So-net無料ブログ作成
映画感想 ブログトップ
前の10件 | -

映画「記者たち〜衝撃と畏怖の真実」素晴らしかった! [映画感想]

58372468_2623376824403272_4093870514815107072_n.jpg

「記者たち〜衝撃と畏怖の真実」素晴らしかった!

少し前に見た映画。公開館数が少なくて見るのが大変だったが、観てよかった。「スタンドバイミー」のロブライナー監督作。現代版の「大統領の陰謀」。昨年の「ペンタゴンペーパーズ」にも通じる。

ブッシュ大統領時代。911の黒幕はイラクであり、大量破壊兵器を所持しているということで戦争を吹っかけたアメリカ。当時、911でテロ憎しで正気を失っていた国民はそれに反対せず、ほとんどのマスコミもそれを支持した。

そんな中、弱小の新聞社ナイト・リッダーだけが、そのイラク攻撃に疑問を投げかけ、記事にするが.....という真実を元にした物語。編集長役を監督のロブ・ライナーが自ら演じているが、こんな台詞がある。

「私たちはNBCでも、CBSでも、 ABCでも、CNNでもない。ニューヨークタイムスでも、ワシントンポストでもない。我々はナイト・リッダーだ。誇りを持って真実を伝えよう!」

結局、イラク戦争では大量破壊兵器は見つからなかった。大手マスコミは当時の記事が間違いであったことを謝罪する(ここが偉い。日本のマスコミは謝罪ししない。あるいは目につかない小さな訂正記事を出すだけ)ナイト・リッダーは正しかったのだ。これ今の日本のマスコミが絶対に見るべき作品。映画もナイト・リッダー紙も素晴らしい。



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「運び屋」イーストウッド最新作。またまた名作。心に染みる感動。 [映画感想]

IMG_0657.jpeg

「運び屋」イーストウッド最新作。またまた名作。心に染みる感動。

 クリントイーストウッド監督作品。最新作。

 またまた名作。今回は見終わって落ち込まない、心に染みる感動作。

 この映画で興味深いのは、イーストウッドが頑固だが、ひ弱いジジイに見えることだ。

 そこに見えない演出がある。

 イーストウッドは身長192センチ。誰かと並ぶだけで大きく見え、強そうに見える。

 だからこそ「ダーティハリー」だった。

 が、今回の作品では強そうに見えては行けない。運び屋のジジイだ。

 若いギャングたちに簡単にのされてしまう感じが大事。だからこそハラハラする。

 そこでキャスティングで奮闘。背の高い俳優をたくさん使っている。

 そして女性にはヒールを履かせる。娘役の俳優もイーストウッドと並ぶと背が同じ。

 これは黒澤映画の逆なのだ。

 「用心棒」「隠し砦の三悪人」など、強い三船を演出する時に黒澤は周りに小柄な俳優を配した。

 「用心棒」で常にそばにいるのは東野英治郎(黄門様)

 「隠し砦」では藤原鎌足。上原美佐。(千秋実は大きい)

 そのことで三船が強そうに見える。「運び屋」では逆に周り背の高い、大きな俳優を配する。

 そのことでイーストウッドが強そうに見えない。

 190センチ台の俳優はやたらいないかもしれないので、

 シークレットブーツやヒールで対応したはず。

 そのことでイーストウッドが強そうに見えない。頑固なジジイに見える。

 意外に気づかないが、その演出がドラマ感を守っている。



asahi _edited-1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

マイケル・ムーア「世界侵略のススメ」は大感動=今、日本人が見るべき映画。なぜ、あの国のような素敵な社会が作れないのか? [映画感想]

51346013_2433398573401099_4904801352942616576_n.jpg


マイケル・ムーア「世界侵略のススメ」は大感動=今、日本人が見るべき映画。なぜ、あの国のような素敵な社会が作れないのか?

最新作の「華氏119」は詳しく感想を書いたが、トランプ大統領批判と言いながら、実は水道問題を追及する作品。看板に偽りあり。しかし、前作の「世界侵略のススメ」は素晴らしかった。

映画館で見ようとしていて、宣伝キャンペーン中だったので見れず。それがAmazonプライムに早くも登場。早々に見てみた。今回はこんな話。アメリカは何だかんだ理由をつけて他国を侵略する国。湾岸戦争も、イラク戦争も同じ。それをムーア監督が皮肉り「だったら次はどこを侵略するか?」と自身がアメリカ軍の代わりに、他国に乗り込むという設定。しかし、行く先々では驚きの連続。

「アメリカではこんな制度はないぜよ〜」

という社会制度と出会い、それを戦利品として持ち帰るという趣向。なかなか上手い。要は他の国はこんなに素晴らしい社会システムが確立しているのに、アメリカはなぜそれができない?ということを暴露して行く作品なのだ。

フランスの子供達の健康と栄養を考えた学校給食。イタリアの2ヶ月にも渡る有給休暇。無償の学校教育。無償の医療制度を持つ国々。チェジニアの刑務所エピソードでは刑務官たちが歌う「ウイ・アー・ザ・ワールド」は涙が溢れる。これは見ないと分からない。そんな場面が3回。ムーア監督の映画はドキュメンタリーなのに毎回、泣かされる。

世界にはこんな素晴らしい制度があるのに、なぜアメリカ人は低賃金で長時間働かされ、差別があり、貧富の差があるのか? そのことを見事に比較して、証明して行く。「ボーリング・フォー・コロンバイン」で銃問題に切り込んだのと同じ手法。この映画を見たアメリカ人はシンプルに分かるはず。

「俺たちは搾取され、利用されている。金持ちと国にこき使われている!」

それをムーア監督は伝えたかったのだ。しかし、この映画には日本は登場しない。なぜなら、日本の社会制度はアメリカと同じ。いや、それ以下だから。アメリカと同じように国と金持ちに国民がこき使われ、搾取されている国だからだ。その意味でこの映画を見れば日本人も驚愕するだろう。

「なぜ、そんな長期休暇が取れるの?」 

「なぜ、そんな裕福な生活ができるの?」 

「俺たち日本人はこんなにも長時間働いているのに、なぜ!?」

その答えはムーア監督が言う通り。日本はアメリカの後追いをしているからだ。大国になっても大きくなるのは企業と金持ちばかり。国はそれら人たちをより肥え太らせるためにしか努力しない。

しかし、不況が20年も続く日本。今の若い世代の多くは、これが当たり前と思っている。ぜひ、そんな人たちにこの映画を見て欲しい。ヨーロッパの国々では、決められた労働時間で、幸せな生活を送り、医療や教育でも国民は大きな恩恵を受けている。

なぜ、日本ではそれをできないのか? なぜ、働き続けなければならないのか? どれだけ日本人は酷い状況にいるのか? それを実感することができるはず。日本人、必見の作品。


46802634_259898338021033_2878665649339498496_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

マイケル・ムーアの新作「華氏119」何かヘン?どうしたんだろう [映画感想]

45491570_2263081857099439_1639910215459536896_o.jpg

マイケル・ムーアの新作「華氏119」何かヘン?どうしたんだろう

「ボーリング・フォー・コロンバイン」以来、どの作品も素晴らしい。社会問題を分かりやすく解説、批判、ラストは感動さえ覚える。そんなドキュメンタリーがあるとは思わなかった。「華氏911」ではブッシュ大統領を敵にまわしす作品。そのムーア監督が今回はトランプ批判の映画を作った。

が、引っかかる。トランプ大統領は非常に評判が悪い。ただ、彼を支持する人たちの声に「え?」というものもある。実はムーアと同じように、アメリカの恥部を描き続けるオリバー・ストーン監督はトランプを支持している。なぜだろう?

また、これまでのムーア作品は多くの人が気付かない、少なくても日本人が知らなかった事件や問題を取り上げ、鋭く斬り込むことが多かった。が、すでに多くのマスコミが彼を批判している。それを今さら批判することの意味とは、何か決定的な事実を掴んだのか? いくつも気になる点がありながら映画を観た。

お馴染みのスタイルで映画は始まり、ヒラリーではなく、トランプが大統領になったことを当選発表の日の映像を使い見せて行く。が、すぐに話題はトランプ以外に進む。フリント市の水道問題だ。「トランプも同じことをしている」と展開すると思いきや、延々と水道問題。確かに酷い話。福島と同じ構図。鉛が入った水道水を飲んで、多くが病気になっているのに、市政は「基準値には達していません」と対応を拒む。

だが、その話題はいつまで経ってもトランプに結び着かない。やっとトランプ登場。その町の水道局に遊説中のトランプが訪れたことを紹介。でも、それだけ。話はその後、銃乱射事件に進み、生徒たちが反対運動を起こす話を紹介する。「ボーリング・フォー・コロンバイン」を彷彿とする。

その後、ようやくトランプの話題になるが、先の2つの話とは繋がらない。ヒットラーがいかにしてトップに立ったか?をトランプの言動に重ねて見せて行く。が、これはトランプの問題を描いたものではなく、危険なトランプに権力を持たせてはいけないという表現。でも、なぜ、トランプが危険なのか?が描かれていない。

途中で「トランプは人種差別主義者だ」というよく言われることは描かれる。彼を会場で批判した女性たちが係員に連れ出される映像を紹介。数々の問題発言も見せる。が、それだけだ。移民の親子を別々に収容した。親子を引き離した。酷い。という話も紹介されるが、それはトランプ以前から行なわれていたことで、その後解消されたというニュースを聞いている。

とすると、この映画で描かれたトランプの悪業は、差別主義者であること。問題発言をしたということだけ。おまけに水道問題の方が圧倒的に長く描かれている。銃乱射事件もトランプとは直接関係ない。なんじゃこれは? 今までのムーア作品とかなり違う。

ドキュメンタリーでも、ドラマでもそうだが、映像というのは演出次第で、取材対象を悪くも、良くも描くことができる。その一番安易な方法は誰もが「悪人!」と思う過去の人物を重ねることだ。よく使われるのがヒットラー。ムーア監督はその手法を今回の作品で使い、

「トランプは差別主義者だ。だから、ユダヤ人を虐殺したヒットラーと同じようなことをするだろう。危険だ!」

と警告する。が、過去の作品のように、細かな行為に切り込み、その被害を描いてはいない。つまり「危険だと思うよ。ヒットラーになるかも?」という予想でしかない。

思い出すことがある。検察が小沢一郎の事務所を捜査。有罪に持ち込もうとしたのに結局何ら問題は発見されず、無罪になった。イメージとして悪徳政治家だと思う人が多いが、実際は問題なかった。特捜部が何ヶ月もかけて調べて証拠がでないということは何もなかったということだ。「ロス疑惑」の三浦一義もあれだけマスコミに「怪しい」とバッシングされながら、結局、無罪。

怪しい=悪人と攻撃するのはアウト。イメージだけで決めてはダメ。同じようにトランプが大統領になり、2年も経つ。その間に彼が行なった悪業をムーア監督は批判すべき。それが描かれていないというのは、何ら発見できなかったということ? 

だから、直接関係のない水道問題と銃乱射問題を延々と描いた? あるいは、その2つこそがムーア監督が本当に描きたかったことで、そのネタだけで弱いので、今回はトランプ批判という看板を着けた?何だかそんな感じさえする。もし、トランプを批判するなら

「ヒラリーが大統領になっていれば...アメリカはこうなった」

という展開もありだ。「ボーリング...」でも銃社会アメリカと、お隣の銃のない社会カナダを比較したように。だがヒラリーの話は冒頭しか出て来ない。そしてヒラリーを描くと、もっとどす黒い事実が出てくることも予想できる。

ただ、おもしろいのはオバマ批判は出てくる。平和主義者のイメージ。良識ある人気の大統領と思われがちだが、そうではない!とムーア監督は斬り込む。先の水道問題。その町にオバマがやってきてスピーチをするが、その問題を隠蔽しようとする市長を庇い、問題を矮小化するような発言。彼に期待した市民は大いに失望する。

また、オバマは記録的な空爆を許可しており、多くの犠牲者が出ている。さらに、これまた記録的な数の移民を追い返している。これらの事実は説得力あり、オバマの正体を暴くものだ。トランプに対しても問題発言があるとかではなく、こんな酷いことをやっている!という事実を暴けばいいのに、それがない。だから、ヒットラーと重ねることしかできないのだろう。

あと、ヒラリー問題も少しあった。本来、全米で勝ち抜いたのはバーニー・サンダースだったのに、それをすり替えヒラリーが勝利したことになったという指摘もある。が、深く追及せずに別の話題に行く。そしてトランプが不正選挙をしたという指摘はない。「なぜ彼が大統領に成りえたか?」についても追及せず、「そこに不正がなかったのか?」も触れない。ということは不正選挙はなく、正式に国民が選んだということだ。

では、なんでこんな映画を作ったのか? トランプの政敵から金をもらった? でも大した違反材料が見つからずこうなった? 或は先に上げたように本当にやりたかったのは水道問題? いずれにしても、これまでの彼の作品とは違い。納得も、驚きも、感動もなかった。

確かにトランプは問題発言が多い。見かけも悪の大ボス風。口も悪い。そもそもビフ(?)のモデルだし。イメージはとても悪い。が、それだけで悪人 ! と決めつけることはできない。ムーア監督であれば、その先に斬り込むべきなのに、描いていることは、ネガティブキャンペーンと同様のものばかり。なぜ、トランプは北朝鮮を攻撃しなかったか?も描かれていない。

そこが一番のポイント。ブッシュのようにありもしない大量破壊兵器があるといちゃもんつけて戦争すればいいのに、していない。でも、そこにトランプの目的があると思え、それを追及すると、映画が成立しないからだと思える。まだまだ、真実は分からないが、トランプの動向は注目したい。



asahi _edited-1.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

「クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜」は大人が見るべき涙の感動作。隠しテーマは「食品問題」と「戦争」 [映画感想]

IMG_0171.jpg


映画ファンなら知っている映画版「クレヨンしんちゃん」は名作の宝庫であること。涙と感動で、子供を連れて行ったお父さんが泣いてしまうという作品もある。今回もそれ! このタイトル。ポスターからは絶対に想像つかないが、クライマックスは涙と感動。

このシリーズ「大人帝国の逆襲」もそうだし、原発問題を扱った「サボテン大襲撃」もそうだし、大人の社会派ドラマでさえテーマにできない現代の問題を描いている。今回もテレビドラマや大手映画会社が作る実写映画では絶対にできないテーマ。

そして、クライマックスはまさかの号泣。隣に座っていた父子。お父さんの方が泣いてしまい、子供が不思議そうな顔。でも、そうなんだ。それが「クレヨンしんちゃん」の映画版。この映画を見たある女性がいった。

「もしかしたら、そんなお父さん、お母さんに向けて、この映画は大切なことを伝えようとしてるんじゃないかな?」

その通りだと思う。ネタバレになるのでオチは言えないが、今回は「食品問題」と「戦争」を題材にしている。子供たちは笑って笑って、ハラハラして映画を観られて、大人たちは最後に号泣。ぜひ、お子さんを連れて観に行ってほしい。

ちなみに「サボテン大襲撃」篇の解説はこちらで書いている。これはDVDで観れる=>http://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2016-04-02-5



401179_449998621741114_814264620_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「ペンタゴンペーパーズ」日本人必見!日本のマスコミ必見の映画! [映画感想]

IMG_9906.jpg

タイムリーというにはあまりにも今の日本だ。スピルバーグの新作。ワシントン・ポスト紙と政府=ニクソン大統領との攻防を描いた実話。政府が隠す秘密情報を暴露しようとする新聞社。

それを圧力で押さえつけ、社を潰そうとするニクソン。真実の報道か? 社の生き残りか? 果たして.....。まるで、朝日新聞と安倍政権の生き写し。1960年台に実際に怒った事件を映画化している。

圧力に屈して大本営発表を続ける日本のマスコミ。その情報を信じて疑わない多くの日本人は必見の作品。スピルバーグが日本にエールを送るために作ったかのような映画。ぜひ、観てほしい。



29433152_1862957930445169_520845414061047808_n.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

「メアリと魔女の花」感動した。でも、裏テーマは「原子力問題」!? [映画感想]

20017582_1545541785520120_8688836951210773471_o.jpg

ジブリ?と思いつつ見た。前半は少々、心配だった。クロネコ、魔法のほうき、魔女となると、どうしても「宅急便」がダブってしまう。おまけに魔法学校だと「ハリーポッター」が交差した。

しかし、この映画の神髄はそこではなかった。後半のおばさんとの対話(鏡のあれ)は訳もなく涙が零れる。動物の脱走は心が踊る。その後の展開。ここにメッセージがある。

(ここからネタバレ。これから映画を見る方はあとで読んでね!)

クライマックス。本来なら主人公は魔法を取り戻し、大いなる力で彼らを倒すのが王道だろう。「ハリーポッター」のような魔法合戦だ。だが、メアリーはそうではなく、魔法を拒否することを貫く。なぜか? その答えはピーターを実験台にした研究室で分かる。暴走するパワー。それを止められないドクター。こう呟く。

「これは想定内だ」

どこかで聞いた言葉。そう、この映画で描く「魔法」とは「原子力」を意味するのだ。本来、心優しかったドクターやマダムがなぜ、あんなふうになったか? それは原子力が金を生むことを知り、危険を隠して推進した原子力ムラの学者たちをダブらせているのだ。そうやって、魔法は多くの動物や子供たちを犠牲にした。つまり放射能である。

そしてピーターの実験はメルトダウンする。暴走するパワーはドクターたちをも飲み込み犠牲にする。「魔法は制御できない」=「原子力は制御できない」そして動物や子供。自然を犠牲にする。止めないといけない。だから、メアリーは魔法=原子力を拒否して戦った。そこに作者の、物語のメッセージが込められている。

通常の物語なら最後に残った花を使って戦うはずなのに、それを捨ててしまうメアリー。そう、この映画は原発に魅入られて狂った学者たちと、その犠牲になった子供たちの物語。そして、もう原子力研究は止めようというストーリーだと思える。さらに、微笑ましいのは、この映画のスポンサーであるテレビ局こそ、原発推進の権化。そこでこの物語を作ってしまったことだ。

かつて、宮崎駿も同じことをしている。「風立ちぬ」で主人公に自分の悲しみを重ねた。その精神は「メアリー」の監督に引き継がれ、より強いメッセージを発信している。ぜひ、多くの人に見て頂きたい。


「風立ちぬ」解説はこちらで=>http://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2015-02-21




C1cohiNUQAADk8M.jpg
nice!(4)  コメント(0) 

「スノーデン」やっと観る事ができた。 [映画感想]

C4MFLKxUEAA3WA5.jpg

「スノーデン」やっと観る事ができた。

東京・有楽町のみゆき座。土日に2回行ったが、満員で入れず。平日に行きようやく!

それでも午後4時の回で、8割の入り。

なのに地方では惨敗との話を聞く。

これは平和ボケの日本人が観るべき映画。

オリバーストーン監督。本当に凄い!


E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

昨年度−2016年映画ベストテン [映画感想]

FullSizeRender-2.jpg

 昨年ー2016年映画ベストテン(順不同)


 ●この世界の片隅で

 ●君の名は

 ●聲の形

 ●ローグワン

 ●ハドソン川の奇跡

 ●無伴奏

 ●シン・ゴジラ

 ●太陽の蓋

 ●バットマンVSスーパーマン

 ●ブリッジ・オブ・スパイ


 

E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「スターウォーズ ローグワン」感想ーファンなら最後に泣ける! [映画感想]

15591313_1260592254015076_7078427458204562386_o.jpg

「スターウォーズ ローグワン」観た。

前半は「これはスターウォーズじゃないなあ...」という感じの単なる戦争映画 。

だが、クライマックスになると世界観が戻って来て

「エピソード4」から観ている世代はあの場面で涙!

ダースベーダー。モフターキン総督。

そしてあの人。

出て来るだけで感激。





E69C9DE697A5E383BCE383ACE383B3E382BFE383ABE4B8AD.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - 映画感想 ブログトップ