So-net無料ブログ作成

れいわ新選組応援ー素敵なアイデアを紹介。山本太郎をアピールする見事な方法! [れいわ新選組応援]

67106840_2844847752256177_1749761743585804288_n.jpg

れいわ新選組応援ー素敵なアイデアを紹介。山本太郎をアピールする見事な方法!

れいわ新選組応援ー「あなたならどうする?」という記事を書いたら、多くが「れいわは**すべき」という問いとは違う答えがたくさん届いた。「あなたならどうする?」と聞いたのになぜ「れいわは....」になるのか!あとはすでに多くの人がすでに実践しているチラシ配り、動画を見せる等。日本という国で教育を受けるとそうなること。改めて感じた。しかし、こんな方もいる。れいわアピール作戦。こんなアイディアを頂いた。

「身近な人に伝えようとするとき、あえて最初から太郎さんの名前は出しません。テレビ番組などで例えば消費税を扱ってるとき、隣にいる人に意見を聞いてみる。そして、減税された法人税や所得税を元に戻して消費税なくそうとしてる国会議員もいるんだよ、と。その次には『このあいだの人のだよ』と太郎さんのチラシを渡す。地道に少しずつの方が確実だなと感じます。一人で何票も入れることができた気分を味わえます」

これは見事。例えば「太郎さんの演説に感動した。友達にYouTube見てと連絡」でも、多くはお騒がせのタレント議員と思っている。三原じゅん子と同類だと感じている。動画を積極的に見る人は少ない。チラシを渡しても読まない。

そこで、最初から太郎さんの名前を出さない。出せばそこで偏見や先入観が生まれる。しかし、多く人は消費税アップを願っていない。下がればいいと思うが、どうせ無理だよな。考えている。が、下げる方法があり、それを提案する議員がいると聞けば「え?」と思う。ただ、そこで最初に山本太郎の名前を出すと「あいつかー。できもしないことを言って〜」となる。から言わない。

数日それについて考えた後に「この人」とチラシを貰えば「えー山本太郎〜」と思うが「この間聞いた方法論なら可能だしなあ」と興味を持つ。自分で探して動画を見るかもしれない。実に見事な方法論だ。ここまでしなければならないほど、多くの人は「山本太郎」に偏見を持っている。なぜか?

マスコミが彼の派手な行動だけ切り取って報道。お手紙事件とか、総理に手を合わせるとか、そんなことしかテレビは報じないから「山本太郎」=「お騒がせ議員」という印象が広がっている。もちろん裏では彼の存在を嫌がる人たちが局にそうさせているのだが、そのネガティブ・キャンペーンに皆、ころっとダマされる。

そんな形でイメージ操作されている人に対してダイレクトに「山本太郎」と言ってもダメ。特に熱い支持者は「太郎」=「希望」と信じて、押し付けがち。その意味で今回頂いたアイディアは秀悦。ぜひ、皆さんも試してみて欲しい。



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

最近の用語解説 例えば「偏向報道」の意味は? 政治的発言の意味? [れいわ新選組応援]

67403654_2863988173675468_8974586331111882752_n.jpg

(最近の用語解説)

反日=政府を批判すること

偏向放送=政府を批判する放送

政治的発言=芸能人が政府を批判

ネトウヨ=政府防衛隊

自己責任=政府は責任ないよ!





57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

れいわ旋風は日本人が覚醒する機会。=「考えることをやめている」ことに気づけ。ダマされていることに気づこう! [れいわ新選組応援]

67071246_2837900172950935_7713585517849214976_n.jpg


れいわ旋風は日本人が覚醒する機会。
=「考えることをやめている」ことに気づけ。ダマされていることに気づこう!

「れいわ新選組」応援ーあなたならどうする? という記事を書いた。多くの人がアイディアをコメント欄に、あるいはメッセンジャーで送ってくれた。その中のグッド・アイディアは先日、紹介させてもらったが、多くがやはり自身ができることではなく、「れいわ」に対する提案ーこうすればアピールできますよ〜というものが多かった。

なぜ「あなたならどうする?」という問いに対して「れいわは***すればいいと思います」という答えになるのか? なぜ、自身ができることを考えないのか? 自身ができることのアイディアでも、「チラシを配る」とか「動画を見せる」というすでに行われているものばかり。

また、ボランティアがチラシを街頭演説で配っても、多くの人が受け取らないで通り過ぎる話。動画を見せるにも「山本太郎」というだけで「え〜」と言われることも多いことも書いた。にも関わらず「動画を見せる」とか「チラシを配る」という意見が多い。これは何なのか?

以前にも書いたが、「考える力」が弱いこと。「文章を読む力」も弱いこと。が挙げられる。その種のコメントをする人がアホだというのではない。多くの日本人が同じ。子供の頃からその種の教育を受けていないからだ。国語の時間は

「この小説は***のテーマで、この部分は***を意味します」

と教えられる。数学は

「これは**の数式を使って解いていきます」

どの教科でも方法論を教えられ、それを使って理解、解答する。独自の考えで答えを探し出すというものはない。そして規則規則で、言われたことを以外のことをやっても褒められない。むしろ注意される。バイトに行ってもマニュアル。考えて行動するのではなく、与えられたことだけをやる。それ以外はやってはいけない。

日本人は子供時代から10年もそんな環境にいたので、独自の発想がない。だから、実践されているチラシ配りや動画を見せるということしかあげられない。文章の読解力も低いので「あなたならどうする」と聞かれているのに「れいわは**をするといい!」とか提案になる。言われたこと以外をしないという環境で育ったので、他人に「***した方がいい」という提案やリクエストをしてしまう。地方に行くと大人たちがよくいうのは

「これは自治体がやるべき問題」「これは国が何とかするべき」

自分たちは動かず、そんなことばかり言っている。同じ背景。日本人は自分から動かず、与えられたことをするだけ。聞かれたことにも正確に答えられない考える力が低い国民に育て上げられたのだ。

NHKニュースを見る。「総理が野党の質問に即答える」

ーこれは編集されており、本当はしどろもどろなのに「さすが総理だ」と感じる。「集団的自衛権」について本当の意味が新聞に詳しく書かれていても理解できない。「まさか戦争なんてしないよ〜」と深く考えない。消費税値上げ。「福祉充実のため仕方ないよな」と簡単に騙される。本当は反対だけど「どうせ私たちには何もできない」と決めつけ、考えようともしない。反対もしない。

安倍支持、安倍にダマされている人たちも「れいわ」応援の人も同じ。与えられたことしかしない。読解力がない。自分ができることを考えない。あなたが悪いのではない。そんな教育とそんな環境の国で育ってきたからだ。その方が政府が国民を扱いやすいから、余計なことを考えないで、しっかり働くサラリーマンを大量生産してきたのだ。

そんな中「れいわ」旋風は大きな機会。あれこれ考えよう。自分ができることを考えよう。「れいわ」に提案するのではなく、自分たちができることを考えよう。そして世間の嘘を見破ろう。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画