So-net無料ブログ作成

「朝日のあたる家」の太田隆文監督が挑む新作「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」とはどういう映画か? [2019]

沖縄戦_edited-1.jpg


「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」とはどういう映画か?

私、監督の太田が「朝日のあたる家」以来、挑んだ社会派作品。今回はドラマではなくドキュメンタリーである。題材の沖縄戦。ドキュメンタリーは意外に少ない。全貌が分かるものはほとんどない。その意味で今回の作品は、いろんな意味で決定版になるはず。特徴を挙げる。

① 沖縄戦の全貌が分かるー様々な角度から戦争を見つめる。

②沖縄戦がどうスタートし終結したか?の歴史的な流れが分かる。

③沖縄戦を体験した人たちが証言。どれだけ酷い戦争だったか?

④研究者、専門家たちが解説する。どれだけ理不尽なことが?

⑤沖縄戦があった場所が現在、どうなっているか?紹介。

⑥米軍がどんな風に攻め、どんな状況に陥ったか?を紹介

⑦なぜ、多大の犠牲が出たか? その背景を説明

⑧日本軍は何を考え、どのような思いで軍を派遣したか?

❾沖縄戦の教訓は何か? 同じ悲劇を繰り返さないためにすること?

以上のことを全て紹介、描いている。この映画を見れば、とりあえず沖縄戦が分かる。そして教科書的な上部だけを紹介したものではなく、どれだけ残酷で、理不尽な戦争であったか?を描いている。そこがあのテレビ局のドキュメンタリーとは違うところだと自負している。

夏ー秋に完成披露上映会を計画。沖縄、東京、京都の3カ所で実施予定。お楽しみに!


ブログはこちら=>https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

沖縄戦.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。