So-net無料ブログ作成

多くの日本人が覚醒し始めた?「れいわ新選組」効果か?=コメントから探るその理由 [れいわ新選組応援]

67584867_2885074501566835_7444671739931394048_n.jpg

多くの日本人が覚醒し始めた?「れいわ新選組」効果か?=コメントから探るその理由

昨年の昨日に書いた記事。「人は本当に好きな仕事をすることで、多くの人をハッピーにできる!」の「いいね」7人だった。それを1年後の昨日、多少手直しして再掲載したら76人から「いいね」ーなんだそりゃ? 内容は同じ。何が違うのか? 一つは昨年「友達」は4000人台。今はほぼ5000人。しかし、千人の差はない。数百だ。その数百の新しい「友達」のほとんどは「れいわ新選組」支持の人たち。山本太郎の演説を聞き、いろんなことに気づいた人たちだ。なので社会的な関心が強いのだろう。

もう一つは、以前から「友達」ではあるが「れいわ」の登場。あるいは日本が崩壊して行く速度が増していることに、不安感を持つ人が増えたということもあるだろう。昨年までの「友達」は記事を読んではくれるが「面白い」と思ってもなかなか「いいね」をくれる人はいなかったので、大きな変化だ。

「いいね」が増えたのは、僕の記事が面白くなったのではなく、(同じ記事だからね)多くの人が社会や将来に対する強い関心を持ち始めたと思える。日本のこと。家族のこと。子供達のことを真剣に考え始めたからだ。先の記事だけではなく過去のものを時々、再掲載するが、同じ反応だ。

僕はジャーナリストではない。政策を分析したり、経済を解説したりはできない。ただ、アメリカ生活が長く、海外から日本を見て疑問に感じたことが多い。また、映画監督業という仕事は、世の中を斜めに見たり、疑ったりする。

原発事故を描いた「朝日のあたる家」を監督して以降。いろんな業界の方から[マル秘]?情報を頂く。きっと「この酷い現実を告発する映画を作ってください」という思いなのだろう。そんなこともあって、社会について、政府について、世界について、分かったようなことを書かせてもらっている。

ただ、その程度のことは誰でも気づくことができる。まずテレビや新聞をまず疑うこと。信じないこと。鵜呑みにしないこと。「あれ?」と思える情報は別の新聞、別の局、ネットで再度調べてみる。友達に意見を聞く。別角度から検証することで答えが出る。特にNHKと読売新聞しか情報源がない人は、すでに洗脳済みと思った方がいい。(その種の人は僕のFacebookを読むことないので残念)それらに限らずマスコミは嘘つき集団と考えるのが無難。

令和時代を生き残るには、いかにフェイクニュースを見破り、思想コントロールされず、本当に自分に大切なことは何か?を見抜くことだ。ダマされてはいけない。


asahi20_edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。