So-net無料ブログ作成

戦争法案に反対しない日本人が多い背景=観光でLA、危険な場所で財布からキャッシュ!安全は当然?! [my opinion]

59423087_2641528475921440_4739966542551187456_n.jpg

戦争法案に反対しない日本人が多い背景=危険を察知できない人たち?

アメリカ留学をしている時、何人もの友人が訪ねて来た。街の案内をしたり、通訳をしたり、そんな中でいかに日本人は危機意識がないか?痛感することが何度もあった。ご存知の通りロスアンゼルスは犯罪都市。日常に危険が溢れている。それは映画でも紹介されているし、ガイドブックにも書いてある。にも関わらず多くの友人たちは東京にいるのと変わりない気分で旅行していた。

私を狙って下さい!

といわんがばかりの行動。人混みの中、周りを気にせず高価なカメラで撮影する。レジで財布から多くのドルを出して、数えて渡す(映画「グリーンブック」でもそれで怖い目をする場面があった)。カフェでカバンを席に置いて料理を取りに行く。車に乗ってもドアをロックしない。いずれも非常に危険な行為。

僕は長年LAに住むことで、それらの危険性を覚えた訳ではない。日本にいる時から、聞こえて来た情報。映画から学んだことが多い。実際、LAに来てみると、それらの注意が必要なことを痛感。日本と違い、明らかに貧しい人たちが多い。日本人は皆、金持ちだと思われている。小柄で弱そうな日本人は格好のターゲット。

日本人はセカンドバッグを持って歩く(LAではカバン類はほとんど持たない)「狙って下さい!」とアピールしているようなもの。なぜ、彼ら彼女らは「ここは日本ではない。LAなんだ」と言う意識がなかったのだろう?

日本にいても情報はある。

出発前に経験者から注意を受けたと言う大学生たちもいた。にも関わらずセカンドバッグをテーブルに置いてハンバーガーを買いに行く、人前で財布を開いてドル札を数える。僕が注意すると「うるさいなあ〜」と言う表情。一度、怖い目に遭えばいいのだが、LAでは下手すると殺されるかもしれない。

うるさく言うことで、危険な目に遭わず帰国するのだが、お陰で怖い目に遭うことがなかったという感謝はなく、うるさく言われたという記憶しかないようだった。留学生でもLAに来たばかりの若い連中は、あえて危険なエリアに行こうとする。肝試し感覚。が、それは勇気ではなく、無謀なだけだ。サファリーパークのバスを平原で降りるのと同じ。勇気ではなくバカ。

想像力がない。危険なエリアには日本人が行くだけで目立つ。必ず狙われる。殺されるかもしれない。金を取られるだけでは済まない。相手は銃を持っている可能性もある。そんな計画をするのは、リアリティがないから。まさか、殺されることはないだろうと考える。

旅行に来た友人たちも同じ。

知識としては危険なことを知っているが、経験がない。犯罪は映画でしか見たことがない。現実に起こり得ることなのに、映画の世界だと考える。長年、安全な日本で生活していて、その習慣から離れられない。つまり、情報は持っているが、それが現実のこととは思えず、いつもの日常を繰り返してしまう。だが、実際に犯罪に遭えばこういうだろう。

「何で私がこんな目に遭わなければならないの! こんなことになるとは思わなかった!」

同じことは今の日本にも言える。集団的自衛権、特定秘密保護法、共謀罪、日本が戦争ができる国になるための法案が、次々に強行採決されている。が、多くは会社や学校に通い、飲み会をして、デートして、美味しいものを食べて、テレビを見て、お笑い番組で笑い、国会よりも明日着て行く服を心配する。

LAに来た友達は同じだ。身近な危険を全く想像しない。リアリティを持てない。日本が戦争するなんて思えない。だって、70年も戦争してない。戦争は映画やテレビの中でしか見ない。バカな留学生が危険な地区に行きたがるように「戦争始まったら行ってみたい」という輩も出てくるだろう。だが、戦争が始まり、徴兵制が敷かれ、多くの日本人が戦場で死ぬと、こういうだろう。

「何で私がこんな目に遭わなければならないの!こんなことになるとは思わなかった!」

戦争は映画の中のことと思い込む、想像力の欠如した人たち。いつもの日常が延々と続くと思っている人たちがとても多い。それが戦争法案を可決させても政権の支持率が落ちない背景なのだろう。



asahi _edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画