So-net無料ブログ作成

映画館公開からすでに1年。今だに上映が続く「朝日のあたる家」とは? [イベント上映]

10703857_718816014859372_8766925721032707371_o.jpg

「朝日のあたる家」映画館公開が昨年の9月なので、もう1年以上が過ぎている。通常の映画なら、もう存在さえ忘れられている頃なのに、「朝日」は今も各地で上映され、映画祭から招待され、海外での上映会も続いている。

観客のほとんどが、映画館公開終了後に「朝日」の存在を知って方々。「何か凄い映画があるらしい」「観た人はもの凄い衝撃を受けたという」「後半の1時間は涙の連続って本当か?」「絶対に観てほしい!」というような口コミがどんどんと広がり、「朝日のあたる家」を観たい!という人がどんどん増えているのだ。

そんな声がネットサイトの「ドリパス」に届き、あっと言う間にリクエストの1位になり、映画館で1日限りのアンコール上映が決まった。実は、映画館公開前、多くの映画館が上映を拒否したことがあった。その際にも「だったら、ドリパスで上映してもらおう!」とリクエストが殺到。1位となった。

が、その直前に多くの映画館が手を上げてくれて、結果ドリパスでは上映せず。通常の映画館。全国27館で公開。9ヶ月に及ぶロングランとなった。それが今年の3月で全て終了したのだが、またまたドリパスでリクエスト第1位。今月は新潟の長岡アジア映画祭の招待作品となり、ロスアンゼルス、シンガポール、ドイツ、アリゾナ州に続き、ニュージーランドでも上映会が開かれた。さらに、熊本でも上映会がある。

来年はバンクーバ、兵庫県、静岡県でも上映会が行われる。この勢いは一体何なのだろう? 単に原発事故の悲劇を描いた映画だから、福島の悲しみを考える映画だからということだけではなく、今、日本人が考えねばならない大切なことを描かれていることも大きいのではないか?

家族の絆。古里への思い。大切な思い出。それがどれだけかけがえのないものか?この映画を観て、もう一度考えるきっかけとしてもらえること。本当に嬉しい。今後、一番、早く「朝日」が観れるのは新宿の映画館。まだ、チケットは買えるので以下のサイトからぜひ!

「朝日のあたる家」新宿の映画館でアンコール上映(1日限り)
太田監督の舞台挨拶決定!!これが最後の東京映画館上映。
あと3日でチケットの発売終了!
DVD化、テレビ放送は不可能!ぜひ。
=> https://www.dreampass.jp/e724
■上映日程:11/23(日)19:00
■上映劇場:シネマート新宿


1014059_414282392021904_441352708_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。