So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【平成時代が間も無く終わり、全く新しい時代が始まる】                =それは戦後以来の価値観が大転換する激動の時代だろう。 [my opinion]

22528240_1658886434185654_3163098920579541975_n.jpg


【平成時代が間も無く終わり、全く新しい時代が始まる】
               =それは戦後以来の価値観が大転換する激動の時代だろう。

今日で11月が終わる。と言うことは、あと1ヶ月で2018年が、平成時代が終わる。いやはや時代のスピードは本当に早い。

今年1年は「明日にかける橋」の再編集に始まり、東京公開の準備。宣伝。大阪、名古屋。そして地元・静岡県公開のための宣伝活動。地元・磐田市の映画館では9週間と言う大ロングロンとなった。

そのあとは沖縄戦ドキュメンタリーを再開。現在は次の取材準備に追われている。「明日」のタイトルでもある「1989年の想い出」にもあるように、その年は平成元年。その映画が全国公開されたのが、平成最後の年。元年を調べていても、時代が変わる大きな出来事がたくさんあったが、今年も一つの時代が終わることを感じること多かった。

レイモンド・チョウ、江波杏子、樹木希林、バート・レイノルズ、さくらももこ、菅井きん、アレサ・フランクリン、津川雅彦、橋本忍、浅利慶太、加藤剛、桂歌丸、森田童子、朝丘雪路、西城秀樹、木下忠司、井上堯之、ミロス・フォアマン、高畑勲、内田康夫、古賀新一、大杉漣、夏木陽介、星野仙一、真屋順子

昭和、平成を駆け抜けて来た人たちが数多く去っていった。これも一つの時代の終わりを感じさせる。先日から始めたAmazonプライムビデオもそうだが、確実にTSUTAYAだけでなく、レンタルDVDという店舗を消滅させてしまうメディア。それだけでなく、CD、DVDという存在をも無意味にしてしまう。カセットテープと同じように消えて行くことになるだろう。

そしてトランプ旋風は世界を変えている。まだまだ、日本のマスコミは批判しかしておらず、多くの人が安倍と同類だと誤解しているが、彼の登場で世界が変わリつつある。それに対して日本政府は未来に進むのでなく、戦前に戻そうとする時代錯誤。政権は完全に時代に逆行。こちらもTSUTAYA同様に消滅するしかないだろう。新しい時代の波。未来の風。それは全てが素晴らしいものではない。

ただ、言えるのは、それに賛同しようが反対しようが、どうあがいても時代は変わるということだ。次の時代はもはや昭和、平成の延長ではなく、戦後以来の大変革の時代になると思える。その中で日本人は何を考え、どう生きて行くべきなのか? 年老いて錆びてしまった感性のアンテナを磨き、時代の行方を見つめたい。


asahi _edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

精神病のことを書くと、ときどき???なコメントが来る。 [精神病]

IMG_3091.jpeg


精神病のことを書くと、ときどき???なコメントが来る。

一番多いのが、「差別だ!人格否定だ」ーだが、記事にしたのは症状なり原因。経験談等。なのに精神病に触れるだけで「差別だ」と言い出す人がいる。或いは

「全然分かってないですね〜」

と書き込む人もいた。で、プロフィールを見たが、精神科の先生でも専門家でもない。何を基準に「分かってない」というのか?あと、精神病と全然関係ないこと。記事の意図とは違うことを長々と書き込んでくる人。こんなのもあった。

「精神病の原因は心霊現象である」

もう、そんな人は相手にできない。この種のカテゴリーだけでなく、ときどき勘違い、或いはズレたコメントが書き込まれることがある。それに対する反論、賛同。僕が書いた記事の意図は関係のない議論が延々と続いたことがある。次第に熱を帯び、言葉が過激になったり、相手を誹謗中傷するコメントも出てくる。と書くと

「反論が嫌なんだね?」

と言ってくる人もいるが、そうではない。「なるほど!」という意見なら興味を持つが、僕が書いてないことを批判したり、本論とは違うことをあれこれ論じられても敵わないということだ。

それ以降、明らかにズレたコメントが来た場合は警告なしに削除させてもらっている。誹謗中傷でなくても、それはもう記事に対するコメントではなく、関係のない持論を書くのと同じ。

僕のブログは基本、映画の宣伝。関係者へのお知らせ。そして、映画ファン。俳優やスタッフを目指す人たちが業界を知るための記事を掲載している。そんな読者が読んで

「何でこんなコメントが書き込まれているの? 怖!」

と困惑させないことも大事。また、その種のズレたコメントを放置すると、どんどんとズレた方々が書き込みをして来てさらに混乱する。2chではない。そこから、いろいろ問題やトラブルになること。何度も経験している。持論を書くのはご自分のFacebook等で。お願いしたい。ちなみに精神病記事に関しては、以下の理由で書いている。

①僕自身が興味があるので、勉強したことを記事にする。

②自分が精神病と気づいていない人も多い。周りを振り回していることに気づかない。そんな方には治療を受けるきっかに。

③トラブルの相手が患者だと気づかないことで苦しむ人たちに解決の糸口を掴んで欲しいこと。

④マスコミがテレビ等では伝えない精神病の知識を伝えることの大切さ。

それらの意図で書いていることを承知して、お読みいただきたい。大きな事実誤認等を指摘してくれるのはありがたいが、それ以外の反論や意図から外れた批判等は求めていないので、ご理解頂けると助かる。


asahi _edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

議員の原口一博さん。「オプエド」出演「トランプは戦争屋をやっつけている!」 =日本のマスコミが絶対に伝えない事実を伝える? [2018]

47101531_2307184406022517_807695426378530816_n.jpg

【議員の原口一博さん。「トランプは戦争屋をやっつけている!」】

=日本のマスコミが絶対に伝えない事実を伝える?

「ニューズ・オプエド」11月21日配信。国民民主党に所属する衆議院議員・原口一博さんの発言

「トランプさんが今、明らかにしてるのは」「ペンタゴンに登録されていない軍人が5万人。自作自演の戦争をやっている」

「トランプがいまやっつけているのが、その戦争屋」

「3つあって、その2つが中東。1つがアジア」

「それは北朝鮮ではない」

おーーさすがオプエド!

「(日本は)ソ連が崩壊したときの東ドイツにみたいになる。とりあずソ連についていけば何とかなる」

(同じように)「日本のメディアはアメリカの戦争屋に着き従っておけば何とかなる」

「でも、もう戦争屋は(トランプによって)いなくなっているんですよ」

勉強になる!



asahi _edited-1.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

境界性人格障害とは何か? 勉強してみた [境界性パーソナリティ障害]

42743401_2187333761340916_1923200421443141632_o.jpg


境界性人格障害とは何か? 勉強してみた

患者は若い女性に多い。「感動しました!」「あなたのような人は初めてです。素晴らしい!」「応援させてください!」等、絶賛して男性に近づく。メールや電話でアプローチ。短期間で親しい関係になってしまう。ある時期に、人に言えないような辛い話を始める。

「あんたにしか、こんなこと....言えない...」

そのことで男性は感じる。

「いつも明るく元気な子なのに、そんな辛い思いをしていたのか...」

と同情して、恋愛関係に陥る。患者は男性の周りの人たちとも急速に親しくなり、心に入り込んでいく。次第に男性に対する要求がエスカレート。最初は「こんな遅い時間に長電話を聞いてくれてありがとう」と言っていたのが、頻繁に深夜の長電話。職場にも電話。

「今から逢いたい...」

と言ってくる。が、仕事中に会社を抜けて会いにはいけない、断ると

「裏切られた!」「騙された!」「私を利用した!」「許せない!」

と感情的に取り乱し、患者も知る男性の友人たちに

「彼に酷ことされた....悲しい....死んでしまいたい...」

と妄想を交えて訴えて回る。先の過去の辛い話も妄想であることが多い。が、その男性を知る友人たちは患者に同情、彼を批判する。若い女性=患者の発言を信じてしまう。あるいは患者が男性に対して

「今、薬飲んだ。さようなら」

というメールを深夜に送り、駆けつけることになる。が、これも虚偽であることが多い。こうして、男性は患者に逆らうと大変なことになることを痛感。次第に、患者の思う通りに動かされるようになる。当然、仕事や生活に支障を来す。友人関係から信頼を失う。男性は次第に耐え切れなくなり、全てを捨てて逃げ出す。というのが境界性人格障害に取り憑かれた男性の多くに訪れる結末である。

とても病気とは思えない(厳密には病気カテゴリーではなく、障害である)が、悪辣な女性とか、詐欺師とかいうことではなく、それらは病気による症状なのである。患者は40人1人と言われ、実際にそんな事件は多く起こっている。ただ、第三者から見ると痴情の縺れにしか見えず。患者に狙われた男性だけが苦しみ、周りは「酷い男だ」「失望したよ」と批判するばかり。誰も患者であることに気づいかない。

以上をまとめた文献があるので、そこから紹介するーーーーー。

・患者は徹底して被害者を演じます。本当はあなたが被害者であると理解をする人が多数派になるパターンは少ないです。周囲も何かしら被害を受けているなどの条件が必要になります。

・患者はあなたに直接的ないし間接的にダメージを与えてきます。あなたの社会的な信用を貶めようとしたり、あなたの日常生活を破綻させようとしてきます。

・あなたに本気で喰らい下がり、謝罪と罵倒を繰り返します。その中には死を仄めかす内容も混ざります。

・あなたにコンタクトがない場合は、患者の周囲に対してあなたがどれだけ被害を与えたかを、捏造を混じえて吹聴しています。

・時間を置いて、何もなかったかのように或いは些細な喧嘩の後のように、普通の連絡をしてきます。

・何かしらあなたに絡む理由があれば、全て用いてあなたとの接点を復活させようとしてきます。

別の本から、さらなる特徴ーーーーーーーーーーーー

①感情と行動が不安定なことにより、対人関係も悪くなる。原因は、相手に対する強い思い込み。あれほど絶賛していた人を急にこき下ろしたり、反応が両極端になるのも特徴。

②境界性人格障害の人は、処理しきれいない葛藤や衝動、根強い不安を解消するために周囲の人を巻き込んでいこうとする。また、どんな方法を使ってでも周囲の人を引き付けておきたい、自分の思う通りにことを運びたいという気持ちを強く持っている。

③症状として、職場や友人などの人間関係をひっかき回すことが挙げられる。記憶違いや誤解は誰にでもあるが、境界性人格障害の人の話は、全く根も葉もないことがある。信じた人が複数なら、混乱は全体に影響する。

④とにかく安定した人間関係が築けない…。自己の「不安」を解消したいがゆえに、たとえ根も葉もない嘘をついてでも、相手を引きつけておきたい、自分の思うとおりに事を運びたい、となってしまう。

さらに特徴ーーーーーーーーーーーーーー

●患者は、人の良心や甘さにつけいる事がとにかく上手です。

●患者が自身の心を満たさなくてはいけないという理由から、社会性も決して低くありません。社会性が低いとタゲが捕まえられないからです。ですから、患者が被害者にどれほど非道なことをしていたとしても、その他の人の前では非常に評価される行動をとることができます。

●被害者は、いかに第三者に客観的に被害を伝えられるか、そして強く相手と離れたいかを示す覚悟と、時間と、労力を惜しまずに行きましょう。感情的にならず、根気よく対応をすれば、道は開けるかもしれません。

最後に私のまとめーーーーーーーーーーーーーーー

患者は決して悪意を持っているわけではない。ある種の病気。その症状が上記なのである。病気というと熱が出たり、咳が出たりというイメージがあるし、精神病というと「意味不明なことを叫び、暴れる」という間違ったイメージを持つ人が多い。そのために、この種の患者が病気であることが分からないでいる。

患者は結果、相手を苦しめるばかり、相手は誰にも理解されず破滅の道を進む。周りの人たちも当然、悪意がないのに、患者の妄想と反感に振り回されて、責任のない者を攻撃、糾弾してしまう。誰一人として報われない構図となる。これを避けるには精神病とはどんなものか?を知ること。患者に巻き込まれず、相手に病気であることを認識してもらい、治療を受けてもらうことが大事なのだ。

asahi _edited-1.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

境界性人格障害の勉強を始めて3年が経つ? [境界性パーソナリティ障害]

1069260_486775998063376_1461260582_n-4283c.jpg


境界性人格障害の勉強を始めて3年が経つ?

精神病の勉強。第3部がスタートしたのが、ちょうど3年前の今頃。3年前のFacebook記事が出てきて気づいた。「統合失調症(精神分裂病)」「双極性障害(躁鬱病)」に続いて、「境界性人格障害」。いずれも、人間関係で大きなトラブルがあり、原因を探っていくと、相手が精神病であることが分かった。それをきっかに勉強を始めた。

が、その手の話をしてもほとんどの人が精神病に対して間違った先入観を持っていて理解できない、あるいは精神病というだけで耳を塞ごうとした。だが、統合失調症は200人に1人いると言われているし、境界性人格障害は40人に1人と言われる。実際、患者は僕の周りに3人と2人いた。そんな患者たちは往々にして悪意なく、トラブルを起こしてしまう。

「あいつ嫌な奴だな」「あの上司、本当に許せない」「なんで俺が責められなきゃいけないの?」というとき、患者の言動や行動が原因であることがある。でも、まさか精神病とは思わず、トラブルを繰り返す。大事なのはその人が病気だと知り、治療を受けることなのだ。でも、精神病とはどういうものか?を多くの人は知らず、話をすると避けようとはする。

が、最近、突っ込んで話すと、患者の被害に遭った人が数人いた。彼らもまた誰に話しても理解してくれない。それどころか患者ではなく「お前に原因があるのでは?」と言われることが多く、口を閉ざしていたという。

そんな時に3年前の記事が出てきた。ある文献からの引用だが、とても分かりやすいので再掲載している。興味ある方はこの記事の前後にある僕の記事を読んでほしい。


asahi _edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

映画「明日にかける橋」*今後上映予定の劇場です。11月ー12月 [2018]

0315_asu_B5_omote_1.jpg

映画「明日にかける橋」*今後上映予定の劇場です

◉長野県 千石劇場
11/24(土)〜11/30(金)上映中
http://www.sengokugekijyou.com/

◉福岡県 中州大洋劇場
12/7(金)〜
https://www.nakasu-taiyo.co.jp/sp/

※詳細は劇場のH Pをご覧下さい
http://asunikakeruhashi.com

鈴木杏、板尾創路、田中美里、越後はる香、藤田朋子、宝田明。




asahi _edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

【レッテルを貼りに騙されてはいないか?!「非国民」「アカ」=言葉の持つ怖さを考えてみる】 [my opinion]

C2MkbJTUAAAJsPN.jpg


【レッテルを貼りに騙されてはいないか?!「非国民」「アカ」=言葉の持つ怖さを考えてみる】

その昔、共産主義者のことを「アカ」と呼び毛嫌いした時代があった。日本だけでなく、アメリカでもソビエトが掲げる共産主義を危険視し、それを支持する人たちは危険と感じ、避け、嫌い、差別した。その蔑称が「アカ」だった。

同じような言葉に「非国民」というのがある。戦時中、政府や軍に協力的でない国民をそう呼んだ。戦争映画を見ているとよくそんな場面を見かけるが、要は戦争に反対したり、理不尽なことをする軍を批判したりすると、そんなレッテルを貼り、糾弾するための言葉だ。

これらの危険なところは、その事実がなくても、その種のレッテルを貼られることで、多くの人から拒絶され、差別され、攻撃されること。「あいつはアカだ」「非国民だ」そう言われる人を見ると、意味が分からなくても、何かいけないことをしている人たちで、近寄らない方がいい。仲良くしてはいけないと思えてしまう。

実際には違っていても、そう言われることを避けるために誤解される行為をしない。進んでその種の人を批判するという風潮さえ生まれる。言葉というのは恐ろしいもの。例えば、おかしな人がいる。何をしているか分からない。理屈っぽい。過激な考え方。むずかしい本読んでいる。海外の文学に傾倒している。それだけで戦時中は「非国民だ」「アカだ」と言われてしまった。もし、そんな言葉がなかったら、

「あの人は海外の本ばかり読んでいるし、過激な発言多いし、何をしている人だろう? 変わっているね?」

で終わる。でも、「アカ」とか「非国民」という言葉が作られたことで

「きっとあいつはアカだ」「非国民だ」

とよく分からないのにレッテルを貼り批判する。物事をある種の方向に動かし、人々を先導したい人たちにとっては、とても便利な言葉。他と違うことを言う人。個性的な人たちがいると、よく分かっていないのに「アカだ」「非国民だ」と決めつけ差別する。ある種の差別用語であり、言われた人も屈辱だし、周りの人も影響を受ける。自分の目で確かめようとせず、その言葉を鵜呑みにする。

人は詳しい背景を知ろうとしたり、比較、分析したりせず。安易にその種のレッテルを貼りがち。考えることをせずに、決めつけるところがある。戦時中はそこに目をつけて「非国民」と言う言葉を作り、浸透させ、利用したのだろう。

戦時中だけではない。今でも同じだ。アニメが好きと言うだけで「あいつはオタクだ」と決めつけたり、勉強ができないと「落ちこぼれ」と呼ぶ。ネットの世界では、現政権に批判的な人を「反日」と呼び批判、攻撃する。主に「ネトウヨ」と呼ばれる人たちが。

だが、意味を取り違えている。政権=日本ではない。なのに政権批判すると「反日」というのはおかしい。そもそも反日というのは海外で日本を良く思わない国を指す言葉。それを国内で使ってどうする? だが、「非国民」と同じ手法で、政権を批判させないレッテルとして利用しているのだ。

これらが俗にいう「レッテル貼り」だ。単なる言葉であるが、それが大きな効果を発揮する。身近なところで言えば「ストーカー」も同じ。例えば

「あの人。ずっと付きまとっていて困るの」

と言うと、昔なら「よっぽと君のことが好きなんだよ」と言われたかもしれない。それを「あの人。ずっと付きまとっている。ストーカーなの」と言えば「それは怖いな。警察に届けた?」となる。

大ヒットドラマ「101回目のプロポーズ」の武田鉄矢の真似をすると、今ではストーカー扱いされる訳だ。あの時代はそんな言葉はなかった。そんな風に「ストーカー」=「付きまとう異常者」と言う定義ができてしまい。それをレッテルとして貼られると、本当にその人が好きでも異常者扱いされてしまう。レッテル貼りがとても危険だと言うこと、分かってもらえただろう。戦時中は国がそれを利用。「非国民」レッテルを使い、戦争反対を言えない空気を作った。

今また、戦争に向かい進んでいる現政権を支持する人たちは「反日」と言う言葉で、批判を押し込めようとしている。ただ、その政権の総理がやたら

「レッテル貼りはやめてください」

と国会で言うのは、笑えないブラックジョークだ。戦争法を「安保法案」と全く逆のレッテルを貼り、強行裁決をしているのに、野党には「やめてください」と言っているのだ。レッテルに騙されてはいけない。本質を見抜かなければ、とんでもないところに連れて行かれてしまう。


asahi _edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

原発事故を描き大ヒットした映画「朝日のあたる家」がNetflixで配信中! [2018]

IMG_3226.JPG


原発事故を描き大ヒットした映画「朝日のあたる家」がNetflixで配信中!

2013年に多くの映画館から上映拒否を受けながら、

心ある映画館が次々に手を上げてくれて全国23館で公開。

世界7か国で上映。

あの山本太郎も出演し話題になった問題作「朝日のあたる家」

Netflixで配信されています。


46802634_259898338021033_2878665649339498496_n.jpg


nice!(2)  コメント(0) 

【報道は金を払って見る時代。「オプエド」は次世代のニュース番組。今のテレビ報道は広報=それが無料の意味】 [my opinion]

46503950_2287794071294884_5237565136884989952_o.jpg


ネットの報道番組「ニュース・オプエド」忙しくても出来る限り見るようにしている。この番組、地上波では絶対に報じないことも伝えてくれる。伊藤志織さんの事件、オリンピック問題の裏側、安倍火炎瓶事件、他にもテレビや新聞が絶対に触れようとしないことが、今の日本ではいっぱいある。が、「オプエド」は伝える。

「オプエド」はネット番組。毎日、月曜から金曜まで、生放送。頭から1時間ほどは無料で見れる。以前は、生放送に限り、最後まで無料で見れたが、今は1時間を超えると、その部分は有料会員のみしか見られない。そのことを「せこい」「ケチ」と批判する人がいる。また、

「以前は最後まで無料だったのに、残念だなあ」

と思うもいるようだが、ズレているとしか言いようがない。新聞や週刊誌は金を出して買う。それは紙を買うのではなく、情報を買うのだ。そもそも情報は買うもの。ただ、テレビはタダ。二ュースも、バラエティも、映画も、ドラマもタダ。これが全ての弊害を生み、日本人をダメにした。中学時代。同級生が言った。

「映画館で映画を見ると1200円(当時の学生料金)もする。けど、2年くらい待てばテレビで見れるから映画館には行かない」

「映画館で映画を見ているときはいいけど、見終わると1200円も払って何も残らないので損した気がする」

大バカ野郎だ。でも、当時の日本人。いや、今に至るまでテレビによって、「ニュースも娯楽も無料」と日本人は思い込んでしまったのだ。だから、テレビや新聞で知ることのできない情報を発信する「オプエド」を「最後まで無料で見れないのが残念」などと勘違いなことを言い出す。

新聞や週刊誌は金を出して買う。それは紙を買うのではなく、情報を買うのだ。では、なぜ、テレビは無料で見れるのか? コマーシャルがあるから。宣伝された商品を視聴者が買う。その値段にはCMのための料金が含まれている。つまり、テレビも無料ではない。気付かない内に金を取られているのだ。

にも関わらず、僕らは「テレビはタダ」「中立公正」と思い込んでしまった。が、311で気付いた。それまでテレビ報道は原発問題を積極的に取りあげなかった。小さな事故は報じなかった。なぜか? 電力会社はテレビの最大スポンサーだからだ。都合の悪いことは報道しない。

テレビニュースは中立公正ではなく、

スポンサーに都合のいい情報しか流さないメディアだと分かって来た。政府が「放射能は漏れていません」というと、そのまま報じてしまう。それに意義や疑問を持たない。これは報道ではなく、広報だ。郵便ポストによく入っているチラシ。安売りセール。それと同じ。だから、無料。

真実、現実は無料では手に入らない。それだけのリスクを覚悟、取材している訳で、それには膨大な金がかかっている。無料では報道できない。テレビが無料なのはスポンサーの広報メディアだからだ。「テレビが無料なのに、なぜ『オプエド』は有料か?」と批判すること自体がおかしいこと分かってもらえただろう。

テレビの映画劇場だって同じ。

枠に合わせてカットされるシーンがいくつもあり、間にコマーシャルが入り、エンドロールはほとんど流されない。だから、テレビの映画劇場は無料で見れる。映画館は暗闇で集中して、大音響、大画面で見られる。映画自体がお金も時間もかけている。だから有料なのだ。今、テレビ映画劇場の視聴率が悪いのは、いい加減な形で映画を見たくないという人が増えたからだ。

「それならWOWOWでノーカットで見る」

「Amazonプライムで見る!」となってきた。ニュース番組も同じだ。政府とスポンサーのための広報ニュースを無料で見ても意味はない。フェイクニュースは見たくない。だから、有料でも「オプエド」を見ることに意味がある。が、映画にこだわる人は多くなったが、報道に関して有料に抵抗がある人がまだまだ多い。

そもそも政府公報である国営放送(?)が有料というのが間違っている。見たい人からだけ料金を取ればいいのだ。ま、フェイクニュースの権化なので見る価値はないが、未だに地方に行くとありがたがる人は多い。報道だけに関わらず、映画、娯楽、音楽と、料金を払うことでより価値あるものが手に入るのが、これからの時代だ。

水だって、昔はタダ

(本当は水道料金を払っているが)と思っていたが、今は金を出して買う時代。水道水は不純物が入っているし、地域によっては放射性物質が入っている。今も事故った原発からは放射能が出ている。それが風に乗り、各地に運ばれている。当然、水源にも降り注ぐ。だから、飲料水を買う人も増えた。

情報も同じだ。そろそろ気付こう。実はテレビが無料ではないこと。そしスポンサーや政府の広報であるということ。報道も中立公正ではない(それらしい振りはするけど)。映画も、音楽も、報道も、ある程度の金を払うことで本物が得られること。それが分からないと、平成で頭がストップ。次の時代を生きることができない気がしている。


asahi _edited-1.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

僕が監督した映画 「向日葵の丘」「朝日のあたる家」 DVD。京王新線ー幡が谷駅裏のTSUTAYA、でレンタルできます! [2018]

46521223_2293891497351808_6160559883742609408_n.jpg



僕が監督した映画

「向日葵の丘」「朝日のあたる家」

DVD。


46502192_2293891504018474_4495988764933357568_n.jpg

京王新線ー幡が谷駅裏のTSUTAYA、

今でもレンタルできます!‬


46695896_2293891564018468_5770364398413545472_n.jpg





nice!(2)  コメント(0)