So-net無料ブログ作成

「沖縄の基地問題」は「原発問題」と同じ構図。本当は儲かる企業があるから、止められない? [沖縄問題]

60574656_2665873273486960_1993755309503414272_n.jpg

「沖縄の基地問題」は「原発問題」と同じ構図。本当は儲かる企業があるから、止められない?

昨日書いた「沖縄基地問題」の記事。凄い反響で、100近い「いいね」を頂いた。が、あれはスクープでも何でもなく、マスコミの多くは知っている事実。

その記事>https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp/2019-05-11-4

だが、決して報道されない。ただ、そのことを伝える本は結構ある。矢部さんの「基地と原発はなぜなくならないか?」屋良ともひろさんの本等にも書かれている。その指摘を知った時、思い出したのが原発の構図と酷似していることだ。原発はもともと

「日本は資源が少ない。だから、安くて安全な電力が必要」

と言って原子力発電を推進して来た。が、311以降に

「電力は足りている。原発は高くつく!」

と言うことがバレてしまった。なのに推進を続ける。おかしな話だ!本当の目的は別のところにあるのだ。そもそもは

「いつでも原爆が作れるようにプルトニュウムを確保するため」

それで中曽根康弘らが推進した。が、その目的は少しずつ変わって行き、今は原発を進めることで儲かる企業があるからだ。それが原発ムラと言われる会社や政治家たちだ。

49077051_2365391983535092_3450355075229155328_n.jpg

国策として原発を進めることで、大儲けできる。だから、危険でも無意味でも事故が起こり大きな被害が出たのに推進するのだ。この辺はもう多くの方がご存知だろう。沖縄の基地問題も同じ。原発を

「資源がない日本は安全で安い電力が必要」

と言う嘘の理由で進めたように、基地問題も

「中国や北朝鮮が責めて来れないための抑止力」

と事実ではないことを掲げているのだ。

「原発ないと電気足りないし、経済が発展できないから、仕方ないよなあ」

と言う事実ではないことで多くの国民を納得させたように、基地問題も

「中国が攻めてくるかもしれないから、沖縄の人は気の毒だけど米軍基地は必要だよなあ」

と思わせているのだ。実際、米軍基地は抑止力になっておらず、米軍も居座りたい訳ではないが、既得権益があり大儲けできる日本の会社や政治家たちが、必死で引き止めているのが事実なのだろう。

そのことを沖縄で聞き、もちろん、それを鵜呑みにせず、様々な裏を取るべく、書籍も調べた。が、正解のようだ。この件はまた記事にする。



asahi _edited-1.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

あの人はなぜ暴走するのか? 彼の過去に答えを探す? [読書]

60008613_2669055973168690_3278195782229950464_n.jpg

あの人はなぜ、あの人は暴走するのか? 彼の過去に答えを探す?

この本を読み終わる。3代=3人とも政治家。1代目・安倍寛(岸信介は母方の祖父。)は特攻隊に志願、生き残り、戦争の悲惨さを訴えた。2代目も戦争には反対。在日の人たちと交流が多く、彼らを応援した。祖父、父の記述は「偉人物語」だ。

なのになぜ3代目が戦争を求め、韓国朝鮮を毛嫌いするのか?そんな晋三の学生時代を知る人たちの証言が続く。家庭教師だった現・国会議員の平沢勝栄のインタビューを含め、多くが

「秀でもいないが、特にダメでもない目立たない人」

印象が薄く、覚えていないという恩師や同級生も多い。そして興味深いのは

「将来は映画監督になりたかった」

ということ。映画が好きでアクションものやサスペンスもののレンタルビデオを借りて来て母とよく見ていたという。

「このシーンは僕ならこう撮るな!」

とかビデオを見ながら話をしていたという。彼は小学校から一環教育の成蹊大学。学歴にコンプレックスありか?祖父も父も、母方の祖父(岸信介)も東大だ。しかし、同級生の証言からは猛勉強して受験しようとしたという証言はない。政治について議論したり熱く語ることもなかったという。ただ、少年時代から祖父(岸信介)は尊敬していたとの証言は多い。その後、留学、就職。元・上司は当時をこう語る。

「要領が良くて、腰も軽かったから職場にも馴染んだし、一生懸命やる子だったから、みんなに好かれていましたよ。まったく普通の子。エバる訳でもないし敵を作らない」

予想よりは高評価だが、これでは世渡りのうまいサラリーマンであり、野望ある政治家になるタイプとは思えない。ヒットラーは青年時代のコンプレックスが、暴走の背景とよく言われる。麻原彰晃も学歴や政治に対する「恨み」と「羨望」を持つに至る経験がある。が、これら証言を読むとそれはない。

その後、父(晋太郎)から言われて議員秘書になる。政界入りだ。なぜ、彼がその後、右傾化し、戦争法案を強硬に採決したか? 等の背景がここまでに全く見られないと本書も指摘する。ただ、その要素はいくつか挙げている。面白いのが妻・安倍明恵の証言だ。

「主人は元々は映画監督になりたかった人。だから、内閣総理大臣という役を演じているようなところがあるのかなあと思えます」

著者・青木理(モーニングショーのコメンテーターでおなじみ)はこう指摘する。そうやって演じることで

「祖父や周辺から喜ばれる。その程度の空虚な核しか持たないのではないか?」

大学時代、晋三に政治学を彼に教えた恩師も、今の彼を見て勉強不足が過ぎるという。憲法とは何かすら理解していないと指摘。青木もこうまとめる。

「いくら祖父・岸信介を尊敬し、それを手本としても実態は相当に程度の低いカーボンコピーである」

結局、本書ではいくつかのヒントは上がったが、今のような暴走総理になった直接的な理由は分からずに完結する。もしかしたら、答えは分かっているが、ヤバ過ぎて描けないもかもしれない? だが、上がったヒントの先にあるものを指摘をしている人がいる。あの古賀茂明さんだ。そのことはまた別の機会に考えたい。


asahi _edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画