So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

最近、考えていること。トランプ大統領は何をしようとしているのか? =余りにも嫌われている....そこが引っかかる? [トランプ問題]

45311254_2257058741035084_7772761667447816192_o.jpg

最近、考えていること。トランプ大統領は何をしようとしているのか? =余りにも嫌われている....そこが引っかかる?

「朝日のあたる家」を作るとき、かなり原発事故とその背景について調べた。専門家にも取材したし、被災者の方のお話も伺った。が、当時、まだ、事故がどれほど酷いものだったか?がそれほど知られておらず、一部の過剰に恐れる人と、多くの無関心な人に分かれていた。そんなときに友人に原発事故の現実。その背景にあるものを語ると、嫌な顔をされたことが何度かある。

今では多くの人が知っている事実であっても、当時は原発事故の恐ろしさを知らない人が多かった。さらに原発を取り巻く企業や政治の汚れた構図はあまり知られていなかった。そんなことを話すと、友人の多くは冷たい目になり、意見を言わなくなり、話を反らそうとした。

「そんなことある訳ないじゃん?」「頭おかしいのかよ? ヘンに刺激しないでおこう」

そんな表情。僕も取材を始めた頃は「マジかよーー」「ウソだろう」「国がそんなことしてたの?」「電力会社って何だよ!」と驚いたり、イラついたりの連続だった。が、まだ、映画の仕事をしている。多少の想像力があった。

さらにアメリカ留学をして、日本人が知らないこと、日本の習慣や常識にはないことがいっぱいあることを実感していた。自分が知っていることは全てではない。そんな経験があるので、自分の知識を超えていることでも、現実に存在する秘密や隠れた事実は存在するのだ。

それでも原発事故の背景は驚愕。それはのちに映画にするのだが、準備段階では多くが隠されて来た現実を知らなかった。しかし、考えてみると、先日書いた精神病の話も同じ。ある友人が病気であることが分かった。おかしな言動、奇怪な行動。理由を考えていた。といって錯乱して暴れたり、同じことを延々と呟いている、ドラマで出て来るような異常者とは違う。

本当に微妙。ただ、本人を昔から知っているので、その違いが分かる。調べてみると精神病だった。が、別の友人に話しても「昔からあいつはヘンだったからなあ」と言われる。さらに別の友人に伝えても「疲れているんじゃない?」と言われた。つまり、精神病の症状を知らないので、それが分からない。そして詳しく病気の友人の話をすると、のちに原発の話をしたときの友人と同じ表情になった。

「おかしいのは友人じゃなくて、お前じゃないのか?」

そんな感じだ。反論せず、黙って話を聞いているが、不安そうで、話題を変えたがる。友人でその反応だ。精神病や原発問題をさほど親しくない人い話すと明らかに拒否反応が出る。

「この人、何か特殊な団体の人?勧誘されるのかな? 怖い」

例えれば町を歩いていたときに、新興宗教の人に勧誘されたような感じ。関わりたくない。おかしい。揉めずに去りたい。そんな思いを感じた。まあ、僕は映画という仕事をしていることと、昔から「変わり者」と言われているので、友人たちもある程度のことなら、怖がらずに聞いてくれはする。が、もし、真面目な、例えば役所勤めの人が、その手の話しをしだしたら、「おかしくなった? 何があったんだろう」と思われるかもしれない。

原発のことは今ではもう、多くの人が背後関係も知っているが、事故直後は原発デモに参加する人は少しヘン。プロ市民。黒い奴ら。などと言われて忌み嫌われる部分があった。が、当時から、デモに行くと、一般の人が数多く参加しており、言われていることと違うこと感じる。怖いから行けないという声が当時何度か聞いた。そんな風に次第に事実は伝わり、広がって行くものなのだが、事故以前にマスコミは原発ムラについては伝えず。精神病に関しては今でもタブーである。

そんな知らない現実は、あり得ない現実。と一般の人は思い込む。マスコミはいつも隠し事をし、事実でなことを伝える。「真実を伝える」のがマスコミではなく、スポンサーに都合がいことを伝えるのがマスコミなのだ。そんな中、最近気になっているのがトランプ大統領という存在だ。

これも何人かの友人に話してみたが、過去と同じで皆、逃げ腰で聞いていた。が、その話は僕の推理というだけでなく、多くの関係者から聞いた話である。そもそものきっかけは、ある事情通から聞いた話。大統領選挙前だ。彼はいう。

「本当に問題なのはトランプではなく、ヒラリーだ。彼女が当選したら世界は大変なことになる」

マジですか? どう考えてもトランプよりヒラリーでしょう?だってトランプは「バック・トウ・ザ・フューチャー」のビフのモデルですよ? 見るからに悪そうだし。でも、思い出した。見るからに悪代官のようで、検察に陥れられた日本の政治家がいる。どれだけ調べても証拠が出ず、不起訴になった。その人についてもあれこれ調べていたのだが、マスコミがいう事実とは違った。彼の政敵こそが問題なのだ。

そこからトランプのこと調べてみた。といっても大したことはできないが、いろんな意見をネットで探す。その99.9%が批判だった。アメリカのどのメディアも彼を非難している。それを知ったとき、おかしいと思った。それだけ批判されるのはヘン。先の日本の政治家もそうだが、誰に訊いても「嫌い」「怖い」という。そのくせ「何が問題か?」と訊いて明確な答えをした者は1人もいない。マスコミによるイメージ操作?大々的な。それがあったことをあとで知った。

そんなことが現実に行なわれているのか?と思えたが、1980年代の「ロス疑惑」ーあのときは日本人全員が三浦一義さんが犯人と思っていたのではないか ? 実際僕もそう信じていた。が、裁判で彼は無罪となった。一審は有罪だが、罪状があまりにも非常識だから、二審で無罪。同じように怪しいからと、マスコミがガンガン報道すれば、皆、それが真実だと思ってしまう。とすると、トランプの嫌われ方もそれに似ている。

見るからに悪そうだが、それでは彼がどんな悪事を働いたのか ? どんな酷いことをしようとしているのか? その辺を注意して見るようにした。その後、別の方からも、先と同様の話を聞いた。
「ヒラリーやオバマこそが、諸悪の根源だ」と。その話も友人にしてみた。

「な、分けないだろう? オバマは平和主義者だよ。トランプこそが戦争屋で差別主義者。危険なんだよ」

では、具体的にトランプは何をしたのか? 友人は答えられなかった。オバマがどう平和主義者かも言えなかった。確かに広島には来た。イメージもいい。でも、トランプとどう違うか? 僕も答えられない。その内に北朝鮮問題が報道される。「アメリカが金正恩の暗殺を計画」とか「北朝鮮空爆」とか、イラクに続くターゲットは北朝鮮か?と思えた。

アメリカは10年に1度戦争をしている。それによって軍需産業が大儲けしていることは知られている。太平洋戦争、朝鮮戦争、ベトナム、湾岸、イラク、とアメリカは無理矢理にでも理由を作り戦争を始める。次は北朝鮮か? と思いきや、和平となったアメリカの大統領と北朝鮮の指導者が握手する光景がテレビで中継される。

なんじゃこれは〜!

僕らが生きている間には実現しないだろうと思っていたことが現実になった。それに先だって南北首脳が板門店で会い、握手している。平和条約も進んでいる。トランプさんいいの? 戦争できないよ? 軍需産業が儲からないよ? この辺から確信に変わった。それ以前からも聞いていたが、ある組織の存在。また、そんなことを書くと

「陰謀論好きだね〜」「頭おかしい!」

と友人たちに言われそうだが、それは原発問題を話しても、精神病を語っても同じ。多くの人は自分の知識や経験にないことは現実にはないと思い込んでいる。

昔、FBIの長官だったJ・エドガー・フーパーはこう言った。映画のモデルにもなった最長期間、長官を勤めた人だ。50年代に議会でマフィアの存在が話題になったとき、彼はこういった。

「マフィアは架空の団体で、噂になっているが、実存するものではない」

実はこのときフーバーはすでにマフィアの実態を掴んでいた。が、それを公表することで検挙率が下がることを恐れて存在しないと公言したのだ。そんなふうに政府機関は知っていても、国民に知らされないことは多々あるはず。その後、マフィアの裏切ったバラキによって、その存在が暴露され、世間を驚かす。マフィアは存在したのだ。同じように、巨大組織とか秘密結社というと、「陰謀論だ」「あり得ない」と反論する人が多いが、人は知識と経験から逸脱すると拒否する性質があるようだ。

話を戻す。つまり、南北の和解でトランプは戦争がしたい訳ではないことが分かった。むしろ、朝鮮戦争を集結させた訳である。では、その先の目的は何か? 戦争を止めることで何のメリットがあるのか? すでにジャパン・ハンドラーと言われたアーミテージやグリーンはもうホワイトハウスにはいない。トランプのいう「アメリカ・ファースト」の意味は?

先に書いたが、最初にいろんな意見を調べた。そのとき、ロバート・デ・ニーロも、レディ・ガガも、トランプを批判していた。が、映画関係でトランプを支持していた人が2人だけいた。クリントン・イーストウッドとオリバー・ストーンである。アメリカの汚れた歴史を見つめる作家たちだ。イーストウッドは
「しばらくは彼も見ていよう」
といい、ストーン監督は

「トランプは正しい」

と断言した。同じタイプの作家で批判するのはマイケル・ムーアだ。トランプを批判する映画まで作っている。どちらが正しいのか? さらに疑問なのは、日本のマスコミは自国の総理を批判できないのに、アメリカの大統領は批判していること。なぜ? 遠い国だから怖くないから? いえいえ、日本の歴代総理、アメリカに逆らった人は皆、引き摺り下ろされている。マスコミはどうなのか? そう考えて行くと背景が見えて来る。てな話しをすると、何のことだか?分かる人には分かり、そうでない人には毎度お馴染みの台詞が待っているだろう。

「頭おかしいんじゃない?」

「朝日のあたる家」以来、いろんな人がいろんな情報をくれる。元政治家、ジャーナリスト、専門家、作家、そんな人たちの話とネットで探した同種の情報。そして現実の動き。それらを並べて行けば、ある程度の流れ、どこに行こうとしているのか?は見えて来る。


asahi _edited-1.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。