
9、「朝日」ー「向日葵」4年振りに映画製作プロジェクトが終わる。
10、 結局、過労でダウン。寝込む。

ちなみに2014年は以下の通り

2014年、私の10大ニュース!(順不動)

1、映画「向日葵の丘」撮影
2、映画「朝日のあたる家」映画館公開終了&自主上映解禁
3、左目を手術1年ぶりに見える、右目も緊急手術。失明寸前だった?
4、「朝日のあたる家」無煙映画賞を受賞
5、「向日葵の丘」これまで最長の3ヶ月編集

6、唐組「紙芝居の絵の町で」再演、最高!
7、キャラメルボックス「ブリザートミュージッック」再演、感動!
8、2年半休みなしの報いー過労でダウン。1ヶ月間自宅入院生活再び!
9、「朝日のあたる家」東京の映画館でアンコール上映
10、まねだ聖子さんのライブで感動

12249578_928997250507913_6335117193836627450_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

30日の夜 [2015]

IMG_9378.jpg

 30日は、仕事の打ち合わせをして、

 その後、長年の友人と忘年会。

 近況を報告。

 来年の計画等を話す。

 帰宅してからも1人でウイスキーを飲みながら

 先日借りたスプリングスティーンのDVDを観る。

 一晩明けた本日は大晦日。

 全く実感なし。

 本日より新たな仕事がスタートする。

 
12249578_928997250507913_6335117193836627450_n.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

【「ウォーキングデッド」シーズン5後半戦② 絶望的な時代に僕らは何を信じ、何を求めるべきか?】 [2015]

12316373_938582472882724_3872558856272114657_n.jpg

【「ウォーキングデッド」シーズン5後半戦② 絶望的な時代に僕らは何を信じ、何を求めるべきか?】

感じたのは、やはり今の時代が描かれていることだ。ドラマ内ではゾンビが世界中に広がり、人間が食い殺されて行く。どこに行ってもゾンビだらけ。やっと安全な町にたどり着いたと思ったら、権力欲に囚われた人たち、人を犠牲にして生きる人々の町であったという展開。全てを解決するチャンスを掴みながら、それがウソだったり、直前で機会を失う。見ていて本当にイライラする。

何も悪いことをしていない人たちが悩み、傷つき、虐げられて死んでいく。まさに、今の日本。今の世界なのだ。今回登場する「壁の町」以前登場した「ガバナーの町」もそうだが、どちらも昔のドラマによく出て来た「悪の帝国」的な描き方はしていない。むしろ、平和な町。安全な町としてアピールしている。なのに実は....という形。敵のボスも「悪の権化」というキャラではなく、平和主義者、市民を思いやる支配者という形で登場する。昔のドラマのような「世界を制服する!」という独裁者は出て来ない。

つまり、今の時代。「平和のための安全法案」といいながら実は「戦争法案」であったり、「大量破壊兵器を持っている」だから、止めなければと、戦争を仕掛けるとか、「テロリストがいる町だ」と空爆して罪のない市民をどんどん殺してしまうとか、「平和」や「安全」を前面に出しながら、実は一部の人たちの利益のため...ということが多々ある。そんな部分が「WD」の物語を見ていても感じられる。主人公リックたちが、「この町は本当に信じて、安住していいのかも?」と思いながら毎回裏切られて行く姿。今の世界情勢と同じなのだ。

そんな中、興味深いのは主人公リックのグループ。白人、黒人、東洋人。老人、子供、男性、女性と、ありとあらゆるタイプの人たちがいて、最初はいがみ合いながらも、悲しみに耐え、共に戦い、チームワークを作り上げ、助け合っていく。まさにアメリカの象徴。人種も、性別も超えて、一緒にやれるはず!という思いを描いているのだ。そんな意図で作られているので、いろんな人がいろんな見方をすることができる。

12316605_938992002841771_73040241729688916_n.jpg


例えば、映画監督業をやっている僕が見ていると、リックのチームは撮影クルーに思えてくる。映画スタッフはかなり個性的であり、それぞれの価値観を主張する。古い人。新しい人。杜撰な人。やる気のない人。ごまかしの多い人。いろんな人がいる。プロデュサーなど、おいしい話を持って来ておいて、裏切ることが多い。「WD」の世界も同じ。シーズン5も牧師や「壁の町」の若者。今回も登場する(?)ガバナーもそうだが、自分の古い価値観や権力欲を振り回す。

いろんな価値観があるのは当然だが、目的は「安全な町」を探すことや「事態を解決すること」である。その人の主義や欲得を満足させることではないのに、それを振りかざし、裏で工作したり、罠にはめたりして、自身の思いを遂げようとする。或いはことごとく反対意見を出し、足を救おうとする。映画の世界でもよくあることだ。僕のチームも今では信頼できる人たちばかり、太田組作品の方向性を理解、全力でがんばってくれるが、以前は古い価値観を振り回し、目先のことに囚われる人もいた。「WD」の世界と同じである。

リックが「この町の住人を信用していいのか?」と悩むところは、僕が「この製作会社を信用していいのか?」と悩んだことを思い出す。笑顔で、いい話ばかりするガバナーを信用して、酷い目にあう人々。同じように、僕も信じた相手に何度も裏切られた。また、今シーズンの牧師のように、危機から救ったにも関わらず、チームを危険に陥れる存在もいる。そんなタイプにも何度も出会い、煮え湯を飲まされた。バカな奴に扇動され、悪意はないのにトラブルをお越してしまう奴。期待していたのに自分のことで精一杯になり、仕事を投げ出した奴もいた。「何を信じればいいのか?」そんなことをドラマを見ながら考える。

この物語主人公リックも同じ。昔のアメリカンヒーローのように、迷いなく、正義を掲げて突進するようなことはしない。悩み、苦しみ、時には自分を見失う。彼はいつも正しい訳ではなく、間違ったこともする。ドラマとしてもどうか?と思うようなこともしている。ただ、品行方正で、いつも正しい主人公であったとしたら、この時代、共感し辛かったと思える。間違うからこそ、迷うからこそ。共感できるのだ。

そしてリックに一番共感できる部分は最後の最後は「家族のため」「息子のため」という部分だろう。彼は間違いを犯しても、それは「金のため」「権力のため」ではない。「子供たちのため」「仲間のため」なのだ。「WD」を見ていると、「金や権力が人を狂わせてしまう。でも、本当に大切なのは何だろう? 」ということを問いかけているような気がする。彼らの旅はその答えを探す旅であり、その行方を見守る僕らもまた、その旅で「本当に大切なもの」を一緒に探しているのだ。だから、見出すと止まらないのではないか?


12313885_937540669653571_9100798436737504948_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 2015 ブログトップ