So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アメリカの真実......を呟いてみる!? [2017]

IMG_5676.jpg


オバマ大統領というと平和主義者で、とてもいい印象を持っていた。が、あれこれ本を読むと、かなり酷いことをやっていたことを知る。もの凄い数の空爆(宣戦布告なしの攻撃)、大統領令の連発。移民受け入れ拒否措置。でも、トランプのようにマスコミは批判していない。さらにオバマケア。実態?


トランプが移民を受け入れないと表明したとき。日本の報道はLAに違法入国したメキシコ人を取材。子供を抱きしめ涙を零す母親を放送。が、LAでは違法移民問題は大問題。治安悪化の理由であり、職を奪われた米国人は激怒。それを報道せず涙を誘うニュース。これがマスコミのやり口。注意せねば!

朝日のあたる家DVD_edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

トランプをめぐる疑惑????....を書き出す③ [トランプ問題]

IMG_4586.JPG


FBI長官はトランプとロシアの関係を調査してクビになったというが、選挙前にヒラリーメール事件の捜査を止めている。そんな彼はヒラリー派。今回、トランプの捜査を止めなかったことでクビなのだとしたら、彼はヒラリーには従順でトランプには敵対心があるということ。長官としてはおかしい。


トランプ批判に疑問を投げかけるツイートを書くと「あんな奴を擁護するなんて失望したよ」との引用リツイートが来た。擁護した訳ではない疑問を感じたのだ。人は自分が毛嫌いするものを評価されると相手の人格を否定することがある。ネガティブキャンペーンはそこを利用してくる。

クビになったコミーFBI長官は、ヒラリー財団から600万ドルを受けとっていた?それでトランプの問題点を調査したのね?選挙前にヒラリー・メール事件捜査を止めたのもそれが背景?トランプとロシアの関係を捜査したからクビ!は敵対勢力からの情報か?日本のマスコミはそっちしか報道しないけど。

クビになったコミーFBI長官は、ヒラリー財団から600万ドルを受けとっていた?それでトランプの問題点を調査したのね?選挙前にヒラリー・メール事件捜査を止めたのもそれが背景?トランプとロシアの関係を捜査したからクビ!は敵対勢力からの情報か?日本のマスコミはそっちしか報道しないけど。

「FBI長官はトランプとロシアの関係を捜査したのでクビにされた」との報道があるが、長官はヒラリー財団から600万ドルももらっていた。だから、トランプの弱点を探っていたんだね?それを言わずに「トランプ酷い」とヒラリー派のマスコミが援護しているのだろう。報道を鵜呑みにしてはいけない。

更迭されたFBI長官は日本でいう寿司友だった?彼はヒラリー財団から600万ドルもらっていた(高級寿司より凄い)なので、ヒラリーメール事件の捜査を止め、政敵であるトランプ失墜のための材料を探していたのだろう。日本も米国も同じ。金や寿司がもらえる政治家を守ろうとする?

メディアは国民の代弁者ではなく、権力者の広報である。その意味で米マスコミも真実を伝えるジャーナリズムではない。とすると、攻撃を受けているトランプは何なのか? 日本とは逆の構図ということか? では、そのマスコミの後ろにいるのは誰か? あの人しかいない。戦争をしたいあの人。なるほど。

最近のテレビ朝日報道。安倍政権に関しては以前のように物怖じせず、鋭く切り込んでいるのにトランプ大統領に関しては米軍需複合体がバックのアメリカ・マスコミ報道をそのまま垂れ流し。なぜだろう?




朝日のあたる家DVD_edited-1.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

トランプをめぐる疑惑????....を書き出す② [トランプ問題]

P6MTmqBm.jpeg


昨夜の「NEWS23」でもFBI長官はトランプがロシアとの関係を捜査したのでクビになったと報道。アメリカの大手マスコミ(ヒアラリーを支持)報道をそのまま伝える。なぜか?長官(ヒラリー派)がヒラリーメール事件捜査を止めたことに触れない。一方側の主張のみを報道している。


寿司友2号が逮捕直前にストップー週刊誌で暴露された。権力者寿司友2号が逮捕直前にストップー週刊誌が暴露。権力者と仲がいいと逮捕されない。アメリカでもメール事件でヒラリーが捜査対象になったが、最終的にFBI長官が捜査を止めた。その長官がトランプにクビにされた。マスコミはヒラリーの件を指摘せず、トランプが自身への捜査を止めるためと報道?

FBI長官更迭の件。整理した。長官=ヒラリー派。ヒラリーメール事件捜査を止めた人。大手テレビ局=ヒラリー支持「トランプがロシアとの関係を調べるFBIの捜査を止めるために長官を更迭」と報道。トランプ=ヒラリーと選挙戦で戦った人。日本のマスコミ=アメリカでの報道をそのままなぞる。

大統領選前。ヒラリーメール事件をFBIが捜査との報道で驚いた。次期大統領候補の本命を捜査できるのか?事情通に聞くと「ヒラリーを止めなければ危険!」という人たちが動いたという。が、結局、長官が捜査を止めた。そのことがあったので今回の長官更迭は感じるところがある。トランプの真意は?


トランプ考察ー選挙でヒラリーを応援したのはABC、NBC、CBS、CNN。テレビ局のほとんど。その後、米マスコミはトランプ・バッシング。軍需複合体もヒラリー支持。FBI長官もヒラリーメール事件捜査を止めた。トランプは「イスラム国を作ったのはヒラリー」発言。なるほど構図が見えて来た。


「アメリカのマスコミは大統領を徹底批判するのはさすがだ」と言われるが、実はトランプを引きずり降ろそうとする勢力がマスコミの背後にいるからだと聞く。となるとトランプが「嘘ニュース」というものも分かる。日本は逆で多くのマスコミが政府を擁護。暴走を伝えない。マスコミは強いものになびく?




朝日のあたる家DVD_edited-1.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

トランプをめぐる疑惑????....を書き出す① [トランプ問題]

P6MTmqBm.jpeg

トランプってとんでもない野郎だぜ〜と思っていた。ほとんどのアメリカ人が批判するのに大統領になり、えーーーと思ったが、2人だけ彼を支持する著名人がいた俳優のクリント・イーストウッドとオリバーストーン監督だ。ということはトランプは単なる嫌な野郎ではないのかも?そこから興味を持った。


トランプ考察ーシリアに爆弾を落としたとき。あれ?!と思った。アメリカファーストのトランプがなぜ、ブッシュと同じことをするのか? 敵対勢力に巻き込まれたのか?と考えた。アフガニスタンに爆弾を落としたことで答えが出た。その場所こそ、イスラム国のアジトであり彼の抵抗勢力が作った場所だ。


トランプ=安倍総理と同一視している人をときどき見かけるが、まるで違う。むしろ、あの政治家に近い存在だろう。少し前、日本のマスコミによるトランプ・バッシングがあった。森本問題以前で自国の総理を批判しないテレビ局が他国の大統領を批判。そこから背景が見えて来たが、気付かぬ人がまだ多数?


トランプ考察ーライバルだったヒラリー候補を応援したのはABC、NBC、CBS、CNN。つまり、テレビ局のほとんどがヒラリー支持。その後、米マスコミはトランプ・バッシング。さらに日本まで。軍需複合体もヒラリー支持。トランプは「イスラム国を作ったのはヒラリー」と発言。構図が見えてくる


FBIのコミー長官がクビにされたニュース。日本の報道では「トランプが大統領選をロシアの協力で戦った件を捜査しているのを阻止するためとの疑いがある」となっているが、ネットで調べると、長官はヒラリー派でメール事件を勝手に打ち切った前科があり、新長官で彼女を追いつめるためとのこと。

トランプ情報。いろいろ聞くが、非常に面白い。これほどテレビ報道と現実が違う人もめずらしいかも?いや、報道が中傷合戦しているだけ?かつての菅直人。小沢一郎。鳩山由紀夫がダブる? だが、まだ分からないところも多い。注目を続ける。

大統領選前。トランプって本当にとんでもない奴!と思っていた。日本でいうと「閣下」のような存在だと感じた。ある事情通から話を聞き、実はそうではないことを知る。ん〜〜〜、でもなあ。まさか〜。と思えたが、その後の流れを見ていると納得できる展開。まだ疑問もあるが、実に面白い!

「アメリカのマスコミは凄い。平然と大統領批判をする。それに比べて我が国のマスコミは...」という人がいる。そうだろうか?アメリカのマスコミは本当に真実の為に報道しているのか?では、なぜ、3大ネットとCNNはヒラリーを支持したのか?実は、日米共に同じ構図に思える。




朝日のあたる家DVD_edited-1.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

太田監督の新作映画「明日にかける橋」市民俳優を募集開始! あなたも有名俳優と共演できる。】 [2017]

top-2-1.jpg

【映画「明日にかける橋」市民俳優を募集開始! あなたも有名俳優と共演できる。】

市民俳優とは名前の通り市民の俳優さん。エキストラのように通行人として出演するだけではなく台詞があったり、役名があったり。プロの俳優さんと共演する人たちのこと。

「向日葵の丘」でも多くの市民俳優さんに出演頂いた。(「向日葵の丘」全国のTSUTAYAにてレンタル中!)

今回の「明日にかける橋」でも、そんな市民俳優さんを大募集します。ロケ地の静岡県、袋井市。磐田市。森町周辺の方。ぜひ、応募してほしい。台詞は苦手!という方でも台詞のない役も多い。出演より通行人でいいから撮影現場に参加したいというのでもOK。

映画界で行なうのと同じ形のオーディションを行なう。ギャラや交通費は出ないけど、今回は参加することに意味のある市民映画。映像は100年先まで残る。まずは応募してほしい。


こちら=>http://ffc2017.main.jp/bushu.html



18238158_1452279548179678_6412405692802287865_o.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

北朝鮮からミサイルは飛んで来るの?! [事件]

①ある国の首相「テロには屈しない。断固として戦う!」

北朝鮮のテレビ「我が国はアメリカには屈しない。断固として戦う!」

あれ? このふたつの国。結局、言ってることが同じ。指導者の発想が同じなんじゃないかなあ?


②ある国の首相「テロには屈しない。断固として戦う!」

北朝鮮のテレビ「我が国はアメリカには屈しない。断固として戦う!」

どちらも同じ方法論。敵の脅威を煽り、国内の戦意を高める。ナチス高官が言っていたこと「国民を戦争に駆り立てるのは簡単。敵国から攻められているといえばいい」


③ある国の首相「テロには屈しない。断固として戦う!」

北朝鮮のテレビ「我が国はアメリカには屈しない。断固として戦う!」

ナチス高官「国民を戦争に駆り立てるのは簡単。敵国から攻められているといえばいい」



●「北朝鮮からミサイルが!」と発言したどこかの国の首相。連休はゴルフ三昧。閣僚たちは海外へ。これって安全ということ。だったら告知してよ。と言いたいが、最初からミサイルが飛んで来ないこと知ってたんだね?国民をビビらし、北朝鮮憎しを増長させるのが目的なんでしょう?そして9条改憲ね?


朝日のあたる家DVD_edited-1.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

第2回ワークショップ。おかげさまで終了!感謝。 [2017]

C-n7wdBUAAA66dl.jpg

2月のワークショップが大好評だったので、先日(4月下旬)第2回目を行なった。前回の参加者の80%が来るであろうと想定。内容を考えた。ところがGW初日ということもあり、舞台公演等が重なり前回の参加者からの応募は3人のみ。多くが「残念です。行きたかった!」と連絡をくれた。淋しいワークショップになるかと思い気や?結果的にまた定員いっぱいとなり〆切告知をすることになってしまった。僕のような無名監督のワークショップにこんな多くが応募してくれるなんて驚き。ありがたいことだ。

さて、前回もそうだが、今回の参加者もかなり実力がある人ばかり。基本、プロの俳優のためのワークショップではあるが、そんな中でもかなり力のある俳優が来てくれた。それでも皆、なかなか大きな役を得ることができずにいる。本当にこの業界は無情の世界。実力があっても、仕事にすぐ繋がる訳ではない。所属事務所の力や運が大きい。

また、オーディションに呼んでもらわなければ実力を示す機会もない。参加できても持ち時間は5分10分だ。その中で力を示すことができずに終わることも多い。そんな環境。僕の映画のオーディションでも選ぶ時間は限られている。費用や会場のことを考えると、そうなってしまう。そこで時間がかけられるワークショップを開催。時間をかければ、短時間のオーディションでは実力を出せない俳優たちでも秘めた力を発揮できるはず。次回作に起用できる人材もいるかも?そんな出会いを期待してワークショップを考えた。

1回目は5時間やったが、それでも実力発揮できない人が多かった。初めての監督。渡されたばかりのシナリオ。緊張もする。いろいろプレシャー。5時間ったが本来の力を示せなかった俳優がほとんどだった。そこで2回目を実施したのだが、前回参加者は3人ーあとの人たち。本当に残念。けど、さらに多くの初参加者。今回もレベルが高く、同じく5時間かけて今回は応用編までやってみた。

皆、苦戦しながらも、いいところまで行ったが「よし!」というところまで行ったのは1人。やはり、5時間かけてもむずかしい。これが舞台演劇なら公演まで1ヶ月以上もみっちり稽古ができるが、映画撮影は現場で1回リハーサルをするだけで、すぐ本番。そこで合格点が取れる演技をしなければ二度と呼ばれることはない。

よくドラマ等で何回も何回も演技をしてNGを出される俳優の場面を見るが、あんなことは実際ほとんどない。日本映画黄金期には俳優を育てるために何度も演じさせることがあったが、今は時間とお金がない。3度4度も演じなければならない俳優はアウトなのだ。

僕の撮影でも3度以上、同じ演技をさせたことはない。ほとんどが1度でOKだし。2度やってダメならもうOKにして、編集で短くする。或はカット。そんな俳優のために現場で時間を使うことはできない。その日取り残しが出れば数百万円の赤字となるのだ。だから実力がある俳優が求められる。ただ、先にも書いたがオーディションは5分10分。その中で力を示すのはむずかしく。長時間のオーディションを実施したのである。

今回の感想だが、実力がある俳優はいる。でも、即戦力は少ない。でも、少しレッスンをしたり、指導を受ければ十分戦力になる人もいる。プロの現場で活躍できる人たちは多くいるということ。なのに、そんな勉強の機会がないようだ。事務所は所属させるだけでレッスンをさせないところが多いし。そんな機会を作る事務所も、俳優にプラスになることをしていないように思える。基礎的な声の出し方。俳優としての考え方等は教えられる。が、ある程度の力がある俳優が勉強できる機会がないのだろう。

もうひとつ感じたのは、演技力ではなく、考え方が分からない人もいるということ。個性とか自分らしさというもの。これはさらに一段上の問題だが、それがなければ俳優業を長く続けることはできない。これは俳優だけでなく、監督業も、作家も、絵描きも、ミュージシャンも同じだ。ここが本当にむずかしい。僕も30代でその壁をどう超えればいいか?悩み足掻いた。長くなるので、別の機会に書くが、その辺を学ぶ機会もないこと。感じた。

次回作「明日にかける橋」に出てもらえる俳優に出会いたくて、開催したワークショップだが、いろいろと感じることがあった。撮影準備がいろいろあるが、できるなら第3回を考えたい。



WS.jpg



nice!(2)  コメント(0)