So-net無料ブログ作成

れいわ新選組はどれだけ大変か?=菓子メーカーに例えるとよく分かる! 自民はチョコボール。れいわは野原チョコ? [参議院選19]

67071246_2837900172950935_7713585517849214976_n.jpg

れいわ新選組はどれだけ大変か?=菓子メーカーに例えるとよく分かる! 自民はチョコボール。れいわは野原チョコ?

自民や公明は老舗のお菓子メーカー。森永やロッテのようなところ。何十年も前から売れているチョコレートを売る。宣伝しなくても大丈夫。固定ファンがいる。対して、新しいメーカーを作り、新製品を発売するのが新党である。今回なられいわ新選組。そこで新製品のチョコを出す。例えば「野原チョコ」でも、ほとんどの人は知らない。それ以前に「れいわ菓子会社」が知られていない。

例えば森永。チョコフレーク、小枝、チョコボール。誰でも知っている。だから、宣伝せずとも売れる。自民で言えば、昔から議員をしている安倍、二階、菅のような人たち。新製品を出す時も、巨額の宣伝費と組織力があるので売りやすい。

これが今年、立ち上げた菓子メーカーだとそうはいかない。CMを流す予算がない。そんな状況で「野原チョコ」を売っても買ってくれない。宣伝方は一つ。路上に出て試食会。道行く人に食べてもらい。口コミで美味しさを伝える。政党だと街頭演説だ。ただ、それができるのは投票日までの2週間。そんなことで全国に伝わるか?

それを強要するのが選挙だ。大きな党や大きな菓子メーカーはもともと知名度があり、固定客がいる。宣伝する予算も豊富。対して新党や新しい菓子メーカーは知名度がなく、固定客がいない。宣伝する費用もない。その極端に立場が違う2つの党を2週間限定で宣伝活動させるのだ。さらに今回の選挙で言えば、マスコミに圧力をかけて「れいわ」を放送で触れさせない。

「あの菓子メーカーはテレビで扱うな!」

というのと同じ。宣伝費用がなくても、テレビ番組で扱ってもらうことで知名度が上がり、商品が売れることがある。が、それを止める。触れさせない。そんな仕打ちを受けているのが「れいわ」だ。それでも、れいわは試食会を各地で開き、評判は上々。ネットでも盛り上がる。街角の試食会に行った人たちが

「美味しかった〜」「感動の味だ〜」

と盛り上がるが、それは極々一部の人の評判でしかない。文化祭のようなレベル。「口コミが大事」とよくいうが、それで広がるには1〜3ヶ月以上かかる。テレビや新聞のような即効性はない。伝わらないとこの世に存在しないも同じ。それが「れいわ新選組」の現状。その試食会を1ヶ月、毎日続ければ全国に広がり、知名度も上がるだろう。食べれば誰もが感動し、誰かに伝えたくなる味なのだから。

でも、2週間限定で、大手菓子メーカーのチョコボールやチョコフレークに匹敵する知名度を上げることができるか?短期間でCMなし。マスコミ注目せず。で大ヒットしたお菓子ってかつてあった? そう問われれば極めて難しいと分かるはず。街頭演説で盛り上がりを「革命だ」「時代が変わった」というのは簡単だ。が、それで全国勝負はできない。

比例で3位の山本太郎が当選するには350万票が必要。今時、シングルCDだって100万枚は売れない。なのに350万票だ。浮かれていてはいけないこと分かる。でも、諦めてはいけない。友人に、知人に、同僚に、家族に声をかけよう。2週間しかないが、熱い思いは広がる。1人でも、2人でもいいから「れいわ」を国会に送ろう。できる限りのこと。やってみよう。ここから日本を変えるために。本当の意味で日本を取り戻すために!


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。