So-net無料ブログ作成

JAL123便墜落事件の謎?ー「Nスペ」の納得できない結論 [123便事件]

catch51-1024x683.jpg

JAL123便墜落事件の謎?ーある報道番組。納得できない結論

体調悪いので、amazonプライムやNetflixを見ているが、ドラマや映画はやなり集中力が必要。どうしても仕事モードになるので、録り貯めたテレビの録画を見る。

「日航123便墜落事故」のNHKスペシャルを見た。事故から30年。NHKが総力を挙げて取材。初めて分かった事実というオープニング。さすが国営放送(?)だ!と思ったが、結果、機体の発見が事故後16時間かかったという理由は...

①「目撃情報が上に上がらなかった」

②「自衛隊ヘリのパイロットの勘違い」

③「警察上層部の思い込み」

この3点だと結論つける。それを当時の資料、関係者の証言で見せていくのでリアリティと重みはあるのだが、文章にしてみると上の3つ。そんなことで16時間も無駄にして、事故直後なら助かった人が助からなかったという理由なのか?

あまりにも初歩的なミスであり、そんなことで事故機発見が遅れたのか? 警察や自衛隊はそんなに愚かな組織なのか?と感じる。もちろん、当時はGPSもなく、大きな組織でも驚くようなヘマを犯すことはある。三億円犯人が捕まらなかったのも警視庁と神奈川県警の確執が原因と言われる。しかし、上の3つはおかしい。

①「目撃情報が上に上がらなかった」この目撃者には番組がインタビュー。明快に事故現場を指摘している。警察に電話したが、その情報が上にあげられなかったというが、その理由は番組で検証されていない。

③「警察上層部の思い込み」これは事故現場と言われる山を捜索しても期待が見つからないと現場から報告しても、上層部が「そんなはずはない」と捜索を続行させたというもの。現場の報告に対してそんな風に対応するのだろうか?

②「自衛隊ヘリのパイロットの勘違い」これはそのパイロットにインタビューしている。事故現場上空の自衛隊ヘリから、近所の山にいるパトカーの赤いサイレンの方向を確認。それによって事故現場を三角法で割り出すというもの。

それをパイロットは別の山にいるパトカーの光をそれだと確認。間違った場所を導き出したというもの。そのパイロットの証言もおかしい。「別の山にパトカーがたくさんいて、確認のしようがなかった」という。後悔や罪の意識の発言はない。そして彼は何の処分もされていない。

大きな事故なので、日頃の訓練では対応できず、詰まらぬミスをすることもあり得る。だが、上記のミスは少し変だ。①はなぜ、正確な墜落位置が連絡されているのに、それが上に報告されていないか? 番組でも追求していない。②の上層部が取り上げないというのも「上はそう思い込みから抜けられなかった」というだけの説明。

もし、意図的に発見を遅らせたいということがあったとしたら、この2つは上層部が時間稼ぎのために握りつぶしたという解釈もできてしまう。また、番組は「オレンジ色の物体が123便を追っていた」という証言を一切取り上げていない。アメリカ軍に協力要請をしなかったことを取り上げてはいるが、理由は明かさない。機長の残した謎の言葉にも触れない。それらはいろんなメディアがすでに取り上げているが、その番組では紹介しない。

実際、123便墜落にはいろんな説がある。撃墜され、乗せていた重要な物資が回収され、墜落後に生き残った乗客が殺されたという指摘が多くある。が、NHKスペシャルはそれに触れず、否定もしない。ドキュメンタリー作品を作ったばかりなので、特に気になるが、この局の番組は嘘八百ではないが、巧妙に真実を避けて、上辺だけを描くことが多いように思える。

現実感。重厚さがあるので、それが事実と思いがちだが、今回のような検証をすると、追求の甘い構成になっている。問題がありそうなところは深く描かず、それなりの結論にうまく誘導している感が強い。それがこの局の体質なのかもしれない。123便に関しては元日航職員が事件を詳細に調べた本がある。先日からそちらを読み始めているので、また紹介する。

続き=>https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp/2019-04-19-1

asahi _edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「朝日のあたる家」で原発事故を描いた太田監督の最新作は「ドキュメンタリー沖縄戦」=監督日記は好評連載中! [2019]

沖縄戦V.jpg

●「ドキュメンタリー沖縄戦」監督日記

「朝日のがあたる家」で原発事故の悲劇を描いた太田隆文監督の最新作。

今回はドキュメンタリー映画。

50878333_2435526859854937_2037024472195661824_n.jpg

沖縄取材、沖縄戦勉強から、編集、

この後は試写会、公開まで経過を詳しくレポートします。

沖縄問題、戦争のこと

日本が抱える問題。監督が考えるあれこれを綴ります。

こちらで=>https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

50924374_2437900409617582_4821826982830407680_n.jpg

51335002_2446357638771859_8369976586488774656_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

太田監督の映画製作日記ーバックナンバーが読めます!三つのブログ [2019]

IMG_2081.jpg


太田監督日記ーバックナンバーのお知らせ

毎日アップしている記事。バックナンバーがブログで読めます。カテゴリー別に分けてあり、検索もできるので便利です。作品ごとになっていて、

●「明日にかける橋」監督日記

企画時からキャスティング、撮影、編集、完成披露試写会、宣伝、全公開、地元公開、そして今週末のアンコール上映まで。その先もお知らせがあるごとに更新します。現在、So-netブログ映画部門で10位。

https://cinematic-arts.blog.so-net.ne.jp

●「朝日のあたる家」監督日記

こちらも企画時から撮影、公開、DVD発売。その後の展開。最近は社会派の記事は全部、こちらにアップ。安倍内閣、トランプ、原発問題、さらには精神病、アッキード事件、ディープステイトの件まで。「朝日」路線の硬派記事を多く掲載。現在、So-netブログ映画部門で16位。

https://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp

●「ドキュメンタリー沖縄戦」監督日記

これが最新作。春完成予定のドキュメンタリー映画。沖縄取材、沖縄戦勉強から、編集、この後は試写会、公開まで経過を詳しくレポートします。沖縄問題、戦争のことも綴ります。

https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

ジャンルを選んでクリックすれば、その記事がズラーと出ます。映画界で仕事したい方。監督になりたい。俳優になりたい。スタッフをやりたい。という人も、現場の様子、作業の流れがよく分かる記事がいっぱい。

映画ファンの方も映画サイトでは伝えない、過酷な現実も掲載しています。もちろん、舞台裏も詳しく書いているので、映画が2倍楽しくなるはず。興味ある方は是非是非、お読みください。



0315_asu_B5_omote_1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

明日にかける橋ーある映画祭で招待作品に!この夏、上映。 [2019]

DkeMfMKUwAA-edD.jpg

明日にかける橋ーある映画祭で招待作品に!この夏、上映。

映画祭上映というのは通常、映画館公開前だが、ある種のイベントとして話題の映画を上映するという形もある。そんなある映画祭から僕が監督した映画「明日にかける橋」の上映依頼があった。僕とある俳優さんも2人ゲストで来て欲しいという話もある。

これは嬉しい! その町の近辺では「明日」の映画館公開がなかったので、その地区の皆様には初お披露目でもある。テレビドラマは1度放送したら終わりだが、映画はこのようにあとあとまで、いろんな形で見てもらえるので、ありがたい。

映画を観てもらえると同時にロケ地である静岡県の袋井、磐田、森という素敵な町を映画祭が行われる町の方々に知ってもらえる機会でもある。映画を作った市民の皆さんの思い、まだまだ広がっている。映画祭は夏とのこと。場所や日時は情報解禁になったらお伝えする。


 dvd   pakeage.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画