So-net無料ブログ作成

日本人は考える力がない!⑦ =「教育」と「習慣」で仕事ができる田舎者になる? [my opinion]

10614252_716399628434344_4341808076062053210_n.jpg

日本人は考える力がない!⑦
=「教育」と「習慣」で仕事ができる田舎者に?

日本人は考える力がない話。何本か書いた。先にムラ社会ルールの記事を書いたこと。覚えているだろうか? その2つが密接に関係していること説明する。それが日本人を最悪の状況に陥れているのだ。まず、ムラ社会ルールをもう一度紹介。

プラスして日本人は「考える力」を育てる教育を受けておらず、「与えられたことを疑わずに確実にこなす」訓練を10年も行ってきた。それをに上のルールが加わるとこうなる。 

①「トラブルが起こっても、見て見ぬふりをする。何事もなかった顔をする」

=そもそも、日本人はトラブルの原因を見抜くための「考える力」が弱い。原因が何であれトラブルがあれば見て見ぬ振りをしてしまう。

②「問題を起こした責任者を追求しない」

=日本人は責任者が誰であるか?突き止める能力が弱い。だから、追求もできない。

③「被害に遭った人が責任者を責めると、みんなで被害者を叩き、トラブルには触れず、無かったことにする」

=見ないようにするので誰が悪いのか?分からないが、誰かがバツシングを始めると乗り遅れないように一緒に叩く。ま、イジメと同じ。参加すれば自分はイジメられない。

④「トラブルを避け、問題を起こさないこと。人と違うことをしない。新しいことを受け入れず、協調を大事にする」

=元々、自分の意見を持つ教育を受けてないので自分なりの考えはない。だから、皆が言うことに合わせて置こうとする。自然に皆と協調できる。

⑤「実質的なメリット。街全体のプラスより、個人のメンツや付き合い平穏を大切にする」

=与えられたことを疑わず、従う教育を受けているので、みんなが言えばそれに従う。教育で上に向かい文句を言わない体質も形成されている。村の年配者に逆らうことはない。

全て合致するでしょう? つまり、日本の教育はムラ社会ルールという昔からある悪しき習慣と、とっても似ている。小さな村で穏便に生活するための知恵(?)と、日本という狭い国で問題を起こさずに生活するルールがほぼ同じ。

さらに国が戦後進めて来た教育もそれに符合する。教育が効果を上げるのは当然なのだ。その両方に都合がいいのは支配者たち。文句を言わない。不正があっても不満を言わない。ただ、大人しく与えられた仕事をする。酷い目に遭っても泣き寝入り。責任を追及すれば皆で叩く。まさに日本という国がよく分かるルールだ。

しかし、現代ではムラ社会ルールも都会では通用しない側面が強い。長年同じ町に住んでいる人ばかりではないので、それに従う必要がない人がたくさんいるからだ。近所との交流を絶っても都会では問題ない。同じように現代では日本村だけでは生きていけない。多くの国と貿易し交流が必要。となると日本ルールが通用しない。

同時に、日本の教育を受けた者では世界を相手に出来ない。単なるサラリーマン・ロボットであり言われてことしかできないからだ。海外から言われたことをしているだけでは、国は衰退する。つまり、今の日本に必要なのは新しい教育なのだ。世界に対して意見が言える。反論ができる。ビジョンを持てる。それを説明し説得できる能力がある人を育てること。

それができていないことが日本衰退の最大の原因。でも、今から始めてもそんな子供が成人するのは20年後だ。悲しい話である。



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

考える力のない日本人!⑥=日本はタイタニック号。沈没することにまだ気づかない人たち? [日本の教育]

11233996_872381662836139_6561096365316143604_n.jpg

考える力のない日本人!⑥
=日本はタイタニック号。沈没することにまだ気づかない人たち?

「与えられたことを確実にこなす能力」

それを育てる日本の教育。物事を考えたり、分析したり、その意味を考える力を育てる教育はしていない。自分の意見を伝えるという訓練もしない。その結果、上には逆らわず、意見も言わず、与えられた仕事を確実にこなす=優秀なサラリーマン・ロボットの大量生産に日本は成功した。

経済的に世界のトップクラスになった上に、支配者階級がコントロールしやすい。逆らわない。何もしても暴動を起こさない。それ以前に問題にも気づかない。「3S政策」も実施。「スポーツ、セックス、ソング」教育の行き届いた国民は政治よりも、そちらに強い関心を持つ。ところがバブル崩壊、リーマンショックで支配者階層の方針では新しい時代を進めなくなってきた。

「日本の原発は安全です」

とアピールしていたのに原発事故が起こってしまう。そこから破綻が始まる。従順なはずの国民が疑問を持った。

「放射能ヤバイよね?」「爆発で拡散したんじゃない」

「政府隠してんじゃない?」

「直ちに危険はないって、あとで危険ということ?」

皆、答えを探して勉強を始めた。政府や企業を疑い始めた。原発反対デモが起こる。官邸前に多くの人が抗議のために集まる。これまでになかったことだ。調べると、原発だけではない。政府や企業はいろんなことを隠していた。都合の悪いことを伝えなかった。それは今に始まったことではなかった。

多くの国民が目覚め、疑問を持ち、不満を訴えるようになった。が、支配者たちもバカではない。思想操作を続けた。

「原発事故は収束」「汚染水はコントロール」

「景気はよくなりました」「日本は戦争をしません」

と嘘を並べて何も問題がないことをアピール。「考える力」の育っていない多くは「もう大丈夫。原発問題は終わった。福島も安全だ」そう納得して、以前の生活に戻る。

「オリンピックをしましょう!」「海外からの旅行者数が記録的です」

「アメリカとは意見が完全一致しています」「消費税は延期します」

そんな言葉でさらに騙される。実情は金持ち優遇、多くの国民を切り捨ての政策だ。しかし、原発事故で目覚めた人たちの一部は、それを見抜いている。まだまだ数は圧倒的ではないが、もう騙されない。情報発信を始めた。が、それが知れると困る人たちがいるので、マスコミを抑え込み、フェイクニュースを連発。真実は報道させない。

もし、テレビを通して本当のことを発信すれば、あっという間に日本は変わるだろう。多くがまだテレビを信じているから。考える力がないから、テレビの言葉を鵜呑みする。それはマズイ!だから、テレビ局を押さえ込んで本当のことを言わないようにさせる。

日本丸は悲劇の豪華客船タイタニック号のように間も無く沈む。それに気づき、航路を変えることが大事。でも、愚かな支配層は自分たちだけ助かろうとしている。そしてもっと愚かな乗客はそのことにまだ気づかず、危機を叫ぶ人たちを批判する。

「あいつらヘンだよな」「工作員じゃないの?」

「この船が沈む訳ないだろ?」「日本人じゃないな!」

そして与えられた仕事を従順にこなしている。それが今の日本なのだ。



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本人は考える力がない!⑤=自分の意見がない。意見を言えない。言わない? [日本の教育]

10891577_761839313890375_1313132478889368584_n.jpg

日本人は考える力がない!⑤
=自分の意見がない。意見を言えない。言わない?

アメリカの学校ではディベートというクラスがある。あるテーマについて議論するのだが、もちろん日本にはない。というより、日本の教育で「意見」をいうことは非常に少ない。決められた答えにたどり着くことが大事であり、どう解釈したか? 自分はどう感じたか?はほとんど問われない。

そのせいなのか? 同世代が大学生になっても自分なりの意見を言える者は少なかった。映画を見ても

「面白かった」
「どこが?」
「最後のシーンが泣けた」
「どうして?」
「なんか、感動した...」

てな感想しか言えない。テレビ番組を見ても

「のりお。ホント馬鹿だね」

「たけし、めっちゃ笑える!」

みたいなことしか言えない。サラリーマンになっても

「安倍は本当にダメだね」
「どうすればいいと思う?」
「まあ、俺が何言っても無駄だからなあ〜」

感じることはあるようだが、具体的なことは言えない。自分の気持ちも伝えられない。理由を考えようとしない。無駄だと言って考えるのをやめる。高校時代の友人、その後の友人、皆、それなりの大学を出ているし、高校時代は僕より成績がいい奴ばかり。なのに言葉にできない。

これこそが日本の教育の成果なのだ。

自分の意見を言う。考える力を測る授業はない。だから、その種の力が育っていないのだ。意見を持たない。不満でも黙り込む。理由を言わない。考えない。

上からの指示が理不尽でも、拒否せず、疑わず、文句を言わず、与えられた方法でこなそうとする。働きアリのような存在を育ててきたのだ。だから、親しい者同士では不満を言うが、会社に対して、国に対しては想いを伝えない。決められたことに従う。集団的自衛権でも、秘密保護法でも、安保法案でも同じ。それも教育の賜物。大人しく従う。

でも、それが経済大国になった原動力だ。

指示した方向が正解だったから経済大国。それがこの20年、間違った方向に指示したから経済破綻。考えない働きアリさんはどちらでも大人しく、全力で働く。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本人は考える力がない!④=デマを信じる人たち。疑わずにすぐリツイート。愚かな指導者と愚かな国民。 [日本の教育]

11960194_895873773820261_8164122330969344272_n.jpg

日本人は考える力がない!④
=デマを信じる人たち。疑わずにすぐリツイート。愚かな指導者と愚かな国民。

「マジ? 拡散しなきゃ!」

とすぐにリツイートする人。結構、多い。その情報が本当なのか?デマなのか?考えずに、鵜呑みにする。それも日本の教育による弊害だろう。与えられたことを疑わない。それが教師、上司、マスコミの場合は特に信じてしまう。ネットも同じ、メディアというと疑わない人が多い。

123便の記事でも書いたが、真実を見分ける方法がある。誰が書いたか? ニュースソースは何か? 裏付けはあるか? 整合性はあるか? デマだとしたら理由は何か? これだけでもかなりのことが分かる。が、友人ですぐにデマを信じる奴がいる。

「芸能人の***が前科あるらしいっすよ〜」

「どこで聞いたの?」

「それは問題じゃなくて、あの俳優は前科者ですよ〜」

1番の問題は=どこで聞いた=なのだ! そのアカウントの主はなぜ、その事実を知り得たか? それを知り得る立場にいたのか? それを吟味せずに鵜呑みにして騒ぐ。先日もこんなツイートを見た。

「政治家の***さんは客寄せパンダなんです。昔から私は知っていました。全部、パフォーマンスです。信じてはいけません」

アカウント名はもちろんハンドルネーム。経歴も居住地、年齢も分からない。その政治家を実際に知っているのか? その情報をどうやって知ったのか? は書かれていない。客寄せパンダって、何のため客寄せなのか? 裏を知ったようなことを書いているが、根拠が全くない。にも関わらず、コメントを見ると

「やっぱりそうなんですね!」

「私もそうだと思ってました」

「これからは注意しよう」

「もう応援しない!」

なんてコメントが並んでいる。本当に騙されやすい人たちが多い。これも同じだ。「考える力」が育まれてないから情報をすぐに信じてしまう。だから

「次も自民圧勝らしいね?」

「やっぱそうだよなあ。投票しても無駄だなあ」

簡単に棄権してしまう。フェイクニュース一つでこれだ。考える力のない人たちをコントロールするのはとても簡単。

「中国が攻めてくるぞー」

で、軍事費を上げても反対なし? 新しい基地も作れる。それで儲ける人たちがいる。優秀な会社員を大量に育てようとした日本の教育は、同時にそんな操るのが簡単な国民を育てていたのである。

ただ、支配する側も「考える力」がない。だから不況を打開できない。国民はすぐ騙され、愚かな指導者を支持し続ける。その無能な両者の関係が失われた20年の背景ではないだろうか?



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本人は考える力がない!③=コントロールしやすい人材を育成。簡単にいうと奴隷だね? [日本の教育]

49077051_2365391983535092_3450355075229155328_n.jpg

日本人は考える力がない!③
=コントロールしやすい人材を育成。簡単にいうと奴隷だね?

東大卒にも「考える力」がない人たちが多いという話を書いた。

「やっぱ、東大を出るような奴はダメなんだな」

と安易に思うのは間違い。彼らは日本の教育で鍛えられた

「与えられたことを確実にこなす」

という能力は非常に高い。つまり、それ以外の大学で学んだ人たちは、同能力については彼らほど高くないということ。さらに、その他の能力も東大同様に、日本の教育では育てていないことを忘れてはいけない。

ほとんどの日本人が「与えられたことを確実にやる」という能力が大なり小なりあるだけ。「考える力」は育まれず、それを伸ばす訓練を学校教育の中では受けていない。だから、多くの人が政府発表やマスコミ報道を鵜呑みにし、疑うことを知らない。

311まで「日本の原発は安全です」と言われれば、多くがそれを信じていた。そして

「原発事故はもう収束しました」

「汚染水はコントロールされています」

とあり得ないことを総理が発表しても、多くの国民が信じてしまう。

「皆、福島に戻れてよかったね〜」

と喜び、線量の高い地域に戻されたことに疑問を持たない。

「食べて応援!」

と、大幅に引き上げられた基準値以下だからと、食品(昔なら放射性廃棄物)を自ら買って食べてしまう。

「中国が攻めてくるから沖縄に基地が必要!」

と言われれば「沖縄の人。気の毒だけど仕方ないよね」と納得する。これらは全て「考える力」の弱い日本人をうまく利用したやり方だ。学校で先生に教わった通りの公式で問題を解く。教えられた英文法で英訳する。その指示に疑問は持たない。

教えられたことをしっかりと暗記し把握する。10年に及ぶ教育=洗脳作業といってもいい訓練で、それらを擦りこまれた日本人は、上からの指示に疑問は持たない。素直に従う。政府、会社、テレビ、新聞、全て受け入れる。

NHKニュースが報じれば真実だと思い、政府が発表した数字は全て事実だと受け止める。例え

「日本の政治はおかしい...」

と感じても

「どうせ俺なんかが言っても、変わらない...」

と諦める。つまり、与えられたことを確実にこなす優秀な人材を育てると当時に、命令に逆らわない、疑問を持たない、自分で考えない、支配者にとって、とても便利な人材=言い換えれば「奴隷」とも言える存在を育てているのが日本の教育なのだ。それが311を境に

「あれ?」「何で?」

「原発は安全じゃなかったのあ?」「爆発したよね?」

考える力があまりなくても、さすが気づく国民が出てきた。それは原発だけでないことを分かって来たのだ.....。

(つづく)


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本人は考える力がない!②=高学歴の人ほど騙されやすいって本当? [日本の教育]

11990412_897572333650405_5588077926711368956_n.jpg

日本人は考える力がない!②
=高学歴の人ほど騙されやすいって本当?

「戦争するしかないでしょう!」

発言で話題になった丸山議員。彼もまた東大経済学部出身で、経産省で働き、その後、議員となった。酔っていたとは言え「戦争するしかない」と言ってしまう背景は何か?

東大出身なのだから「戦争」発言をすればとんでもないことになるのはすぐに分かる。ま、それは酔っていたからとしよう。ただ、酔っぱらった時に出るのは本音であることがほとんど。では、なぜ、彼は「戦争をするしかない」と思っていたのか?

1984年生まれの35歳。戦争を知らない子供の1人だ。どこから戦争という発想が出てきたのか? 戦争映画で憧れた?  小林よしのりの「戦争論」読んだ? 軍事オタク? いやいや石破とは違うだろう。彼の所属する組織を考える。そこが迎合する党は? 戦争したい人たちがたくさんいるところだ。その党に擦り寄る彼の所属団体も同様に違いない。そんな先輩たちに話を聞かされ「戦争するしかない」と日頃から言われていたら? 

「東大出身でバカではないのだから、それはダメだろう?と考えるんじゃない?」

いやいや逆なのだ。前回も書いたが日本の教育は

「与えられたことを疑わずに受け入れ、指示された方法でそれを確実にこなす」

というもの。国語、数学、理科、社会、英語。僕の学生時代前から今に至るまで「考える」は少々。むしろ

「考えず、疑わず、指示されたことを確実にやれ」

という訓練。その最高峰である東大で学んでいれば、より与えられたことに疑問を持たず、素直に受け入れて、確実にこなすことをするだろう。丸山議員はまさにそれを実践したのだ。先輩たちに教えられた「戦争するしかない」論を主張してしまった。ここから彼の所属する組織の思惑が見えるだけでなく、日本の教育が高学歴者にも染み付き、行動を支配しているかも分かる。

彼が特別という訳ではない。オウム真理教の幹部たちも皆、高学歴だった。にも関わらず、サリン、VXガスを製造。尊師・麻原の命令で大量殺人まで計画、実行した。「一流大学を出ている人たちがなぜ?」当時も話題になったが、背景は丸山議員と同じだろう。高学歴の者ほど、「与えられたことを疑わず、それを確実にこなす」という教育が行き届いているから。

こうして考えると、やはり日本の教育は命令に従う優秀なロボットを育てて来たことが分かる。その指示が間違うと大変なことになる。そして、今の時代に合った指示ができる者がいなくなったことで、日本が停滞し、没落に向かっている。指示する立場にいる者たちもまた、指示されて動いて来たので、過去の古い方法論しか指示することができないのだ。それが日本没落の背景だと思える。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本人は考える力がない!①=サラリーマンロボットして育てられたって本当? [日本の教育]

IMG_0284.jpg

日本人は考える力がない!①
=サラリーマンロボットして育てられたって本当?


テレビで「内閣の支持率は46%」といえば、多くの人が

「何だかんだいっても安倍さん。やっぱ人気があるんだなあ〜」

と思う。「***が健康にいい」と情報番組がいえば、翌日にはその食品が売り切れる。与えられたことを素直に受け入れている。「本当に総理は人気あるのかあ?」と思うのは少数派。多くが健康食品を求めて翌日はスーパーに走る。疑うことを知らない。なぜか?

理由は学校教育。「考える」ことを教えないからだ。国語、数学、理科、社会。英語。僕の学生時代も、多くの科目は暗記が中心。与えられた方程式で数式を解く。10年勉強しても英会話ができない。これも覚えた文法で英訳することが中心だからだ。

つまり、命じられたことを疑わずに記憶し、与えられた方法論で確実に作業するという訓練が日本の教育なのである。それは優秀なサラリーマンを育成するもの。その能力が高い者を成績順に上から、国家公務員1種(キャリア)。大企業が採用して行く。与えられたことを確実にこなす歯車として、日本を経済大国に押しやるというのが目標だった。

それは成功して日本は経済大国になり得た。なのに、この20年不況から脱出できず、給料は上がらず、物は売れず、餓死する子供まで出てしまう。低賃金の長時間労働、アジアの国国にも経済的に抜かれ、日本は今や三流の後進国である。なぜ、優秀な人材を育てているのにダメになってしまったのか?

不景気になれば公共事業。時代遅れの大企業を国が支える。経済性でも安全性でも問題のある原発を推進する。過去のやり方を続けるばかりで、新しい政策を打ち出せていない。なぜか? 

「東大や京大を出ている人は頭いいし、いろいろ考えるはずだよ」

そう思うかもしれないが、答えは先に書いた通り。彼らは「与えられたことを確実にするしかできないから」だ。優秀なサラリーマン、官僚たちも「考える力」がない。数式や文法を与えてやらないと、自分でそれを考えることができないのだ。

子供の頃からそんな訓練だけを受けて育った人に、考える力。分かりやすくいうと「考え出す力」は備わっていない。育っていない。日本の教育は独創的なアイディアを考えたり、過去になかった方法論を生み出す教育ではない。

東大=頭いい。と思いがちだが「記憶力がいい」「与えられたことをこなす能力が高い」というだけ。つまり、上からの命令に従うだけで、自分で新しい方法論を考えたりできない。だから、バブル以降の新しい時代に対応できず、不況から脱することができないのである。このこと。もう少し考えよう。

(つづく)


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた」読書中! [読書]

60896927_2698867473520873_4802586371157917696_n.jpg


「知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた」

矢部宏治・著 =売国奴というに相応しい人物。

読書中。日米安保条約ー新旧共に内容は同じ。岸信介が結んだ条約、要は日本を植民地として差し出すというもの。そして国民にはアメリカの支配が終わり日本が独立した国であると勘違いさせるためのもの。
ま、CIAのエージェントとなることでA級戦犯から逃れ処刑されずに済んだ人なので、アメリカのために動くのは当然と言うべきか? そして、その孫を見るときにも同様のことを感じる。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画