So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ボーダーラインと呼ばれる精神病をご存知だろうか? 多くの人が知らない。だから悲しい事件になってしまう。 [境界性パーソナリティ障害]

43172433_2198164496924509_3540851079832928256_n.jpg


ボーダーラインと呼ばれる精神病をご存知だろうか? 多くの人が知らない。だから悲しい事件になってしまう。

「境界性人格障害」は精神病((正確には病気ではない)の一種。患者の多くは若い女性である。悪意があるとか酷いとかではなく、周りを巻き込みトラブルを起こしてしまう行動を取る症状がある。今回はそのことを説明させてもらう。まず、患者はターゲットを見つけると、

「感動しました!」「素晴らしいです!」「応援させてください!」

と近づいて来る。若く可愛い女性にそう言われれば男性は嫌な気がしない。その後、患者は熱烈なアプローチを続け、男性に急接近。Facebook等に「ガンバってください!」「また、お会いするのを楽しみにしていま〜す!」等のコメントが毎日入る。

いつも明るくて元気。患者はさらに、男性の友達関係にもアプローチ。仲良くなる。やがて、患者は男性に対して辛い過去を話し始める。父親にレイプされたとか...

「いつも明るいのに、そんな辛い思いを抱えていたんだ...」

と同情してしまう。あるいは恋に落ちる。

「俺が守ってやろう...」

そうやって男性の心を捉えた頃から、あれこれ要求するようになる。これまでは「深夜に長電話を聞いてくれてありがとう」と言っていたのが、電話を切ろうとすると、感情的になる。仕事の途中に「今から会いたい...」と連絡してくる。断ると、激怒。

「裏切られた!」「許せない!」

患者は男性の友人たちに連絡。

「彼に酷い目にあった。悲しい。もう死にたい」

と言って回る。泣いてみせる。男性は友人たちから批判される。

「お前は酷いぞ!」「彼女に優しくしてやれ」「最低の男だ! 女を泣かすな」

患者からは「私の時間を返せ!」「利用された!」でも、反撃すると思う壺。想像を絶する手段で怒らせようとして来る。取り巻き(手な付けた相手の友人たち)を使い、様々な手で攻撃。誹謗中傷される。

患者にとって「愛される」のも「批判される」のも同じ。自分が注目されることが嬉しい。これでもか!と腹立たしい発言。ネットに悪口を書く。友達に言って回る。次第に耐えられなくなって行くが、やがて患者から

「今、手首を切りました。さようなら....」

というメールが来る。死なれてはかなわない。別れようと思っていても家に駆けつける。芝居のことも多いが、本当に手首を切っていることもある。そうやって男性は患者の要求に逆らえなくなり、取り込まれてしまう。

急に「会いたい!」と言われても会社を抜けてはいけない。終電が終わった深夜にタクシーで駆けつけるのも難しい。でも、言われたことをしないと、また自殺未遂だ。男性は仕事も混乱を来たす。友達にも分かってもらえない。皆、患者の味方だ。世間から見れば酷い彼氏と健気な彼女にしか見えない。逆らうと

「今、薬を飲んだから、さようなら...」

と電話が来る。結局、男は全てを捨てて逃げ出す。仕事も、友人関係も、アパートも。そして全てを失う。患者は新たなターゲットを探す。

これが境界性人格障害の患者の行動パターンである。そんな病気(正確には精神障害)があるとは想像もしなかった。が、実在する。決して珍しい病気ではなく、50人に1人くらいの患者がいると言われている。

何年か前に若手俳優が離婚問題でトラブったが、その妻がこの病気であろうと、専門医は言っていた。だが、ワイドショーでは単なる夫婦の諍いとして報道していた。コメントを聞いても「旦那が浮気でもしてんじゃないの?」というものだった。もし、そんな患者に狙われたらどうすればいいのか?専門医に聞くと

「とにかく関わってはいけません...」

と言われた。物凄く愛があるのなら、病院に行くよう説得するのもいいかもしれない。が、最善の策は少しずつ距離を置き、離れていくこと。どんなに腹立たしくても相手にしない。何より相手は病人なのだ。悪意があるのではなく、それが症状。

でも、患者は自身が病気であることには気づかない。行為を止めることもできない。そして周りの人たちは巻き込まれ、無実の男性を一緒に批判、中傷、村八分にするのである。精神病には様々なタイプがあること。また紹介する。



asahi _edited-1.jpg
nice!(3)  コメント(0)