So-net無料ブログ作成

感想「想像とは大きく違い、単純に福島原発の映画ではなかった」 [【再掲載】]

 943211_477579375649705_1000069834_n.jpg

 「朝日のあたる家」を

 小倉コロナで観てくれた女性の感想

**********************


映画「朝日のあたる家」を観て来ました。
一人でふらぁ〜りと行動する私には珍しくえむさんを
誘って。
せっかくなので感想文を書いておこう。



この映画はフィクション。
実際に平田家は実在しないし、フィクションという想像の産物なので、
辛いこと、悲しいことをいくらでも盛り込めるお涙ちょうだいの映画。
原発、放射能のドキュメンタリー映画、DVDをすでにいくつも観て来た自分は
そう思いながらさほど期待せずに観に行った。



福島原発事故後、住まいの近くの原発が事故を起こしたという設定。

福島原発をそのまま再現したような表現や政府の対応ではあるけれど、
今の政府をみれば、311のときと変わらない対応しか出来ないことは
誰でもわかることなので、隠蔽主義の政府の対応はいちいち納得出来る。

平田家周辺の人たちの心情がストレートに入ってくるのは、
さすがフィクション、演技だからかえって伝わりやすい。
その辺はフィクションならではの良さかも。
私たちは想像でしか被災した人たちの心情をくみ取れないから、
このようにストレートにわからせてくれることはとても大切なことかも知れない。

この映画は日本中どこにもある原発の危険を訴えているものだし、
明日は我が身であることを教えてくれるもの。

原発の話しとかもう聞きたくない、飽きたと言う人こそ観て欲しい。
この家族と同じ思いで3度目の冬を迎える人たちが東日本にいることを知っていて欲しい。


そう言えばアナタ、これを観ずにいっちゃったのね。
こういう映画をたくさんの人に観てもらうことも被ばくへの啓蒙活動だったね。それが私たちの共通した目的だったのにね。

〜〜〜

福岡では小倉コロナワールドのみの上映で11月29日(金)まで
映画を観た後は、同じ施設内にある温泉にえむさんと楽しんで来ました。

1014059_414282392021904_441352708_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

感想「臭いものに蓋をする”ように目を背けてはいけません」 [【再掲載】]

  644574_450372805037029_502068783_n.jpg

 「朝日のあたる家」を大阪で見てくれた女性の感想です。

 その一部を引用させて頂きます。

 ****************************


 この映画で描かれていることは過去の出来事ではなく、

 今この瞬間もその恐怖や不安を抱えて生活していらっしゃる方々が

 たくさんいるというのは紛れもない事実であり、

 ”臭いものに蓋をする”ように目を背けてはいけません。

 全文はこちらで=>

http://ameblo.jp/lotusxmercy/entry-11626381338.html?fb_action_ids=521976877876621&fb_action_types=og.likes&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582


 m_m_E68989E58699E79C9FE_edited-3-0c3b2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

感想「当たり前の幸せを奪われてしまった家族の物語」 [【再掲載】]

7910_535643863176589_1614685594_n.jpg

「朝日のあたる家」感想 「カリーナの林檎 チェルノブイリの森」脚本家

 原発事故によって当たり前の幸せを奪われてしまった家族の物語。ある日を境に突然、その家族に襲い掛かるさまざまな出来事は、太田監督が福島で丹念に取材した嘘偽りのないもの。

 舞台を福島ではなく日本の原風景が残る静岡のとある町に設定し福島の次に起こった悲劇として描いているのは、原発事故はいつどこででも起こりうることなんだという危機感を観ている人に受け止めてもらいたかったからだったそうだ。

 その狙いは観客に十分、伝わっていると思う。直球ど真ん中、本当にストレートにメッセージを投げかけてくる映画だ。

 2003年に僕らが「カリーナの林檎」を製作するにあたり、ベラルーシとウクライナで取材した時に見て、聞いて、感じたことが、この映画にもたくさんつまっている。ふるさとを奪われ、バラバラになってしまう家族の姿。

 福島でもそういう家族の話を聞いた。この映画には、原発事故によって何が起こるのか、決して嘘や大げさではない、リアルが描かれている。原発の問題に関してはさまざまな意見があるだろうが、まずはこの作品を観て、もう一度考え、家族とでも友人とでも話をしてみるといいと思う。

 無関心は罪。福島でとんでもない事故は起ってしまった。子供たちに「私はいつまで生きられますか?」なんて言わせちゃいけないのだ。

 1013566_484199351654374_1775330572_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「いつも写真が嫌いな私が みんなで写真を撮ろうよ。」 [【再掲載】]

 1466254_545104348897207_1749712118_n.jpg

 先のメッセージをくれた神奈川の主婦さん

 FBにも記事を書いてくれた。

 こちらも涙が零れる

 「朝日のあたる家」がんばって作ってよかったと思える瞬間

 ありがとうございます。

 *******************************



家族写真にいいね!をくださったみなさまへ

昨年 横浜で観た観た 映画「朝日のあたる家」。
何度か この映画について書いたことがあるので 覚えていただいているかもしれません。この写真はその時の思いからのものでした。映画を観た日に まだ慣れないツイートをぜひしよう!と思って実行したのも、自分の行動としてはいがいなものでした。  

「観ましたか? 観ませんか? 観ましょう。 観てください!

観ましたか? 観ませんか? 観ましょう。 観てください!同じことが起こる可能性は大きい!自分のこととして考えるためにも必見! 「朝日のあたる家」横浜ジャック&ベティ 8日(金)まで上映。」 

必死で考えた140字。

慣れないことを夢中でしました。 それくらい 心に残る作品だったのです。
私たちの何気ない日常が、どれだけ不確かなものであるのか、胸に抱えながら帰宅しました。今、幸せだと感じることにも何の根拠もないのではないのか・・あの日から、いつもそのことが頭から離れません。今年の初詣で いつも写真が嫌いな私が 

「みんなで写真を撮ろうよ。」

と口にしたのも、その思いからです。 

今日こうしていることも永遠ではないのだ。守りたいものはたくさんある。しかし、守り切れずに大きく人生が変わることは誰の身にも起こりうる。「これがいつまでも続くとは限らない。今日のこの時を大切にしなければ。縁起でもないけれど、来年同じ写真が撮れるとはかぎらないから・・」と言ったのも 

あの映画のシーンが頭にあったから。

当たり前だと思っていた日常が 当たり前ではないこと! 多くの人の思いと努力によって守られていたものだということに改めて気がつきます。原発事故は特別のことではない。私たちのすぐそばにある。私の出身地は大分県です。帰省のたびに「あんたたちは大変やね。」と言われることもあります。

でも、大分の目と鼻の先には伊方原発があるのです。一昨年別府からフェリーで四国に渡った時にはすぐ近くを別府を発って間もなく見ました。 どうして福島を遠いところのことと感じているのだろう。 すぐ近くにあるじゃない・・・

私はこの日常を大切にしたい。

守りたい。来年も同じように家族で写真が撮りたい。だって、こんなささやかな願いが叶えられない人がたくさんいるのだから。二度と家に帰れない人が大勢いるのだから。

私が思うことが少しずつ家族にも伝わっているような気がする。普通に暮らすことは当たり前ではない。みんなで守らなければいつ壊れるのかもしれない。そして、帰れなくなった家と集まることさえできなくなった人たちのことを忘れず 今日を大切にしよう。

大分で警鐘を鳴らし続けているFB友もいる。

みんな よそのことだと思わないで。

今の私たちの暮らしは とても不安定なものだということ、怖がらずにちょっと見てみよう。

今日の穏やかな日常 守りたいもの。


1551514_565383076869334_1384192695_n-1.jpg
nice!(0) 

「朝日のあたる家」に寄せられた感想(2) [【再掲載】]

935285_464899953584314_169024586_n.jpg


おどりまゆみ ‏@MayumiOdori 10月11日
『朝日のあたる家』見てきました。泣いたな。何でもない日常が、一番幸せ。当たり前だけど、気づかないよね。あちこちで上映されればいいのに。中川コロナ遠いよー。

ひろ ‏@hiro_mjp 10月11日
まだみていない方!?
ぜひ、みてください。
映画「朝日のあたる家」


ひろ ‏@hiro_mjp 10月11日
中川コロナで見てきました。
「朝日のあたる家」
ほんとに、一人でも多くの人に見てもらって、感じて欲しい映画です。
映画をみて、9月に東北に行った時に聞いた原発の事や、津波のこと、
当時のことを色々な方に
お話聞いていて、それが鮮明に蘇ってきました。

kazumama ‏@kazumama01 10月11日
小金井で活動しているママ友と「朝日のあたる家」観て来ました。この間行った浪江町の町並みがよみがえって映画の場面と重なり、涙溢れて困った。監督のトークショーもあり、この映画にかける思いが伝わってきた。


Cat in heaven ‏@nyankomomo0607 10月11日
横浜ジャック&ベティ。「朝日のあたる家」10/19より上映開始。舞台挨拶もあり。やはりジャック&ベティさん上映してくれる。昔から好きな映画館だったけど信じてた。オーナーさん、有り難う。

REIJI WAKAYA ‏@g69w 10月10日
何故、この国には発行部数が多い大手新聞がありながら、芸人である、おしどり夫妻が東電会見に通い詰め新聞に載らない情報を伝えなければ伝わらないの?何故、太田監督のように映画という形で私達に思いを伝えようとした映… http://instagram.com/p/fRTx20P7Qg/

tomomi ‏@oddity_pure 10月11日
映画 朝日のあたる家 中川コロナ明日が最終日。今日3度目見てきました。仕事帰り直行で行ったけど少し遅れちゃった^^。今日の感想は、映画ではなく自分。今まで同じ映画3度も見た事無い。しかも映画館までかなり遠いのに行った自分と創った太田監督に拍手!心の中の目標は5回以上見るだった^^

絵理 ‏@HellSonicBallet 10月11日
昨日の朝、渋谷UPLINKにて『朝日のあたる家 』太田隆文監督×切通理作さんのトークショーに行ってきた。ドラえもんや鉄腕アトム、昔のヒーローやキャラクターは原子力で動いていて、70年代は原子力に対して夢と希望があったというお話をされていた。とても興味深くもっとお話を聞きたかった。

絵理 ‏@HellSonicBallet 10月11日
『朝日のあたる家 』は福島をなぞっているだけではない、という切通さんのコメントに大きく頷けた。日常の幸せ、家族の在り方、人間関係などいろいろ学ぶ事も多い映画だった。壱成くんと太郎ちゃんの台詞は、新聞、TVでは言えない真実の言葉だと思う。


nice!(0)  コメント(0) 

山本太郎さん。出演場面。悲しみが溢れる。 [【再掲載】]

 981201_464894536918189_1449476827_o.jpg

 原発事故の悲劇を描いた映画「朝日のあたる家」

 山本太郎さん出演場面。

 入院した姪の舞を見舞いに沖縄から駆けつけた光太郎(山本太郎)。

 舞は放射線量の高い地域を丸一日彷徨っていたのだ。

 しかし、そこで彼が目にしたのは除染した家に戻るという父親の姿。

 光太郎は「沖縄に来ませんか?」と切り出すが....

 涙なしでは見れない、悲しみの場面が始まる。

 

 m_E68989E58699E79C9FE_edited-3.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

感想”泣きすぎて脱力感半端ない。全国の映画館で断られるのは当然” [【再掲載】]

1966722_602477109826597_1830871745_n.jpg

 朝日のあたる家ー札幌公開で見つけた感想

 ご紹介させてください。

framboise @framboise731 2月19日
「朝日のあたる家」見てきた…泣きすぎて脱力感半端ない。あれが全国の映画館で断られるのは当然だわ。原発で誰が得をしてるのかはっきり言ってるし、一般市民の悲しみがリアルすぎるほどリアル。現実(とネットで見聞きした状況)そのまんまだもん。絶対見るべき映画だよ、もっと全国で広まれー!

脱原発に一票チーム北海道5区 @shinchannoujyou 49分
@ompfarm @magicalmako お疲れ様です。昨日、朝日のあたる家。見て来ました。無関心層には、なかなか見てもらえ無いでしょうかね。初日はほぼ満席状態でした。

Mint(脱原発に一票) @orcamie 2月21日
映画[朝日のあたる家]明日から札幌シアターキノにて公開。北海道初上陸。これは原発事故に翻弄される家族の物語。スターウオーズ並みのエンドクリップが長いのはスポンサーが無名の市民達だから。この映画は福島の時系列を忠実に再現。公式HP: http://asahinoataruie.jp/trailer.html

 Z02.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

抗議で立つシーンから、泣きっぱなしでした。 [【再掲載】]

 580141_477391482335161_615944386_n.jpg

 「朝日のあたる家」の素敵な感想を見つけました!

(東京、かおるこさんのブログより)

観る前に予想していたのは、原発事故に対する怖さとか、被害を受けた人の悲しみを感じる映画になっているだろうということでした。

観てみて一番感じたのは、家族に対する、大切という思いと、失いたくない、という思いでした。
家族って、本当に大切な、人にとって核になる部分で。
幸せの最小単位で。

だから、それを壊した原発事故は、同じことを繰り返しちゃいけない、と思いました。
でも、今も国は同じことを繰り返そうとしている。
その国の歩みを止められないデモは、無力かもしれないけど、でも声を上げ続けることをやめちゃいけない。

大切なものを大切だと認めて、守りたいと思うだけで、そうしてみんなが行動するだけで、変わっていくんじゃないかな、と思いました。
そのきっかけになる力のある作品だと思います。

前半は、ほんとに笑いの絶えない家族で、楽しいシーンもいっぱいでした。
それが地震、原発事故で避難することになって。
あいまいな国の説明や、理不尽なことが次々に起きて。

避難所で、「帰宅してから除染を可及的速やかに開始する」という役人の説明に、
子を持つ母親が次々と無言の抗議で立ち上がるシーンから、ずっと泣きっぱなしでした。

母親の強い愛とか、ひとりだけ自宅に戻って除染を続ける父親のやりきれない想いとか、
放射性物質に侵されて、自分が30歳まで生きられないことを少しずつ受け入れる子供たちとか。 
 

 つづきはこちらで=>
  http://ameblo.jp/ka-ko112/entry-11563980476.html



 「朝日のあたる家」公式HP=> http://www.asahinoataruie.jp



 m_E68989E58699E79C9FE_edited-3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

朝日のあたる家ー感想を読みたい方はこちら! [【再掲載】]

  1926812_644715042269470_1780476436628744168_n.jpg

 都知事選の争点にもなっている原発問題。

 その原発事故を正面から描いた話題の映画

 ”朝日のあたる家”

 その映画のいろんな感想を読むができます=>
http://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304025926-1

SAI_5091.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

原発事故を題材にした家族映画「朝日のあたる家」自主上映会での感想。④ [【再掲載】]

580185_465117886895854_651013794_n-8c99b.jpg

原発事故を題材にした家族映画「朝日のあたる家」自主上映会での感想。④
今回は4回目 ”★感想文16~21”のご紹介です。

湖西市を舞台とした映画「朝日のあたる家」を観た方々の感想文が多数寄せられましたので、昨日(初回)に続き 第2回目のご紹介をさせていただきます。

この感想文は 5/11静岡県母親大会(於:湖西高校)で 第20分科会として行われた同映画の上映会に参加した110名(満席)の方々から感想文を書いていただいたものです(変更は加えず ワード化したものです)

第4回目 感想文16~感想文21ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★感想文 16
今は停止中の原発が再稼働したら 起こるであろう事故、そして 福島の現実。こんなにも危険があるのに 何故 政府は再稼働しようとするのか? こんなにも苦しみ 悲しみ ひどい状態に置かれている国民がいることを どう思っているのか? 政府及び電力会社は あまりに現実を見ていない。イヤ現実から目をそらしている。この映画は そういう人にこそ 観て欲しい。テレビも新聞も 本当のことを報道して欲しい。あまりにやるせなく 胸が苦しい。(浜松 60代)

★感想文 17
日常生活を守る大切さを 実感させてくれる映画でした。有難うございました。よく作ってくれました。(浜松 70代)

★感想文 18
浜松民商婦人部リーダー○○さんと 7-8人の仲間たちに加わり この映画を観ました。私は 第40回静大アリーナでの時代から94.99.02.05.14年と5回目の参加なので 今回は20分科会を選んでよかったと思いました。5回の内の3回は主人と一緒でしたが 昨年の2月(主人は)あの世に旅立って行きました。大切な人を失ってみて あたりまえにあった日々が どんなに尊いものだったかを 再度痛感し この映画の内容と重なり 涙が止まらなくて困りました。一人でも多くの人達に 観る機会があることを 切に願うものです。(浜松 70代)

★感想文 19
この映画を企画・作成されたみなさん ご苦労様でした。原発再稼働を公言されている人を 許せないと思います。「幸せって何だろう?」と言う台詞がありました。私の望んでいる幸せは 映画と同じ。家族が元気で暮らせる事。幸せは目に見えないもので壊されるんですネ。(浜松 70代)


SAI_5091.JPG

nice!(0)  コメント(0)