So-net無料ブログ作成
検索選択

「怪獣少年の<復讐>」切通理作・著。 「殉教者ウルトラマン」の章。「帰って来たウルトラマン」子供向けではない過酷なドラマと再確認 [読書]

15578905_1264880663586235_940668365378428221_n.jpg

【「怪獣少年の<復讐>」切通理作・著。読み続けている】

面白い!現在は第6章「殉教者ウルトラマン」証言・真船禎ーこの章でインタビューを受けるのは「悪魔と天使の間に...」の監督。このエピソードは僕も大好きな1編。その監督のインタビュー。そして切通さんの解説を読んでいると、いろいろ思い出す。

ウルトラシリーズ」は子供の頃夢中で見ていたテレビ番組。友達の間では「ウルトラセブン」が最高傑作という評判。確かにそれはそうなのだが、僕は「帰って来たウルトラマン」に強い思入れがあった。物心ついた歳に見ていたということもあるだろう。(「ウルトラマン」の頃は5歳くらい)でも、それだけではないこと。この章を読んで感じる。

それがまさに「殉教者ウルトラマン」という言葉に集約される。真船監督はいう「初監督のときに先輩から、ウルトラマンは悪い怪獣をただやっつけて万歳という話ではない。偏見を捨ててくれ」と言われた。円谷英二の「ゴジラ」と同じ精神で作っていることを知ったという。その精神が「帰って来た」にも生きており、勧善懲悪ではない複雑な物語を作り上げていたのである。

メジャー子供番組でありながら、マイナーなテーマ。大人向きのテーマを描いていたことを具体的に例を上げて、この本は伝える。僕が作る映画はメージャーな感動物語だが、観る方はマイナーなものが好きだ。実は子供の頃からそうで、そんな要素がメジャーな特撮ドラマ「帰って来た」にもあったこと。今更ながら感じる。

そこには作家たちの生い立ち、生まれの葛藤。沖縄問題もが介在する子供番組とは思えぬ、思いが描かれている。やはり物語というのは空想による産物ではなく、人生の悲しみや憤りが反映されてこそ観客の心を打つものであること。再確認してしまう。今からもう一度「天使と悪魔の間に」を観る!



(追伸)「天使と悪魔の間に」ネットで観た。子供の頃は気付かなかったが、こんなラストでいいの〜?という過酷な終わり方。やはり、子供番組的ー勧善懲悪なドラマではない。むしろ社会派。「帰って来た」にはそんなエピソードが結構あるけど、「天使」もそんな一編であったこと。改めて感じる。

E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「怪獣少年の<復讐>」切通理作・著。 めちゃめちゃ、おもしろい!「ゴジラ対へドラ」もう一度観たくなった! [読書]

15585066_1257673727640262_6971439567306588563_o.jpg

「怪獣少年の<復讐>」切通理作・著。

めちゃめちゃ、おもしろい!! 

子供時代の興奮が蘇る。

ゴジラ対へドラ」

もう一度観たくなった!♫「

♫「水銀。マンガン、カドニュウム。鉛。硫酸。オキシダン。汚れちまった海〜」

今でも歌える!




E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「怪獣少年の<復讐>」切通理作・著。購入しました。 [読書]

CzYj4IpUsAAh-I6.jpg

「怪獣少年の<復讐>」切通理作・著。購入しました。

怪獣世代としては絶対読みたい一冊。

「行け、エレドーダス!」と言っていたのは

「バロム1」の白鳥健太郎。

或は寺山修司の「田園に死す」私の子供時代。

ちなみに著者の切通さんには

僕が週刊誌のライターをやっているときにインタビューさせてもらい、

それは「週刊プレイボーイ」の掲載された。

それから20年。僕が映画監督となり

「朝日のあたる家」を作ったとき。

トークショーのゲストで切通さんに来てもらった。


E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「怪獣少年の<復讐>」切通理作・著。待ってました!Amazonで予約。怪獣世代として楽しみ。 [読書]

CzUT-FkUcAAUIs4.jpg


「怪獣少年の<復讐>」切通理作・著。

待ってました!Amazonで予約した。

早く読みたい。怪獣世代として楽しみ。

「行け、エレドーダス!」

と言っていたのは「バロム1」の白鳥健太郎。



E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

この本を読み始める [読書]

IMG_2642.jpg


この本を読み始める






nice!(0)  コメント(0) 

映画「無伴奏」原作 [読書]

CfROLwFVAAAN2GM.jpg

現在上映中の映画「無伴奏」

ー面白かったので現在を読んでいる。

舞台は1960年代後半から70年。

その時代の風や空気を原作で感じてみる。






IMG_9804.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「報道災害 原発篇」ここから「朝日のあたる家」はスタートした! [読書]

CfAeWSIVIAAdK_a.jpg

311のあと。原発事故に興味を持ち最初に読んだ本がこれ。

上杉隆さんと鳥賀陽弘道さんの「報道災害 原発篇」

そこから上杉さんの本をいろいろ読み、小出先生の本を読み。

いろいろ読み進んだ。

当時の新聞も3大紙、メジャー週刊誌を全て確認。

実際に自分でも取材。

「朝日のあたる家」を製作した。





IMG_9804.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「グレートフルデッドにマーケティングを学ぶ」読書中! [読書]

CfAesDvUUAEnBB8.jpg


今はこれを読んでいる。

日本では馴染みがないがアメリカのロックバンド・グレートフルデッド。

昔、パルコのCMに出ていた。

映画業界の人にも

とても勉強になる宣伝が分かる一冊。






IMG_9804.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

なのに、本を読む時間もなかなか取れない。 [読書]

CfAgAq4UAAAfwA5.jpg

監督業だけでなく、自分の作品は全てシナリオも自身で書く。


だから、日頃の勉強も大事。


なのに、本を読む時間もなかなか取れない。


いかんぜよ〜


IMG_7869.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

今、この本を読んでます! [読書]

IMG_2477.JPG


今、この本を読んでます!

昨年、一昨年と観せてもらった仲代奈緒さんの朗読劇の

原作

同時に、奈緒さんのお母さんが亡くなる前に書かれた自伝でもあります。



nice!(0)  コメント(0)