So-net無料ブログ作成

マイケル・ムーア「世界侵略のススメ」は大感動=今、日本人が見るべき映画。なぜ、あの国のような素敵な社会が作れないのか? [映画感想]

51346013_2433398573401099_4904801352942616576_n.jpg


マイケル・ムーア「世界侵略のススメ」は大感動=今、日本人が見るべき映画。なぜ、あの国のような素敵な社会が作れないのか?

最新作の「華氏119」は詳しく感想を書いたが、トランプ大統領批判と言いながら、実は水道問題を追及する作品。看板に偽りあり。しかし、前作の「世界侵略のススメ」は素晴らしかった。

映画館で見ようとしていて、宣伝キャンペーン中だったので見れず。それがAmazonプライムに早くも登場。早々に見てみた。今回はこんな話。アメリカは何だかんだ理由をつけて他国を侵略する国。湾岸戦争も、イラク戦争も同じ。それをムーア監督が皮肉り「だったら次はどこを侵略するか?」と自身がアメリカ軍の代わりに、他国に乗り込むという設定。しかし、行く先々では驚きの連続。

「アメリカではこんな制度はないぜよ〜」

という社会制度と出会い、それを戦利品として持ち帰るという趣向。なかなか上手い。要は他の国はこんなに素晴らしい社会システムが確立しているのに、アメリカはなぜそれができない?ということを暴露して行く作品なのだ。

フランスの子供達の健康と栄養を考えた学校給食。イタリアの2ヶ月にも渡る有給休暇。無償の学校教育。無償の医療制度を持つ国々。チェジニアの刑務所エピソードでは刑務官たちが歌う「ウイ・アー・ザ・ワールド」は涙が溢れる。これは見ないと分からない。そんな場面が3回。ムーア監督の映画はドキュメンタリーなのに毎回、泣かされる。

世界にはこんな素晴らしい制度があるのに、なぜアメリカ人は低賃金で長時間働かされ、差別があり、貧富の差があるのか? そのことを見事に比較して、証明して行く。「ボーリング・フォー・コロンバイン」で銃問題に切り込んだのと同じ手法。この映画を見たアメリカ人はシンプルに分かるはず。

「俺たちは搾取され、利用されている。金持ちと国にこき使われている!」

それをムーア監督は伝えたかったのだ。しかし、この映画には日本は登場しない。なぜなら、日本の社会制度はアメリカと同じ。いや、それ以下だから。アメリカと同じように国と金持ちに国民がこき使われ、搾取されている国だからだ。その意味でこの映画を見れば日本人も驚愕するだろう。

「なぜ、そんな長期休暇が取れるの?」 

「なぜ、そんな裕福な生活ができるの?」 

「俺たち日本人はこんなにも長時間働いているのに、なぜ!?」

その答えはムーア監督が言う通り。日本はアメリカの後追いをしているからだ。大国になっても大きくなるのは企業と金持ちばかり。国はそれら人たちをより肥え太らせるためにしか努力しない。

しかし、不況が20年も続く日本。今の若い世代の多くは、これが当たり前と思っている。ぜひ、そんな人たちにこの映画を見て欲しい。ヨーロッパの国々では、決められた労働時間で、幸せな生活を送り、医療や教育でも国民は大きな恩恵を受けている。

なぜ、日本ではそれをできないのか? なぜ、働き続けなければならないのか? どれだけ日本人は酷い状況にいるのか? それを実感することができるはず。日本人、必見の作品。


46802634_259898338021033_2878665649339498496_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。