So-net無料ブログ作成

日航123便墜落事件=整合性と合理性で真実にたどり着く!騙されてはいけない。 [123便事件]

catch51-1024x683.jpg

日航123便墜落事件
=整合性と合理性で真実にたどり着く!騙されてはいけない。

このシリーズかなり好評で、多くの人からコメントも頂いた。こんな説もあるとの紹介もあった。まだ、僕自身もう少し探ってみたい。実際に自分で取材した訳ではないので、「これが正解」とは言えないが、一つ確実に言えることがある。

事故ではない!ということ。何らかの陰謀があったということだ。何より、写真週刊誌にも掲載された黒焦げの死体。旅客機のジェットエンジンではああはならない。911のとき、貿易センタービルの鉄骨がジェット燃料で溶けて、ビルが崩壊したというのも否定されたように、ジェット燃料は灯油に近いもの。鋼鉄を溶かしたり、人を両面丸焦げにすることはできない。

東京大空襲の後の写真を見れば分かるが、死体が同じように黒焦げになっている。あれは焼夷弾によるもの。ガソリンに近い液体が飛び散り、それがかかると燃え続け、全面が黒焦げになる。123便の墜落現場でも焼夷弾と同じ成分が検出されている。ジェット燃料にはない成分。それを燃料とする武器が火炎放射器である。それを日本で唯一、所有するのは自衛隊。この一点だけでも、事故ではないことが明らかだ。

また、発見の遅れ。それを解説する「NHKスペシャル」の間抜けさ。オレンジ色の物体。多数の目撃情報を無視。何よりNHKに通報した人が多数いるのに番組は触れないで、警察への通報を追求。多くが電話しているのに「情報は上には上がらなかった」の一言で終わり。ごまかしとまやかしの連続。都合の悪い事実は全部無視。結論に誘導する。「真相を解明してはいけない」という指示を上から受けているとしか思えない。

ブラックボックスが未だに非公開。もげた尾翼も探そうとしない。これだけ揃えば事故ではなく、本当のことを明かせない何かがあると誰しも思う。そして、黒焦げの死体。事故でなく殺害以外に考えられない。では、なぜ、殺したか? それを考えると紹介した2冊の本が指摘することが全て正解だと思えてくる。

「陰謀なんてあるわけないよ〜」

と考えるのは想像力の欠如だ。論理性が失われているのではないか?  NHKが報道すれば真実? 政府は嘘を言わない? そんな固定概念に縛られているだけ。しかし、政府もNHKも嘘ばかりということは、今日、いろんなケースで多くの人が痛感している。政府もNHKもウソをつくのだ。

何事も疑ってかかろう。真実はどこにあるのか? それらしい説が出てもまず疑うこと。「グリコ事件だ」「トロンだ」といわれても、「面白い!」と飛びついてはいけない。なぜ、誰が、何のために、どうして? それを考えるだけでも、かなりの嘘は見抜ける。

123便事件だけではない。集団的自衛権だって「アメリカとより強い連携をするため」という建前の理由で納得してはいけない。「特定秘密保護法」も、「安保法案」も、辺野古基地建設も、本当は何のため?と考えてみよう。政府や企業には表の理由とは別に、必ず裏に本当に理由がある。それを考えよう。

真実は絶対に矛盾しない。整合性と合理性で考えれば、必ず真実にたどり着く。これからの時代。生き抜くために、国や企業に騙されないためにも、そんな視点や発想が大事だ。疑ってかかろう!



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。