So-net無料ブログ作成

【空爆支持ーフランスで80%超え!?日本でテロが起こったら9条改憲?】 [ISIL]

12295526_931477840259854_5228790329483442254_n.jpg

【空爆支持ーフランスで80%超え!? 日本でテロが起こったら9条改憲?】

フランスの同時多発テロで、シリアへの空爆支持が80%を超えたとのこと。これまでのフランスの空爆でも、多くの一般市民が毎回犠牲になっているのに、町中でテロが起き、市民に犠牲が出ると「報復だ!」「空爆やむなし」と思う人が8割を超えるということなのか?

では、日本で、東京で、テロが起きれば、「憲法9条改憲、賛成」「自衛隊をシリアに派遣しろ!」ということになるかもしれない? そういえば、地下鉄サリン事件のあと。友人たちはこう言っていた。
「なんて奴らだ! オウムの信者は全員死刑にしろ!」

サリン事件は許されない。が、だからと信者全員を死刑というのは違う。なのに友人は頭に血が昇っており、何をいっても「お前はオウムの味方か?」「犠牲者の家族に同じことが言えるか?」などと感情的な反論をするばかり。

もし、イスラム国が日本でテロを起こし、犠牲者が出れば同じことを言い出す人たちがいるだろう。でも、何だか、誰かの書いたシナリオに乗せられているような気がする。空爆が続く。戦争が始まる。
そのとき、一番得をするのは誰か? 考えると誰が裏にいるか? すぐに分かるのに、日本人もフランスと同じように、簡単に乗せられてしまうのだろうか?

25E3258225B925E3258225AF25E3258325AA25E3258325BC25E3258325B325E3258225B725E3258325A725E32583258325E32583258825202014-10-16252021.31.17-4768e.png
nice!(0)  コメント(0) 

【フランス同時多発テロで一番、得をしたのは誰か? イスラム国は悪役レスラーのタイガー・ジェット・シン?】 [ISIL]

12226944_927806473960324_6465651668357812151_n.jpg

【フランス同時多発テロで一番、得をしたのは誰か? 
 イスラム国は悪役レスラーのタイガー・ジェット・シン?】

脚本家というのは物語を考える仕事。実際の事件を見ていても、あれこれ考えてしまう。裏があるのではないか? 背景はこうではないか?とか。僕ももともとは脚本家。いろいろ考える。イスラム国によるフランス同時多発テロ。それに対するフランス、アメリカ、日本の対応を見ていると、イスラム国により多くの空爆をさせ、より戦闘を激化させる結果となっている。

イスラム国にとってはマイナスだ。それを彼らは最初から想像しなかったのか? いや、彼らは非情に狡猾であり、イメージ戦略もうまく、単なる無法者のテロ集団ではない。これまでの経緯を見れば、それを想像しない訳はない。ではなぜ? それとなぜ、今回、エッフェル塔や凱旋門。ルーブル美術館を狙わなかったのだろう? 

今回の事件。何だか、フランスやアメリカによりテロ殲滅の口実を与えただけに思える。無実の市民を大量虐殺することは、誰が見ても許されない。「そんな奴らは許すな! どんどん空爆しろ! 地上戦も行って根絶やしにしろ」そんな声も大きくなっている。

さらには「次はワシントンでテロを起こす」とイスラム国は宣言。アメリカも黙ってられない。日本も応援を表明。フランスは空爆に対する支持が大きくなり続行を宣言。ロシアも怒りをあらわにした。あれ? こんなこと前にもあったよね? 古くは日本による真珠湾奇襲。あれでアメリカの世論は変わり、第二次大戦に参加した。ベトナム戦争はトンキン湾事件で、アメリカの潜水艦が撃沈された。といわれて本格参戦。でも、それは事実ではなかった。

イラクがクエートに侵攻したときは、イラク兵が病院で赤ん坊を虐殺したと国連でスピーチした女性がいた。そこからアメリカはイラクを叩いたが、その事実もなかったことがあとで分かる。事実だろうが、事実でなかろうが、いずれも「それは酷い! 許せない」と世論が沸き立つことだ。誰もが参戦を支持する環境が出来上がること。その意味でいうと、イスラム国は見事なくらいに、それらと同じ役割を果たしているように思える。

昔、タイガー・ジェット・シンという悪役プロレスラーがいた。サーベルを持ってリングに現れるが、決して相手レスラーを突き刺したりしない。柄で殴るくらい。反則をして観客からの憎悪を募る。そして、最後は人気レスラーに倒される。観客は大喜び。何か、そんなことを思い起こさせる事件でもある。ミステリー小説と同じ。一番得をするのは誰か? そう考えると答えが出る。


25E3258225B925E3258225AF25E3258325AA25E3258325BC25E3258325B325E3258225B725E3258325A725E32583258325E32583258825202014-10-16252021.31.17-4768e.png
nice!(0)  コメント(0) 

フランス同時テロで注意せねばならない二つのこと 次のターゲットは日本人? [ISIL]

CTx6GS8UwAAleZd.jpg

【フランス同時テロで注意せねばならない二つのこと 次のターゲットは日本人?】

イスラム国の犯行だと分かり、その凄惨な結果に多くの人がFacebookでも哀悼を捧げている。129人もが殺害され悲しみが溢れているが、注意せねばならないことが2つある。この結果を見て「イスラム国許せねえ! 全員ぶち殺してやればいいんだ!」という短絡的な思いを持つのは危険だ。報復に対してはさらなる報復があるだけ。互いに犠牲者が増えるばかりだ。

それと今回は凄惨な事件だが、幸いにも日本人が犠牲になっていないので、客観的に見ることができるだろう。だから、考えてほしい。シリアに対する空爆で死んでいるのはイスラム国の兵士ばかりではなく、一般人も多く巻き込まれているということ。その犠牲に対して同情せずに、フランスで犠牲が出ると大騒ぎするのはいかがなものか?

今回の事件は痛ましく、許されないものだ。しかし、だからといって「イスラム国憎し」でさらなる空爆を続けることが解決になるのか? 今回と同じように家族を殺されたイスラム国の人間が、同じように「フランス憎し」でさらなるテロを起こすだけではないか? そうなったとき、得をするのは誰か? 武器を売る人たちであり、いくつかの特定の国だけである。彼らは今回の事件で、より武器が売れるように憎しみを煽るに違いない。それに乗ってはいけない。

もうひとつ、気をつけねばならないのは、パリの寿司屋も襲撃されているのに(海外では報道)日本ではほとんど報道されていないということ。これは何を意味するか? 今回の日本でも報道は「対岸の火事」的なもので、「フランス大変だなあ」という形。さらに言えば「日本には関係ないよー。海外旅行はしばらくフランス避けるし」という感覚でテレビを見ていないか?

しかし、次のターゲットは日本かもしれない。安保法案で自衛隊はアメリカ軍と一緒に戦争できるようになった。同じようにアメリカに歩調を合わせて空爆したフランスでテロが起きたのだから、同じ立ち位置の日本が狙われてもおかしくない。考えれば分かるのに、マスコミは「フランス大変です」という報道。だが、ここで寿司屋も狙われたと伝えればどうなるか?

リアリティが生まれる。「日本が絡んでいた!」「次は東京ではないか?」「海外の日本人が狙われるのではないか?」そんな想像してしまう。そうなれば安保法案はやはり間違っていたのでは?と考える。だからこそ、寿司屋襲撃を報道できないのではないか? いい解釈をするなら「不安を煽らないため」とも言えるが、それで危険を回避できるわけではない。

「次は日本だ!」それをメッセージするのが寿司屋襲撃だろう。イスラム国が空爆の報復をするなら、寿司屋よりフランス料理レストランを選ぶ方が正解。それが寿司屋の理由はもう「日本」への警告でしかない。「フランス大変だね」「同情するよね」「イスラム国許せないよな」と表層的な感情で今回の事件を見てはいけない。次はこの日本人がターゲットになる可能性はとても高い。では、何をすればいいのか? それを考えることが大事なのだ。


25E3258225B925E3258225AF25E3258325AA25E3258325BC25E3258325B325E3258225B725E3258325A725E32583258325E32583258825202014-10-16252021.31.17-4768e.png
nice!(0)  コメント(0) 

フランスの無差別テロから、日本人が考えねばならないこと [ISIL]

12226944_927806473960324_6465651668357812151_n.jpg

【フランスの無差別テロから考えねばならないこと】

どこかの国の首相はいった「アメリカとより強い関係性を持つことで、戦争の抑止となるのです」そうやって、安保法制を無理矢理進め、閣議決定した。昨日、そのアメリカと共に空爆を決断。実行したフランスで無差別テロが起こり、100人以上の市民が殺害された。アメリカと関係性を持てば平和が維持できるのではなかったか?  

今回の襲撃でパリの寿司屋も狙われた。これは「次は日本」という警告に思える。この惨事。まさに日本の近い将来の姿。我々が選んだ議員たちが、政府で決めた安保法制の先にあるのは、日本に恨みのない人たちが、日本人の命を狙うという現実。「戦争しない国・日本」が「戦争できる国」になった結果が、この事件により明確になったと言える。

日本は戦争できる国になるのではなく、紛争を止める国こそ目指すべきではなかったか? それを戦争ができる国にした人たちが誰なのか? それを選んだのは誰か? 「投票したい党がない」と多くの人が棄権したことで、誕生した政府。日本人全てに責任がある。

では、どうすればいいか? それは小手先の経済政策にダマされずに、次の選挙で戦争をしたい党には絶対に投票しないこと。忘れずにいること。アメリカに加担して自衛隊を派遣してもテロは増えるばかり。今回、それがよく分かった。結果、日本国民の命を危険にさらすだけ。別の方法を模索すべきなのだ。


25E3258225B925E3258225AF25E3258325AA25E3258325BC25E3258325B325E3258225B725E3258325A725E32583258325E32583258825202014-10-16252021.31.17.png
nice!(0)  コメント(0) 

古賀茂明さんが「国家の暴走」で伝えたいこと。総理の魂胆は「アメリカ軍と一緒に中国と戦争すること!」 [ISIL]

11058632_794996933907946_7407875409008261540_n.jpg

昨日の「報道ステ」にも出演。

あれだけ政府から圧力がかかり番組降板の仕打ちを受けながら、再び「アイアム・ノット・アベ」発言を繰り返した古賀さん。本当に凄い! そんな彼が本当に伝えたいこと。それはテレビの短い時間ではむずかしい。その思いの全てが綴られたのが、角川書店から出ている「国家の暴走」だ。

テレビで古賀さんの発言に共感しても、本を読むというのは大変だと思う人も多いだろう。本当に読んでもらうことが一番なのだが、僕も時間あれば読み進めているので、少しばかり内容を紹介する。

基本、この「国家の暴走」は

安倍首相の本音、魂胆、真の目的を古賀さんが詳しく、事実に基づいて解説していくものだ。簡単にいうと「日本を戦争が出来る国にしようとしている」こと。その危険性を訴えるものだ。

僕の周辺を見渡しても「安倍さんは経済を良くしてくれる。応援している。民主党には任せられない」という人がいくらかいる。彼らと話すと驚くほど、現実が見えておらず。というか、全て政府の主張を鵜呑み。「日本は第9条があって、戦争をする国にはならない」と信じ込んでいる。

でも、その人たちの情報源はテレビや新聞。それを聞きかじっただけなのに盲目にそれを信じ込んでいる。古賀さんはそれら報道や政府発表。国会での発言等。多くの事実を上げて、様々な角度から解説。安倍政権が本当にやろうとしていることを事細かに説明する。

それが「納得!」の指摘ばかり。

だからこそ「総理が国民に一番読ませたくない本」と言われるのだろう。表では「経済復興を掲げ、美しい国」といいながら、実際は戦争ができる国にしたいことがバレると困るのは当然だ。

まだ、最後まで読んでないが、印象的だったところを紹介すると、古賀さんは総理の発想をこう解説する。なぜ、集団的自衛権を閣議決定して、自衛隊を海外で戦闘できるようにしたいか? 中国が尖閣諸島を軍事力で占領された場合、アメリカに一緒に戦ってほしいという思いが総理にはあると指摘する。

そのために集団的自衛権を持ち、アメリカと共に他の国と戦争ができる国にしておきたい。ということ。だが、古賀さんはその発想は根本的に間違っているという。アメリカは中国とは戦争しない。大事な経済マーケットであり、戦争する意味がない。軍事的な脅威は感じているが、それは政治力で押さえ込みたい。

それより日本が戦争できる国になれば、

中東での戦闘に自国の軍を出さず日本に自衛隊を出させて血を流させようと考えている。アメリカ国内では国民の犠牲を強いることが世論により次第に厳しくなっている。だが、戦争すれば儲かる。止められない。だから日本の自衛隊を送り、自分たちは利益だけ得ようというのがアメリカの考え。なるほど、そう考えるのがあの国だ。

それを総理は理解せず「中国と戦争するときには一緒に戦ってくれるはずだ!」と思い込み「日本を戦争できる国にしますよー!」とラブコールしている。だから日本人が人質が取られているのにエジプトで「イスラム国と戦う周辺諸国に支援する」なんて演説をして、身代金を要求されてもアメリカと歩調を揃えて「テロには屈しない」といい、人質を見殺しにしたのだ。

全てはアメリカ様に気に入られるため。しかし、古賀さんの指摘するようにアメリカ様は中国と戦争する気はない。なのに必死に戦争できる国にしようとしているのが、あの人。ということなのだ。その魂胆を国民にバラされるのは困る。テレビ朝日に本番中に抗議の電話をかけるのもなるほど!と思える。

このまま行けば日本はアメリカの鉄砲玉となり、

危険な戦場に自衛隊が送り込まれ、多くの若い日本人が犠牲になるということ。そのことで、敵国からは恨まれ、テロの対象となり、日本国内でもテロ事件が多発する。それを避けようというのが古賀さんからのメッセージなのだ。ぜひ、この本「国家の暴走」多くの人に読んでもらいたい。


m_m_m_E68989E58699E79C9FE_edited-3-0c3b2-ffb0a.jpg
nice!(4)  コメント(0) 

「報道ステ」古賀発言紹介記事への批判⑦テレビしか見ないと思うツボ! [ISIL]

11021237_791643220909984_6456742710156344163_n.jpg

古賀発言の記事。事件発生から1ヶ月も経つと、さすがにアクセス数が減って来た。人というのはこうして悲劇を忘れていくものなんだけど、その検証をせずに、また同じ悲劇を繰り返す。なので、僕も自戒を込めて、できる範囲での検証をもう少し続ける。

テレビ&新聞報道で真実を伝えるところは少数派になりつつある。といってネットは本当のこともデマも溢れているので、その中から真実を見つけ出すのは大変。yahooニュースを見ているだけでは、全く駄目だし。Facebookも、同じ趣味思考の人が集まるので、それらの記事を読んで「私と同じ意見だ」と安心していたら、世間は全然違う意見で溢れていたりする。

僕も先日、ある人のFacebookに書かれたイスラム国人質事件の記事を読み驚愕した。「首相は人道支援をしたんだ。宣戦布告ではない。そんなことも分からないのか?」と書いていた。ネットをやっていれば、エジプトでのスピーチでは「人道支援」と言わず、「ISILと敵対する周辺諸国を支援する」と言っている。日本に帰ってから「あれは人道支援」と言い直したのだ。

ネットをちょこっと検索すれば、あれが「宣戦布告」と取られるのは当然と分かるのだが、その人はFacebookをやっていながら分かっていない。さらにコメント欄を見ると「そういえば、テレビで古賀が何かヘンなこと言ってたよね。馬鹿じゃない」とか書き込まれている。やはり、Facebookでは似たような人が集まってしまうのだ。

同じことは僕らにも言える。イスラム国事件の構図。皆、気づいていると思いがちだが、実はネット人口は1000万人ほど、日本人の90%はネット情報を得ていないのだ。Facebookをやっていても上記のような人もいる。そんなとき、僕のブログに書き込まれた古賀発言への批判コメントはとても興味深いものだった。

日本にはこんな意見を持つ人たちが、たくさんいること。感じてもらえるはずだ。以下で紹介する。

**********************************

コメント①「犯罪に目をつぶろう、怖いことには関わらないようにしよう、何もしないのか一番、だから首相は何もすんなよ。人道支援なんて余計なことしたから犯罪者を怒らせたじゃないか。という主張なんですね」

コメント②「左翼しそうはどこまで呑気なのか。隣の香港や台湾が中国に呑まれようとしているのに、人質で犠牲になった日本人のためにヨルダン頼り?今こそ日本軍、イスラム国に空爆する時じゃないか?平和ボケは中国に移住しろ!」

コメント③「考えすぎ。後藤さんに行くなと何度も注意したのに行って殺された。 安倍晋三さんしか、総理はいないでしょ? また民主党に逆戻りする事はあり得ない! 俺も山によく行くが「行くな!」って所に行って死んだら自業自得だね~。 遭難と同じだよ」

************************************

 僕のFacebook友達なら、以上のコメントの何がおかしいか?すぐに分かってもらえると思うが、全てテレビ新聞の聞きかじった情報しか持っていない。そして政府が発表した情報を見事に捉えて、結論を出している。また、3人とも社会生活に強い不満をお持ちのように感じる。労働時間。賃金。仕事。福祉。何かしら厳しい状況に置かれているのではと推測する。

その怒りをイスラム国にぶつけているように思える。だから、単純に「悪いやつらをやっつけろ!」的な発想に傾いていて、過激な発想に走っている。事件の経緯とか理解せず、断片的に報道を聞き、「許せねえ!」「酷い!」と激怒しているように見える。

そこに誘導しようとしている人たちの思うつぼ。こんなふうにして日本は昔、戦争へと突入していったのだろうと感じる。今や報道は広報と同じ。いや、宣伝といっていい。スポンサーのメリットのために人々を誘導する道具として使われている。特にテレビはそうだ。

だからニュース番組も新聞も出来る限り、複数見ることをお勧めする。同じことを全く違う形で報道しているはずだ。その違いからいろんなことが見えてくる。今回、紹介したコメントもそれ。比較することが大事だと思える。

m_m_m_E68989E58699E79C9FE_edited-3-0c3b2-ffb0a.jpg


nice!(3)  コメント(0) 

「報道ステ」古賀発言を批判する人たち⑥ どんな人たちが批判しているのだろう? [ISIL]

10401510_761855470555426_6594351179951948645_n.jpg

古賀発言への批判。非常に興味深い。

それらを読んで行くといろんなことが分かる。僕のブログで古賀発言を紹介。

150万アクセスを超えたその記事に寄せられたコメントを見ていこう。

*******************************

①「悪いのisisだろ? 何で安倍が責められなきゃいけないんだ」

②「isisの方ですか?」

③「馬鹿野郎、反日丸出しだろ。ちょうせんでも、アイスルでもいけや。日本の迷惑!」

④「バカバカしい。 売国奴朝日はこの国から消えるべきだ!」

⑤「ニュースステーションって、まだあんなバラエティー番組みて、しかも涙が溢れそうとか……」

⑥「バカじゃないの 朝日信者すぎてびっくりしました。完全にテロリストの味方ですね」

⑦「アイアムノット安倍? そりゃ、そうだろ。 こんな左翼偏重な報道番組は酷い。 『安倍総理は本当は空爆をしたい』?? バカなのか?」

⑧「アイ・アム・ノット・古賀!」

⑨「いるんだよな、何がなんでも安倍のせいやしたい阿呆。 古舘を崇めてるとこらへんがこいつの知性の低さを更に露呈させている」

⑩「「古舘、古賀、あなたたち、どうやって日本人を守ろうと思うのですか?小学生以下の理想論を振りかざしている大人のような人はイスラムにでも行って下さい。日本には、あなた方は要りません」

⑪「一概には安倍さんだけを否定出来ないですがね」

**********************************

非常に興味深いでしょう? 

以前にも指摘したが、これらの1行2行の批判のほとんどは、賃金をもらい、ある団体に頼まれて書いている人だろう。ツイッターの場合は1ツイート1円だと聞く(ReTweetが500以上になるとボーナスが出るらしい)だから、たくさん書かなければ収入が上がらない。そのために1行2行になる。それは以前にも書いた。さらに見てみよう。

この方々は非常に「馬鹿」とか「阿呆」とかいう表現。そして日本の敵というような表現が多い。「売国奴」「テロリストの味方」「反日」「ISISの方?」戦時中に戦争に反対する人を「非国民」を呼び、袋だたきにしたのと同じパターンだ。あと、A総理を支持、弁護する記述がある人が結構いる。

ほとんどが便所の落書きのタイプ。ハンドルネームも全てふざけている。実名は1人もいない。自分の発言に責任を持っていない。礼儀もなし。中には「報道ステーション」を「ニュースステーション」と書いている人もいる。

そして、そのほとんどが古賀発言を批判というより、

古賀さん本人と番組を貶している。これでお分かりのように、古賀さんを批判する人というのは、こういう人たちなのだ。理路整然と批判し、礼節を持ってコメントを書いている人は本当に数人。この手の単文落書きタイプがほとんど。

そんな人たちが古賀さんの発言を批判しているということ。何だか構図が見えてきたね? 古賀さんと「報道ステ」が嫌いで、Aさんを支持する人が、彼らに批判コメントを頼んだようだね?


m_m_m_E68989E58699E79C9FE_edited-3-0c3b2-ffb0a.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「報道ステ」古賀「アイ・アム・ノット・アベ」発言批判で分かること⑤日本は戦争をしない国!と信じて疑わない人? [ISIL]

10917857_788040311270275_2298026599304132245_n.jpg

「報道ステ」での古賀茂明さん「アイ・アム・ノット・アベ」発言への批判。そこからいろんなことをが見えて来る。今回、紹介するのはお金をもらい批判コメントをしたのではないと思える人たち。まずは読んでもらおう。

**************************

コメント①「日本はどこの国とも戦争するつもりはありません という方針は今も変わりませんし、イスラム国はどこの国からも国として認められていないただの犯罪組織です。 犯罪組織とも手を取り仲良くしていく事が果たして世界平和に繋がるでしょうか?」

コメント②「人質に取られていることを昨年から知りながら何もしていないと本当に思っていますか?それこそメディアの報道を鵜呑みにしすぎじゃないですか? 一国のトップが、官房長官が、外務大臣が、何も対応しないはずは無いですよね?水面下で色々と対応されていたと思いますよ。事実は分かりませんが、普通に考えて、そうだと推測できますよね。

また、戦争したいのであれば、今回の空爆に加わりますよね。自国民が人質にされてるんですよ。それ以上に戦争への参加に利用できる理由ありますか? そんな中で、イスラム国の脅威にさらされている国への人道支援に徹している姿勢こそ、戦争をしないという姿勢の現われと思いませんか? すいません。事実は分かりませんが、自分はそうとらえています」

********************************

さて、今回のコメントをくれた方々の共通点は何だろう? 非常にまじめで純粋な方たちと思える。ほかのコメント様に「アホか」「バカ」「頭おかしいんじゃないの?」とか、汚い言葉で貶してやろうという意図はない。ただ、残念ながら「理解力」「想像力」に少々欠けるものを感じる。

1654378_587734821300826_428408859_n.jpg

コメント①の方は「日本はどこの国とも戦争するつもりはありません という方針は今も変わりません」と言うが、その方針を変えようと政府はイスラム国事件を利用しようとしているのでは?というのが古賀さんの主張。それを理解せず「日本は戦争をしない国」と思い込んでいる。

さらに「犯罪組織とも手を取り仲良くしていく事が果たして世界平和に繋がるでしょうか?」というが、それも古賀さんはいってない。テロリストと敵対する国を支援するなどと挑発するより、世界に向かって「日本は戦争を望んでいない。仲良くしたい」と訴えるべきと主張しているのだ。「テロリストと仲良くしたい」とはいっていない。①の方は古賀さんの発言を理解せず批判している。

コメント②の方は「一国のトップが、官房長官が、外務大臣が、何も対応しないはずは無いですよね?水面下で色々と対応されていたと思いますよ」というが、その国が何もせずに、人質をみすみす見殺しにしたのではないか?とあちこちで指摘されている。それをご存知なく政府を信頼しているようだ。

誘拐発覚以降の総理のスケジュール=>https://www.facebook.com/toriaezujiminigai/photos/a.386546758179516.1073741827.385721398262052/425777067589818/?type=1&theater

そして「戦争したいのであれば、今回の空爆に加わりますよね」これも違う。現在の法律では日本は空爆に加われない。だから、この事件を利用して戦争できる国になろうとしているのでは?という批判が出ているのだ。さらに「空爆に加わりますよね。自国民が人質にされてるんですよ」というが、空爆をすれば人質の命も危険だ。空爆=救出にはならない。

IMG_0520.JPG

もうひとつ言えば「自国民が人質にされてるんですよ。それ以上に戦争への参加に利用できる理由ありますか? 」これは正解。まさに政府はそのことを理由に世論を誘導して、自衛隊を海外に出し、戦争できる国にしようとしていると批判されているのだ。が、②の方は「人道支援に徹している姿勢こそ、戦争をしないという姿勢の現われと思いませんか? 」と綴る。残念ながらこれは、その種の人たちの思うつぼに嵌っている。

エジプトで総理は「イスラム国と戦う周辺諸国に支援する」といいながら、日本に戻り「人道支援」と言い直した。②の方は日本での発言しかご存知ないのだろう。それだけ聞けば「戦争をしない姿勢」と思えるが、テロリストの近所まで行き「イスラム国と戦う周辺諸国に支援する」といったのだ。古賀さんはこれは宣戦布告と同じと指摘している。そのことを②の方は残念ながら理解できていない。

こんなふうに、古賀さんの意見を理解していないのに批判、「日本は戦争をしない国です」という思いがーそれは正しいのだけど、「戦争のできる国」にしようとしている人たちがいる。古賀さんはそれを指摘しているのに、前段階で思考がストップ。「日本は戦争しない」と思い込み、意見を理解できないでいる。

IMG_0014.JPG

こんな方は結構、多いのではないか? 秘密保護法、集団的自衛権、憲法改正と、あの人たちが主張し、次々に決定していく事実を見れば、日本を戦争に向かわせていること容易に想像が着く。だが、国会では「自衛隊が決してイラク戦争のようなときに参加することはありません」と答弁するので、それを鵜呑みにする人たちが多いのも事実。彼らは決して「戦争したい!」とは言わない。

だからこそ、理解力と想像力が問われる。「日本は戦争をしない国」と思い込んでいる人たち。それが変えられようとしている現実に気づかない人たち。本当に戦争が始まってから「えーーあり得ない!」と思うのかもしれない。その前に、今、何が行われているか? それを知るためには、過去の概念に縛られず、理解力と想像力を駆使して現実を見ることが大事だと思えている。

噂の記事はこちら=>http://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2015-01-24-1


m_m_m_E68989E58699E79C9FE_edited-3-0c3b2-ffb0a.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「そもそも総研=日本はイスラム国とどのように向き合っていったらいいのか?」必見!! [ISIL]

IMG_0006.jpg


「そもそも総研=日本はイスラム国とどのように向き合っていったらいいのか?」必見!!

先日の「モーニングバード」の「そもそも総研」は「そもそも日本はイスラム国とどのように向き合っていったらいいのか?」録画したものを今、見ている。いつも鋭い切り口で、知らない事実や情報を伝えてくれる。本日もかなりいい!

前半を見た限りでは、まず、元イラン大使の孫崎さんの話。要約すると「人道的支援といっても、お金をもらった国はそれを軍事に使うことがあり、イスラム国も当然そう解釈するということ」

ネットを見ているとたまに「安倍総理は宣戦布告などしていない。あれは人道支援だ。そんなことも分からない奴が多い」という意見を見るが、孫崎さんの話を聞くと「一般には人道支援は軍備に使われないと思っている人が多い」とのこと。

でも、政府はその国が支援をどう使ったは確認しないそうだ。
まず人道支援だから軍備に使われないと信じ込む人がいることに驚き。例え知らなくてもイスラム国が「あれは人道支援の金だから、軍備に使われない。心配はいらない」と思う訳ないだろう? 

んーーーー、それを平和ボケというのか?純真というべきか? それとも、真面目なのか? そんな人が結構いるということだ。でも、「そもそも」の孫崎さんの話を聞けば、知らない人も「え?」と思うはず。

それが分かれば、安倍首相の支援がどれだけイスラム国を刺激したか?よく分かるし、いかに責任が大きいか?も理解できるだろう。おまけにスピーチで首相は「イスラム国と戦う周辺諸国に支援する」とまで、外務省が用意した原稿になかった文言まで言っているのだから。宣戦布告以外の何ものでない。
そして、イラク戦争以来、アメリカが日本を戦争に引き込もうとしていることが説明される。

「支援だけじゃ駄目。血を流すのが貢献」というアメリカの主張。何年も前から聞いている。その延長線上に今回のイスラム国人質事件との指摘。なるほどー、繋がって来たなあ。やはり今回の事件は.........。ビデオを録っている方はぜひ「そもそも総研」見てほしい。

1237133_515897695151206_1891093003_n.jpg

後半を見た。凄い。全くその通り。三段論法で誰もが分かる説明。これが日本とイスラム国の向き合い方になっている。それが分からない人が日本にはまだまだ多くいるということだろう。

余裕がないので、詳しくは紹介できないが、今、言われている「人質救出のために自衛隊を派遣する」は「戦争に参加する」と同じ。さらにいえば「アメリカでも成功しない人質救出を、言葉も違う、情報もない、土地勘もない自衛隊ができるはずがない」ということ。さらに、「自衛隊が来た段階で先方は戦争を始めたと解釈する」など。今、政府が検討していることがいかに危険か?を説明。

それを本当に分かりやすく紹介している。本当に全ての日本人がこの番組を見れば、危険な未来を変えることができるのではないか?と思えるくらいだ。だが、この手の番組は他局では存在しない。政府発表をそのまま伝えるだけ。それどころか、都合の悪いところはカット。放送しない。そんな報道を見ていたら、思うつぼ。現実が見えなくなる。

ぜひ、ネットで探して、今朝の「そもそも総研」を見てほしい。そして、もし、まわりに「あれは人道支援だ。宣戦布告ではない」「自衛隊を救出に出す法案を通すべきだ」という人に教え上げてほしい。
コーナー最後。司会の羽鳥さんが涙目になっていた。

現在の絶望的な状況を思い、感極まったのだと思える。そして、この種の番組を作る、テレビ朝日を応援したい。日本を戦争に巻き込まないように、がんばる数少ない報道機関だ。応援したい!


m_E68989E58699E79C9FE_edited-3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「報道ステ」古賀発言。「アイアム・ノット・アベ」批判する人たちの言葉から見えてくる危険な背景。 [ISIL]

1965035_786152371459069_7837289435279067562_n.jpg

何度か紹介した古賀発言への批判。

読んでいて分かってくるのは、どれも十分な情報を持たずに発言していること。背景にある問題に気づいていないこと。マスコミの情報を鵜呑みにしていること。

でも、それらを笑えない日本人は多いと思う。僕を含め多くの人はテレビ報道を鵜呑みしがち。そして、誰かが言った意見を無意識に自分の意見にしてしまう。そんな点を注意して以下の反論コメントを読んでほしい。

批判コメント****************************

この記事って本気で書いてんの?涙が溢れそうになったとか、正気ですか?あなたも左寄りなんですか? これは誘拐・監禁・脅迫・殺人という犯罪。悪いのはイスラム国。ただただそれだけ。 人道支援をしただけで「イスラム国を空爆する国々に仲間入りしたかった」とか、寝言も休み休みにお願いします。

放送法第4条4項には「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」と定められている。コメンテーターが左寄りなら、キャスターは右寄りな意見も出すべき。一緒になって左に寄ってどうすんの。 アイアムノット安倍。そんなプラカードを掲げたい。笑けて涙が出てくるわ。勝手に掲げてろって。

***********************************

さて、どう感じただろうか? 

このコメントはある人たちの依頼で、古賀さんの意見を否定したい人なのか? それともテレビを見て聞きかじっただけの安易な情報で批判をしているのか? いずれにしても、事態を理解していないと思える。

まず、何度も書いたことだが「人質事件」の流れをこの人は把握していない。「 人道支援をしただけで「イスラム国を空爆する国々に仲間入りしたかった」とか、寝言も休み休みに」と書いているが、そもそも、日本の首相が「ISILと戦う周辺諸国に支援する」という「宣戦布告」のようなことをいってしまったのだ。「人道支援」というのは事件が発覚してから日本で言い直したもの。

この記載も変。「これは誘拐・監禁・脅迫・殺人という犯罪。悪いのはイスラム国。ただただそれだけ」まるで時代劇。世の中、そんな簡単にはいかない。単純化して、「イスラム国を爆撃しろ」と国民を誘導したい人たちの思惑にまさに嵌っている。

そして批判文にある「左翼」という言葉。

近年、聞かなかった言葉。1、2年前からよく聞くようになったが、思い出してみると、A首相が街頭演説のときにあるグループが強い批判にさらされたあと、「左翼の人たちにスピーチを邪魔された」と語ったことがあった。

現場にいた人からも聞いたが、それは左翼グループではなく反原発グループだった。最近はイスラム国事件での政府対応を批判すると「左翼」という。つまり、政府に都合の悪いことをする人たちを「左翼」というレッテルを貼り、特殊な人々と思わせる魂胆を感じる。

アメリカでも、1940ー1950年代に何でもかんでも「共産主義者」というレッテルを貼る「赤狩り」というのがあり、あのウォルト・ディズニーまで取り調べを受け、喚問されたことがある。日本で言えば太平洋戦争中。戦争に疑問を持っただけで「非国民」と言われた。

その手法、要は政府に都合の悪いことをいう人にレッテルを貼り、封じようとする手なのだ。つまり、「左翼」などという人は政府を擁護する立場か、政府側の人たちであることが多い。

1450148_541511112589864_798814419_n.jpg

さらに、批判コメントの方。

「放送法第4条4項には「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」と定められている」という。が、そのあとがいけない。「コメンテーターが左寄りなら、キャスターは右寄りな意見も出すべき。一緒になって左に寄ってどうすんの」と批判する。

だが、指摘は間違い。その場合は別に反対意見を持つ、コメンテーターを呼ぶというのが正しい。コメンテーターが言った意見に、なぜ、キャスターが反対意見をいうのか? 別のコメンテーターに反対意見を言わせるのが報道番組だ。

さらに、その日の「報道ステ」は論説委員も出演、さらに別のコメンテーターもいて、古賀さんを入れて3人が意見を言っている。つまり、番組側としては、いろんな意見を持つ3人を出演させ、その意見を紹介したという公正なスタイルを取っている。にも関わらず、批判コメントの人は「キャスターが右寄りな意見も出すべき」という。

「放送法」を持ち出す割には分かっていない。

自分は非常に博識であり、正当な意見を述べているように見せようとしているが、実は番組と古賀さんを批判したいために理解してない「放送法」という言葉を持ち出したようにも思える。

そして「(古舘さんが)一緒になって左に寄ってどうすんの」と批判するが、古舘さんは一緒になっていない。ぼーと聞いていると、古賀さんの意見に同調しているように思えるが、よくよく聞くと中立を維持して、客観的に古賀さんに質問しているだけなのだ。そこが古舘さんの凄いところで、キャスターとしての立場を忘れていない。

もちろん、ご本人は古賀さんの言葉に賛同しているのだが、立場上、そういう言葉を使っていない。つまり、批判コメントの方は「偏向報道」という当て外れな理屈で批判している。と言う訳で、この方は古賀さんの主張がまずいと思う人たちに頼まれたか? 或いはテレビで知った断片的な情報で批判しているか?どちらかだと思える。

こんなふうに、批判コメントも検証すると、

その人の背景がよく分かる。そして、ほとんどの批判コメントがこんなふうに、当て外れなもの。そんな声を聞いて「古賀さんの発言はみんな批判しているから、やはり違うのかな?」なんて思う人もいるはず。しかし、まずは考えよう。分析しよう。そうすれば答えはすぐに分かる。

記事はこちら=>http://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2015-01-24-1


m_m_m_E68989E58699E79C9FE_edited-3-0c3b2-ffb0a.jpg

nice!(0)  コメント(0)