So-net無料ブログ作成

日本のテレビ報道はなぜ大本営発表になってしまったのか?=その背景はもちろんあの人たちの圧力? [my opinion]

60290175_2655687321172222_3729120327007993856_n.jpg

日本のテレビ報道はなぜ大本営発表になってしまったのか?=その背景はもちろんあの人たちの圧力。

日本のテレビが今、伝えているのはこれ

「日本は依然と何も変わっていませんよ〜。アベノミクス効果で景気は回復中。世界に愛される国ですよお」

と思えることばかり。詳しくは前回書いた。目の前の問題は無視。日本のイメージが良くなるニュースのみを報道。

だが、すでに日本は三流の後進国になっている。給与もアルバイト料もアジア内でもかなり低いことも伝えない。人件費を抑えるから物価が安い。それで海外から観光客が来るのに「日本は世界から愛されているから」と思わせる放送が多い。

まるで大本営発表。負け続きの戦争なのに、勝ち続けているという報道を当時のマスコミはしていた。NHKも、朝日新聞も、軍に言われるまま嘘を垂れ流していた。なぜか? 戦争を続けたいから。負け続きなら、次第に国民の不信感が増し、反対の声も上がる。そのために嘘で国民を高揚させ協力させていた。

今も同じだ。「日本は以前と何も変わっていませんよ〜。アベノミクス効果で景気は回復中」と思える報道、放送をするのは、その真逆が現実だからだ。

「日本は昔と違って大変ですよ〜。もう経済大国ではありません。アベノミクスは全く効果なく、むしろ景気低迷を促進。日本を破壊していまーす!」

それが現実。そうなると

「政府なんとかしろ!」「安倍、責任とれ」「アベ、辞めろ」

ということになる。実際、それに気づいている人たちはすでにデモしたり、大批判をしている。が、そのデモをマスコミは報じない。テレビに出る人たちも番組で批判しない。だから本当のことが伝わらない。本当のことがバレると政権が崩壊する。「それはまずい!もっと政権を続けたい!」あの頃、戦争を続けたかったように。そう思う人たちがいる。だから、嘘を伝え続ける。多くの人が「景気回復してるんだなあ。日本は大丈夫だ」と思ってしまう。

「アベさん。頑張ってんだなあ〜」

と考えて、選挙でまたあの党に投票。多くは必要ない。有権者の20%ほどが投票すれば勝てるのだ。その20%を騙し続ければ政権を維持できる。それが現代の大本営発表の目的なのだ。

流石に、戦時中と違い、ラジオと新聞だけではないので、真実はあちこちで伝わっていく。あれから70年ほど。テクノロジーの進歩は目覚ましい。それでも政府がその気になれば、ここまで情報統制ができることに恐怖を感じる。

あれほど政府批判を続けたA局でさえ、骨のあるキャスターやコメンテーターは次々に降板させ、今は広報だ。戦時中の新聞社と同じ。ただ、それでもネットというものが、現実を伝えている。もちろん、そこでも事実を潰すための力が介入してはいるが、ゼロにはできていない。

そこから現実を見つめ、今、日本がどうなっているのか?を知り、対応していくしかない。まずは、テレビが真実を伝えなくなり、大本営発表になった背景は「失敗続きの政権がそのことを隠すことで、この先も政府中枢に居座りたいから」では、なぜ、居座りたいのか? あの人が多くの国民を犠牲にしてでもやり遂げたいことがあるからだろう。これは改めて書く。


asahi _edited-1.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画