So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

安易にTwitter情報を信じていはいけない。と思っていた僕がまんまと乗せられた昨年の件? [my opinion]

43172433_2198164496924509_3540851079832928256_n.jpg

安易にTwitter情報を信じていはいけない。と思っていた僕がまんまと乗せられた昨年の件?

昨年の内に書こうとして書けなかったこと。Twitterを見ていると「モーニングショー」がローラ・バッシングとも言える放送をしているとの声多数。それらによると番組のタイトルが

「ローラが政治的発言!」

そこからして酷い。辺野古の海を守りたいと、ホワイトハウスへの署名をしようというのが彼女の意図。それが「政治的発言」か? 美しい海を守りたいは自然を守ろうという発想。政治的発言とは思えない。次に紹介されていたのが、市民の声。渋谷あたりの若い女の子3人がローラのコメントに対して「怖い」と発言。(動画)さらに、スタジオのパネルには

「CM降板という怖れは?」

との文章。「芸能人が辺野古問題に反対したらバッシングされるぞ。仕事を失うぞ」という警告であり、バッシングを番組が行なっているという指摘だと、それらツイートは伝える。

同じ局で放送されるニュース番組を十数年見て来た僕だが、古舘さんが降板してから、ほとんど見ていない。完全に政権批判のない報道になっている。そんな中「モーニング」は「そもそも総研」等、政権の問題を指摘するものが多く、毎日録画して見ていた。が、少し前から「そもそも」で政治ネタが扱われなくなり、心配していたが、また、最近は片山さつき問題を取り上げる等、頑張っていた。

なのに、ローラ問題の扱いが酷い! 完全に他局と同じ政府寄りの論調に転じたのか? と怒り心頭!!!!! ん? でも、待てよ。何事も特定の情報だけで判断してはいけない。以前も「報道ステ」の「都知事選で舛添に有利。細川に辛辣」「不公平な報道」と多くがバッシングしたものがあったが、その報道を録画でみると、むしろ細川を応援している編集だった。多くの視聴者が勘違いしていたのである。

デマに乗せられて「酷い」「許せない」と一緒になって怒り、その相手を攻撃する人がいる。単純に乗せられているだけであり、どんな情報でも安易に信じていはいけない。裏を取る。別の角度の情報を下がる。何より、それ自体を確認することが大事。それを思い出し、録画した「モーニング」を見て、唖然。

結論から言うと、あの放送はローラ応援。支持である。ツイッターで言われているのと真逆だ。検証しよう。まず、タイトル。「ローラが政治的発言?」これは「芸能人は政治に口出しするな」と言う二アンスも感じるが、視聴者に目を向けさせるためのキャッチだ。「モー」は報道ではない。情報番組。その手の番組では使う手だ。次にローラ発言を「怖い」と言う女の子の3人組。でも、別の発言も。

「ローラの発言で辺野古工事に興味を持つ人も出てくるかも」

そんなインタビューもあった。バランスを取っている。そしてスタジオのパネル。「CM降板の心配」これだけみると親切のようで、間接的に脅しをしているように見えるが、そのあとの高木美保さんの意見紹介。

そして玉川さんの意見。2人共に熱烈ローラ支持。賞賛。この手の番組で、番組としての意見は司会者ではなくコメンテーターが伝える。他局で芸人のコメンテーターが総理擁護発言をよくするが、その番組の意見がそれなのだ。同じく「モー」の主張はローラ支持なのである。

が、一方的に応援するのではなく、厳しい側面も伝える。批判する市民の声も伝える。でも、最後にレギュラーの2人共に応援コメントをしたところに本当に伝えたい意図がそこにあることが分かった。その放送の一部を切り取り、ツイッターで伝える。編集された動画で紹介する。そのことでローラに対して悪意がある番組に見えてしまう。

映像を仕事をする僕はその手法をよく知っている。にも関わらず、そのツイートに乗せられ激怒していた。だが、頭に来る発言。おかしな情報。あれ?と思った時は、必ず裏を取ったり、別角度から調べる。何よりそれ自体を確認すること大切なことを改めて思い知った。録画しているのに、番組自体を見ずに怒っていた自分が情けない。報道ばかりではない。

「Aさんがあなたのこと悪く言っていたよ。言うなと言われたんだけど。あなたが可愛そうだから....」

なんて親切な振りして言ってくる人がいる。それを鵜呑みにして「Aさんって酷い!」と思っていたら、それを言いに来た人がAさんを貶めようとしての行動だった...なんてことはよくある。以前に何度も書いた境界性人格障害の患者も同じ。

「Bさんに酷いことをされた!もう、死にたい....」

と周りに言って回り同情を集める。それを聞いた人たちがBさんを攻撃。だが、それはBさんを陥れ、困らせようとしての行動。境界性人格障害はそんなことをしてしまう病気。(詳しくは「朝日のあたる家」日記にその章があります)それを意図的にするのが政治の世界。いや、ご近所付き合いでもよくあることだろう。また、そんな噂やデマをすぐに信じる人も多い。

もしかしたら、「モー」批判のツイートを出した人は本当に「酷い!」と思ったのかもしれない。が、それなら見る力が不足している。一部だけを見て「ローラ、バッシングだ」と決めつけている。しかし、誤解されそうな部分だけを繋ぎ合せて発信しているところを見ると意図的なものも感じる。いずれにしても、人の噂やツイートを安易に信じてはいけないと言うこと。改めて感じた次第だ。


asahi _edited-1.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。