So-net無料ブログ作成

「れいわ新選組」はなぜテレビで紹介されないのか?=その裏側を推理。大きな力に対抗する方法は? [参議院選19]

67424068_2839795006094785_6123296876331532288_n.jpg

「れいわ新選組」はなぜテレビで紹介されないのか?=その裏側を推理。大きな力に対抗する方法は?

れいわ新選組。ネットでは大盛り上がりだが、テレビでは「モーニングショー」と「報道ステ」(いずれもテレ朝)で少々放送されただけで、他局は全く触れてもいない(日本テレビーZIPがほんの少しだけ扱ったという話はある)。これはもう無視。村八分。「れいわ」をないことにしようとしている。

これが問題ある政党であればまだ分かる。今回も何人か候補を出しているが、特定の宗教団体がバック(それなら公明はどうなの?という話にもなるが)非常識な行動が報告されているところ。目立ちたいだけで立候補した人。その辺を報道番組がクローズアップすることで候補者が注目されて「当選!」ということがあるので、局は慎重になる。

だが、番組としてはどのような候補者がいるのか? どんな主張をしているのか?を伝えることも重要な任務。何も伝えないと国民は選びようがない。その辺を報道せねばならないのに、多くのテレビ局は「れいわ新選組」に全く触れていない。先の問題ある団体や真剣さのない候補であれば無視するのも分かるが「れいわ」はしっかりとした政策を掲げ、真面目に問題提議をしている。

また、街頭宣伝が盛り上がり、ネットでは物凄い人気だ。テレビは候補者を紹介するという仕事とは別に、世の中の新しい動きを伝えるという使命もある訳で、その両方を「れいわ」に関して全く果たしていない。どういうことか? 

大きな圧力がかかっているか? 誰かを忖度して自主規制をしているか?だろう。では、誰から圧力がかかっているのか? 誰に対して忖度しているのか? ミステリーの手法で推理すればすぐに分かる。「れいわ」が紹介され、注目されると困る人たちだ。人気が上がる。投票する人が増える。それで困るのは他の政党だろう。だが「れいわ」は野党共闘スタイルで、以前に説明した通りに他の票を奪おうという思いはない。

D_i2QFVXUAIrYYw.jpg

とすると残るは与党だ。特に「れいわ」の野原候補は公明の党を奪おうという戦略。下手すると党首である山口那津男が落選するという可能性もある。また「れいわ」が今回、議席を取ることで、次の衆議院選でさらに躍進ということも考えられる。これまでの国会でも山本太郎は多くの鋭い指摘、質問をして与党を困らせている。それが同じ志を持つものが増えれば....与党にとって面倒なことになる。

対して「迷惑だ」発言で野党共闘を拒否した枝野とかは明らかに政権を取る気がないのは分かるから危険度は低い。でも「れいわ」は真剣。与党にとって危険な抵抗勢力。ただ、金がない。知名度がない。ということで、テレビを押さえ込んでしまえば、どんなに頑張っても、2週間の選挙期間で全国的な知名度アップはまず無理。

(詳しくはこちら)=>https://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-1

そう考えて局を押さえ込んだ。似たようなことは何度もしている。批判的なキャスターはクビ、番組自体も潰した。今では全てのテレビ局が白旗を上げて政権批判は控えている。「れいわ」を無視させるのは簡単。それが背景なのであろう。

その中でテレビ朝日だけは報道陣魂を見せて「れいわ」を紹介。素晴らしい。だが、「NEWS23」は先週の内に山本太郎のインタビューを、小川キャスター自ら行っているが、未だに放送しない。選挙期間中は完全に無視しておいて「開票速報」で

「れいわは無視していませんよ〜。ちゃんと取材してますよ〜」

と大きな顔で報道するつもりなのだろうか? それを見て投票することはもう出来ない。政権に従いながら視聴者にもいい顔しようとする。それではマスコミとはもう呼べない、提灯持ち団体である。

我らにできることはもう直接、人々に「れいわ」を伝えることだけだ。友人知人、家族、同僚。1人でも多くに伝えて、「れいわ」候補者を1人でも多く当選させることこそが、本当の悪夢「安倍政権」を終わらせるただ一つの方法なのである。




60764999_2681749791899308_369149531398340608_n.jpg
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

とくめい

もう一つ重要なのは経団連・大企業への忖度でしょう。消費税撤廃のための財源の一つとして、大企業のみへ行なっている税の優遇の撤廃や、法人税の累進課税を挙げていますから。テレビ局のスポンサー様に都合が悪いことは放送できないのでしょう。
所詮、マスコミとて一企業にすぎません。お客様は視聴者ではなく、スポンサー様ですから。
by とくめい (2019-07-19 04:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。